自身に委ねてみる

おはようございます。
4月18日(水)、雨やんだかな。
a0124276_08095280.jpg

a0124276_08095459.jpg

a0124276_08095666.jpg

雨の前後に調子が悪いというときに【内関】という経穴刺激すると、和らぐ人がいますね。
気圧の変動に合わせて爪楊枝の柄の先で刺激するのもありですよ。

さて、ヒモトレWS in 福岡の午前の部をカヤさんがまとめてくださいました。
症例①の女性の話です。

横にいたちっちゃいアシスタントもこんな顔してたんですね。
a0124276_08095742.jpg

構造上のバランスを掴めると、ある程度の症状が緩和するというか消えるというか薄くなるのは、つじ鍼灸院にお越しいただいている方には当たり前の話ですね。
この女性もその流れになった瞬間でした。
あとは、そのバランスをヒモトレなしでも掴めれば、もっと可能性は広がりますからね。

昨日もそうだったんですが、構造で手術したことがあるとそこに集中してしまい、動作や感受の起点となってしまう。
施術で大切なことなんですが、手術したことよりも手術痕の癒着へのアプローチはしても、中の手術内容には触れることができない。
となると、二次的な原因をいかに回避するか、そこへの集中をなくすことができるか。

どんなに頑張っても痕が視界に入ると意識してしまいますけど、そこはほら「よう頑張ってくれてるな」って労ってやってください。
「けどもうそんなに頑張らんでええよ、他に任せて」と。

自分自身の身に委ねる、任せる

これが施術や運動、脱ゴム、ヒモトレ、武術、武道にはありますね。
頭で考えて動くのではなく、カラダに任せて動く。
こどもはそうですよね、全身を大人にポンと預けてくる。
大人になると何でそんなことができなくなるんでしょうね。
というのを考えてると、他者の前に自身に委ねることが先なんじゃないかな?と思うわけで…
ま、想像ですけどね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-04-18 07:33

こちょこちょとヒモトレ

おはようございます。
4月17日(火)、雨予報になってますね。
用事をさっさと済ませてこよ。
a0124276_08221912.jpg

a0124276_08222238.jpg

a0124276_08222471.jpg

さて、先日のヒモトレWSを主催してくださったカヤさんが少しまとめてくださいました。
カヤさんのブログ

「本当の始まりは資格を取ってから」
という、先人の言葉を思い出しました。
師匠にも患者さんにも専門学生の時、国家試験前にも、合格したあとにも云われたんですよね。
実感はなかったんですが、ジワジワと、時間が経つとともに実感を伴ってます。
何かを始めるにはエネルギーがいるかもしれませんが、それでは始めたことに満足して次に繋がらない。
そう、続かないってやつです。
「しなくてはならない」ではダメなんですよ。
「気づいたらやってた、やってる」ぐらいがええ塩梅。
受動的にではなく能動的に、って云われるんはそのあたりなのかもしれません。

a0124276_08222595.jpg

WSでのヒトコマ。
埼玉の浜島先生が息子さんで試された動画が印象に残っている、こちょこちょ。
脇腹をこちょこちょするときにお腹あたりにヒモトレするとこちょこちょの反応が和らぐんです。
ここんところアシスタントに連続でやってもらってるんで慣れやがってね、脇腹ではヒモトレなしでも反応しないんで、わざわざ脇にして参加者の方に観ていただきました。
脇腹の時よりお腹の上の方に巻いて和らぎます。
で、参加者の男性にもこちょこちょヒモトレを体感していただきましが、不思議に感じてもらえました。

「え?なんで?」

これがヒモトレの醍醐味。
少しだけ、こんな視点で考えると…というのを私見ではありますが、以前にヒモトレ草案者である小関さんのお言葉「緊張の過緊張」と「弛緩の過緊張」の言葉を自律神経に置き換えてお話しさせていただきました。

ヒモトレもバランスボードも構造から整っていく切っ掛け。
整ったら外していいんです。
実際、ちっちゃいアシスタントはヒモ外したあともしばらくこちょこちょが効きませんので、わざと「こちょこちょして」と言ってくる。
苦手なことが苦手じゃなくなるって、こどもにとっては、大人にとっても、革命並みに凄いことですからね。
物は試し、こちょこちょヒモトレしてみてください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-04-17 07:43

ヒモトレWS in 福岡終わっちゃった

おはようございます。
4月16日(月)、ちょい寒いのは昨日、一昨日の雨のお陰かな。
a0124276_08325541.jpg

a0124276_08325628.jpg

a0124276_08325835.jpg

服で調整できる範囲も限られてきますね。
ってときは、軽く歩けばいいんですけど…歩きませんか、少し。

さて、昨年の12月2日開催された関西ヒモトレ特別講座が切っ掛けでご縁をいただき繋がった昨日のヒモトレワークショップ in 福岡!
盛会にて終了となりました。
a0124276_08325927.jpg

1部が1時間、2部が2時間、合計3時間。
本を読んでもわかりにくい「ゆるさ」「巻き方」「タイミング」を伝えられたと思います。

初心者の方からすでに巻いてみた方、仕事や現場で活用している方、様々な方が20名。
症状も様々ですが、カラダはそれぞれ身ひとつ。
巻き方を覚えるのではなく、巻く前後のカラダを知る。
それが本来のカラダなのかどうかを問い直す。

昨日のワークショップで目立った2症例


70代女性が誰かを支えにしてしか立ち上がれなかったんですが、午前のワークショップ中に立ち上がれるようになられました。
「若くなった」というお声がありましたが、それが本来のカラダなだけですよ、とお伝えしました。
見方を変えれば「若くなった」になるんでしょうけど、私の中では「年相応」です。
だって、ヒモ巻いてなくても立てちゃってるんやもん。


数年前に捻挫をしてから正座で痛みが出るとおっしゃってた男性。
バランスを観たら斜め掛けのタスキだけの方が可能性があると感じて巻いてみたら、ほぼ痛みが出なくなりましたので追加で正座のヒモトレ。
完璧…というのは正座がやっとできただけですからね。
かばって正座を崩していたがための痛み。
ということは、かばう必要が実はなかった可能性が大きいですね、という話です。
ヒモトレで痛みが消えたのではなく、正座が出来るようになった途中の話です。


症例①の女性ですが、午前中は基本的なヒモの扱いや巻いて過ごすヒモトレ、ヒモに委ねて動くヒモトレ、3~4種お伝えしたなかで、草鞋巻きと足指バージョンを巻いてもらったあと特に立ち上がっちゃったんですよね。
そのまま、ヒモに任せて動いてもらってたら外しても立てちゃう。
なんや感や過ごしておるとまた立ちにくくなる。
ヒモトレをして動いていると何だかんだ立てる。

この方が仰ってたのが「ヒモをずっと巻いてないとダメだと思っていた」とのこと。
それもひとつなんですが、塩梅がよくなったら外す、という選択肢に気づいてもらえたようで、これなら続けられるとのことでした。

どうしてもヒモトレだけじゃなくてなんでもそうなんですが「し続ける」ことを背負ってしまい、逆にしんどくなることがあります。
ヒモトレは巻く以前にそもそものカラダとの再会があるので、巻いて再会したら外していいんです。
カラダとの距離が離れたらまたちょっと巻いてみる、また外す。
その繰り返しをしていくと、途中で「こう巻かなきゃ」というのが出てきちゃうので、そういうときは別のところに巻く。
タスキを巻いてたらクロスの位置を前後にしたり前だけにしてみたり、Yバックもありですし、草鞋巻きにしてみるのもいいですよ。
程好い距離感を大切にしていただければと思います。

主催してくださったカヤさん、場と美味しい料理をご用意いただいたわらじやの女将、受付をしてくださったお姉さん方、そして参加してくださった皆さん、ご一緒できたこと心より御礼申し上げます。
また、やりましょう!

最後になりましたが、小関先生、中西先生、双鳳先生、素敵なメッセージをいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
a0124276_08340232.jpg

あ、ちっちゃいアシスタントもごくろうさんでした。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-04-16 07:37

いよいよ福岡

おはようございます。
4月15日(日)、雨はまだちょっと降ってます。
a0124276_05163641.jpg

a0124276_05163850.jpg

a0124276_05164098.jpg

予想より荷物がかさばってしまいましたが、ちっちゃいアシスタントが同行してくれるんで、多少の荷物は持ってもらおうと思ってます。
どんな雰囲気で、どんな出逢いがあるんでしょう。
ワクワク期待が半分、ドキドキ不安が半分。
いつも通りのライブ感を楽しんでこようと思います。
どうなるやら。

あ、ここ数日、ちょっと強めの地震が続いています。
警戒をするといっても地震がいつ起こるかはわかりませんが、念のため、避難袋の確認はしておいた方が良さそうです。
季節柄、気分的にも落ち着きにくいと思いますので、ここらで深呼吸して少しだけ身の回りの整理をしておいてはいかがでしょうか。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-04-15 05:07

自律神経はおもろいなぁ

おはようございます。
4月14日(土)、午後から雨予報になってるから明日の福岡は…と調べたら、今日1日は雨のようで。
でも明日はやむとのこと。
道中、景色が見えると助かります。
ちっちゃいアシスタントが同行するんでね。
a0124276_08081683.jpg

a0124276_08081852.jpg

a0124276_08081963.jpg

いよいよ明日は福岡でヒモトレワークショップです。
申込みは締め切られたので、次の機会をお待ちいただければと思います。
次の誰かに繋がるように、楽しんできます!
参加される皆さん、一緒に楽しみましょう。

さて、これ覚えてます?
a0124276_08082149.jpg

自律神経から観たカラダの状態を伝えるツールとして作ったやつ。
これをバージョンアップさせようかなと、昨日は頭ん中を整理してみたんですが、パソコンの前に座ったらどこに保存したのかわからん…
またイチから作ればいいかな。

赤が交感神経、青が副交感神経。
ざっくりなんですが、どっちかだけが優位になるとこんな状態ですよ、ボーダーを越えるような入力を施術や運動、睡眠で賦活したり整えたりしましょう、というもの。

昨日も肌がカッチカチになってしまった方が施術後に本来の肌の弾力、柔らかさに近づきました。
これはあえていうなら交感神経優位で緊張からくる力が抜けにくい状態が続いて、ついに肌まで緊張が定着してしまった状態。

この肌の緊張って、乳幼児にも出ますよ。
恐怖を感じたり怒られたあとで、あのモチモチ肌が硬くなる。
肌に触れることでも体調がわかるので、親もバランスが取れるんですよ。

年度替わりで緊張が続き、ゴールデンウィークで一気に緊張を抜いてしまうと、肌の状態が追い付かずアンバランスとなって仕事や学校に行けない…ということが起こるっていう考え方もできるわけです。
なので、肌も整えるように施術や運動という入力をしておくと、休み明けもそこそこの体調で仕事や学校に行けるかと。

うちの場合は、Renさんをこちょばしてリセットしてます。
幼児にはこれが一番効果的。
大人でも有効なんですけど、シバかれそうでしょ?
コチョコチョって簡単にできるリセット運動なんですけどね、しばかれるのは嫌ですしほどほどに。

私みたいに、学校に行かないことよりも親の恐怖が突き抜けるほどあると、学校に行くことなんか屁でもないってなりますけど、それはそれでガス抜きが必要になりますから反抗期として家族一緒の行動から一人の時間を優先するようになります。
ささやかな抵抗ですわ。

自律神経の話からこんな内容が出てくるってのが、おもろいですよね。
いろんな話ができちゃう自律神経。
呼吸も運動となったら交感神経と副交感神経のバランスがいい塩梅になりますよ。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-04-14 07:34

本のプレゼント

おはようございます。
4月13日(金)、ジェイソン来るんかな?
a0124276_08073471.jpg

a0124276_08073648.jpg

a0124276_08073775.jpg

何がどうやったらこうなるんか…他者ではなく自身に解はある。
解らしきモノは他者にあるかもしれないが、それは「らしき」であって解ではない。
解を誤魔化すことはできるが、誤魔化していると人としても疑われていく。
自身を誤魔化すということは、他者に対しても誤魔化すようになる。
国会の出来事を見聞きしていると、こんなことを考えてしまう。

さて、実は先日魅力たっぷりの本をいただきました。
a0124276_08073936.jpg

【ふたりっ子バンザイ】石亀泰郎写真集

くださった方がね、「夏葉社の、この本をプレゼントしたかったんです」と私に。
板橋で開催されたタラブックス展に行かれたらしくて、その情報が私のTwitterかブログだったようでそのお礼もあって、と。
手に取った瞬間の手触りでその理由がわかりました。
タラブックスの本のような手触り、そしてカバーを外したときの装丁がドストライクでした。

中身はもちろん、50年前の石亀氏の年子のこどもの写真ですが、思わず頬がゆるむものばかり。
時代が進んでも、こどもはこども。
こんな素敵な本をいただき心より御礼申し上げます。
待ち合いの本棚に並べてありますので、是非一度、手に取っていただければと思います。
(夏葉社の名を聞いたことがありましたが、他の本も見てみよ)

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-04-13 07:33

共有って自身も深まる

おはようございます。
4月12日(木)、昨夜の雨はバケツ引っくり返したような雨音。
そして今日は夏日になるとの予報。
a0124276_08165863.jpg

a0124276_08170043.jpg

a0124276_08170259.jpg

ちょっと蒸しそうですね。
屋内と屋外の差でしんどくならんように、室温設定を低くしすぎませんように。
これからの時季に貼るカイロをうまく使えると快適ですが、貼ったまま外に出ると確実に逆上せるのでお気をつけくださいね。

さて、次回のヒモトレ・ワークショップなんですが有り難いことに残席2となりました。
しかも、初めての方も来られるとのこと。
a0124276_08170390.jpg

狭いようでちょうどいい空間の多目的スペース「ここだけ」は、椅子、テーブル、鏡、ヨガマット、パーテーションがあって空間を作りやすい。
といっても最終的には参加される方で醸成されていく。
a0124276_08170419.jpg

誰かの疑問や質問は、他の誰かの疑問や質問として共有され、さらに深くなっていくのがワークショップなんですよね。
勉強会や講座でも起こるんですが、なぜかワークショップやカンファレンスの方が盛り上がる。
不思議なんですよ、これ。
勉強会、講習会って、質問の共有が少なくて、質問者と回答者、1対1で完結してしまう。
講師の方によってはその質問を次の機会に参加者の前で話してくださいますが、1対1で質問する人の特徴は終わってからなんですよ。
だから急いでいる人は帰っちゃう。
もったいないですよ、ほんと。

師匠の弟子として様々な勉強会や講習会に参加させてもらいましたが、一番学びが多いのは前後の食事や飲み会。
こぼれ話が聞けるってのと、前夜なら予習、打ち上げなら復習ができちゃう。
会社員の呑み会を知らぬままここまで来ましたが、食べたり飲んだりするという生命活動の場の共有は、すんごい大切な気がします。
何がってのはわかんないですけど…

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
つじが講師のあれこれお知らせ

【4月15日(日)ヒモトレ・ワークショップ in 福岡】
ヒモトレって何?から始まる午前中。
ヒモトレってこんな使い方がありますよ、そしてその可能性を感じる午後。
初めての方も、すでに巻いておられる方も、一緒に楽しみましょう!
お昼ご飯に絶品トロロ汁も食べられるので、身体の中も外も整えましょう。
残席

【5月13日(日)ヒモトレ・ワークショップ@ヒモ魔神】
京都で月1開催の少人数ワークショップ。
初めての方もすでに巻いている方も、最初が大切。
残席

【5月27日施術の勉強会】

_________________
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-04-12 07:26