<   2018年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

身体の可能性に魅せられました

おはようございます。
7月31日(火)、風涼しく陽は暑い…まさに夏。
夏休みは涼しい時間に勉強しろ!といわれていましたが、今なら涼しい時間に外で遊んで暑い時間は空調つけて部屋で勉強、ですね。
時代や状況に応じて対応すべきは大人の方です。
こどもは自由気ままに好き勝手流れている方が楽しそうやし創造的。
a0124276_08313485.jpg

a0124276_08313533.jpg

a0124276_08313767.jpg

さて、昨日は武田双鳳先生の書法道場@京都でショヒモトレ」してきました。
お待ちかねの【鏨】シャツを特別にポロシャツで作っていただいたのを受け取ったので、早速着替えて講師を。
a0124276_08313899.jpg

元々、書は石を彫ることで遺されてきたということもあり、書法では半紙という薄い紙1枚という表面に書くのではなく、石に記すように奥へ、立体的に書くそうです。
石を彫る道具【鏨】は書法においてとても大切な要素。

実は体を診るとき、同じなんですよ。
平面で見るな、立体で観ろ!と師匠によく云われました。

施術はね、体の前面を診ながら同時に背面を観るんです。
そして鍼や指圧などは平面的にアプローチすると組織破壊が無駄に起こってしまい、症状を回復する体力が施術による破壊に割合を多く取られてしまう。
分かりやすく云うと…揉み返しってやつです。
施術は破壊行為ということを無視している人の説明の多くは「好転反応」と云うでしょう。
が、本当の好転反応はそうじゃないですからね。
都合のいい言い訳に使わないでほしいもんです。

話が逸れちゃいましたね。

半紙に立体に書くために、筆のバネ感が必要。
そしてそれは体のバネ感があると筆の運びにもバネ感が出やすい。
双鳳先生の書法道場では「蹲踞」を取り入れておられます。
それは体のバネ感を賦活し、筆のバネ感に繋がっていく。

体が「ある」と書法指導なくとも変化します。
ということは、「ある」状態で双鳳先生の書法指導が入るんですから、もう別人のような書が書けちゃう。

昨日はね、エプロンをつけるように巻くヒモトレを参加者全員に巻いてもらって書いてもらったんですが、双鳳先生と驚いたのは書いている雰囲気が丸くなったんです。
丸くなった…というのは語彙がなく稚拙な表現で歯痒いんですが、あれはもう驚きの変化なんです。
言い表す言葉を持っていない私が悪いんですが、あれはほんとにショヒモトレで何度も出会った中で最高でした。

先日、高橋佳三先生の講習で【農夫歩】というのを教わったときに、これは書法にも繋がる!と感じたのでやってみました。
a0124276_08313969.jpg

素人が覚えたててやっているので、これが完成形ではないです。
ですが、これが出来ると筆運びにも繋がっていきます。
(指2本で支えあうんですが、ご存知の方にはこの体格差で!となるでしょうね。双鳳先生曰く「岩みたい」だったそうです)
ちなみにヒモトレをすると太ももの前の頑張りが薄まり、体全体を観察しやすくなります。
今後のヒモトレWSでも流れの中でやるかもしれませんよ、この農夫歩。
って、私が先ずはもっと鍛錬しないといけませんが。

双鳳先生、ご参加いただいた皆さん、アシスタントのNさん、昨日もありがとうございました!
8月27日のショヒモトレも宜しくお願い致します。

ちなみにヒモトレだけの講習は、8月5日です。
【8月5日(日)ヒモトレWS詳細】
お時間ございましたら、ご一緒しましょう。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-31 07:39

続けること

おはようございます。
7月30日(月)晴れ。
しかし台風12号は停滞するほどゆっくりと勢力を保ったまま九州に。
a0124276_08152117.jpg

a0124276_08152314.jpg

a0124276_08152575.jpg

豪雨災害や熊本地震による被害を受けた場所にさらに被害を加えることだけはやめてほしいんですが…御天道様、なんとかなりませんか、と祈ってしまう。
京都は台風が去ったあと、夕立のような雨が昼頃に降り、その後ピーカンで暑さが戻った感じでしたが、アスファルトが冷えたせいか夜は涼しい風が吹いておりました。
日本が亜熱帯化しているとしたら、スコールのような夕立が増えるんでしょうね。
でも夕立がなかったら気温は上昇し続けるでしょうから、政府の皆さん、対策のほど宜しくお願い致します。

さて、昨日は施術に必要な「触り方と徒手検査法」を筋力検査メインで練習。
私の中では【同じミスを繰り返さず、安定した検査を再現し続ける】が裏テーマとしてあります。
というのも、喋りながらやっていると身体構造上ここしかないという位置からズレていることがあります。
それに自身で気づけばいいのですが、まだまだ体が覚えきれていないので意識して修正を繰り返す日々ですので、こうして数人で確認できる場はありがたい。
ただやはり、ミスした検査や触り方では受け手の負担が大きく、調整が必要になります。
きちんと触れてきちんと検査できていると、それ自体が施術にもなっているので症状が緩和していくのがベスト、症状が変化しないのがベター、悪化は最悪ですね。

でもね、術者も患者もその事に気づかないことがあるんです。
昨日も徐々に被験者役の体が悲鳴をあげ出す。
なので調整もお伝えする。
ひとつの方法論なので、それがいいかどうかわかりませんが、症状を診るのではなくカラダ全体を観る。
「良くなれる体、治れる体」という状態を目指す。
症状を追うのはそれからでも遅くはないし、追わずともカラダがそもそも治そうとし続けてくれていますから、その体力を削ぐような余計なことを術者がしないことのほうが重要。

ってことで、昨日の内容はその第一歩であり、過程。
解剖学というのは医療に携わる上で基礎基本になってきます。
武術武道で言うところの「型」のような感じでしょうか。
そこを飛び越しては「技」には到らない。
施術も同じで、どれほど方法論を学んでも基礎基本をし続けないと。
稀に方法論から突き詰めて基礎基本になってしまう人もおられますが、私からすると同時に学び続けているんじゃないかと考えてます。

本日からまた宜しくお願い致します。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-30 07:36

続けること

おはようございます。
7月30日(月)晴れ。
しかし台風12号は停滞するほどゆっくりと勢力を保ったまま九州に。
a0124276_08153109.jpg

a0124276_08153216.jpg

a0124276_08153461.jpg

豪雨災害や熊本地震による被害を受けた場所にさらに被害を加えることだけはやめてほしいんですが…御天道様、なんとかなりませんか、と祈ってしまう。
京都は台風が去ったあと、夕立のような雨が昼頃に降り、その後ピーカンで暑さが戻った感じでしたが、アスファルトが冷えたせいか夜は涼しい風が吹いておりました。
日本が亜熱帯化しているとしたら、スコールのような夕立が増えるんでしょうね。
でも夕立がなかったら気温は上昇し続けるでしょうから、政府の皆さん、対策のほど宜しくお願い致します。

さて、昨日は施術に必要な「触り方と徒手検査法」を筋力検査メインで練習。
私の中では【同じミスを繰り返さず、安定した検査を再現し続ける】が裏テーマとしてあります。
というのも、喋りながらやっていると身体構造上ここしかないという位置からズレていることがあります。
それに自身で気づけばいいのですが、まだまだ体が覚えきれていないので意識して修正を繰り返す日々ですので、こうして数人で確認できる場はありがたい。
ただやはり、ミスした検査や触り方では受け手の負担が大きく、調整が必要になります。
きちんと触れてきちんと検査できていると、それ自体が施術にもなっているので症状が緩和していくのがベスト、症状が変化しないのがベター、悪化は最悪ですね。

でもね、術者も患者もその事に気づかないことがあるんです。
昨日も徐々に被験者役の体が悲鳴をあげ出す。
なので調整もお伝えする。
ひとつの方法論なので、それがいいかどうかわかりませんが、症状を診るのではなくカラダ全体を観る。
「良くなれる体、治れる体」という状態を目指す。
症状を追うのはそれからでも遅くはないし、追わずともカラダがそもそも治そうとし続けてくれていますから、その体力を削ぐような余計なことを術者がしないことのほうが重要。

ってことで、昨日の内容はその第一歩であり、過程。
解剖学というのは医療に携わる上で基礎基本になってきます。
武術武道で言うところの「型」のような感じでしょうか。
そこを飛び越しては「技」には到らない。
施術も同じで、どれほど方法論を学んでも基礎基本をし続けないと。
稀に方法論から突き詰めて基礎基本になってしまう人もおられますが、私からすると同時に学び続けているんじゃないかと考えてます。

本日からまた宜しくお願い致します。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-30 07:36

カラダの基本に忠実に復習

おはようございます。
7月29日(日)、本日は休診日で施術以前の検査や触り方の勉強会を開催です。
どうなるでしょうね。
私もそうですが、検査や触り方が悪いとそれだけで患者さんの体に負荷をかけて悪くしてしまいますから、そこを修正し見つめ直す機会になればと思います。
関西より東は台風が通りすぎましたが、未だに中四国、九州北部には影響があるかと思います。
無理はせずに、避難すべきところは避難し、外出を避けてくださいね。
a0124276_09260213.jpg

a0124276_09260429.jpg

a0124276_09260615.jpg

京都では、台風がくる前の強風で祇園の宮川町の火事で10棟が延焼したとのことです。
詳しいことは知りませんが、火の元にも十分お気をつけください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-29 09:18

今年後半の予定の確認を

おはようございます。
7月28日(土)、台風の進路が前代未聞?ということですが、観測以前にはあったかもしれない。
それをしる術を持っていないだけ?と思うのは私だけでしょうか。
知らないことを知るとき、ヒトは無力さを感じるので知らないから…と諦めた方が楽なのかもしれませんが、実際はそうならんというのも感じているから、やはりなにかをしていないと不安が襲ってくるんです。
だから出来ることを出来るうちにやっておく。
諦めるというのは、選択肢ではないのかもしれない…?
a0124276_08024756.jpg

a0124276_08024986.jpg

a0124276_08025138.jpg

年のため、備えておきましょう。

さて、【2018年の休診&短縮診療日】を予定が入る度に修正しているのですがお気づきでしょうか。

気づけば今年は弟子入りして1年目後半~2年目以降、師匠や兄弟子の講習会のお手伝いをするようになったとき並に日曜日に予定が入っていく。
弟子のときに経験しているからか、今が特段忙しいという感覚はなく、周囲の方々のお陰でRenさん同伴参加出来ることの有難さでいっぱい。

勉強会もヒモトレWSも自分のためです。
自身が感じていることを伝える、言葉にすることで、反射することのなかに気づけていなかったことや深まっていくことがあるので。
私が何を知っていて何を知らないか、そして出来るのか出来ないのか、を確認できる機会。

勉強会やWSで知っていること、出来ることしか話さないと聴いている側としたら押し付けられている、それ以外は認めない、という感覚に襲われます。
なので、知らない、出来ないことが私の出発点だったこともあり、知らない、出来ないことをどう伝えるかを大切にしています。
それが視点を替えることにもなり、自分でも驚きますが喋りながら「え?こんなこと考えてたん?」ってなります。

自身のためであり、他者の未経験を疑似体験してもらえる切っ掛けでもある勉強会やWSは貴重な時間です。
講師としても聴講者としても私にとっては貴重な時間になっています。
明日は勉強会。
台風接近してますが、予想より速度が上がっているので予定通り開催します。
来月は来月でまたありますけど、まずは明日。
しっかり学びたいと思います。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-28 07:29

梅湯でペンキ絵

おはようございます。
7月27日(金)、昨日は関西でも夕立以上のゲリラ豪雨で神戸や甲子園?に雨が。
お陰なのか風が涼しい夜でした。
しかし今度は週末、明日の夜から明後日にかけて雨が降るどころか…台風12号が急角度で西に向くとのこと。
イベントや企画が中止にならなければいいですが。
a0124276_07570728.jpg

a0124276_07570928.jpg

a0124276_07571105.jpg

明後日の勉強会は通常通り開催します。
来られるときは十分に気を付けてお越しください。

さて、昨日はサウナの梅湯で銭湯ではなくペンキ絵師さんが絵を描くのを公開しているとのことで貴重な機会を逃したくなく覗いてきました。
a0124276_07571220.jpg

が、もう終盤でほぼ完成してましたが、梅湯の女湯に見事な松が!
a0124276_07571440.jpg

女湯なので男の私は昨日が見納めとなりましたが、ペンキと筆で立体的に松が描かれるところを観れたのは、ペンキの匂いと共に残りますね。

実はこのイベントを知ったときにRenの担任にお伝えしてたんですが、行けたらいいな…やったんです。
が、昨日観に行くために少し早く迎えに行ったら何やら騒がしい。
すると先生が「今みんなで観に行ってきたんです!」とのこと。
かぶった~と思いつつ、Renさん連れて梅湯へ。
15分ぐらいいたんかな?ちょうど完成したところに立ち会い、帰宅…の前に。
みんなと一緒やったらできないこと、ラムネとサイダーを買って帰りました。

経験したというのは成功とか失敗とか関係なく大切にしたいこと。
観るより実際触れて動いてってのがいいかと思ったんですが、観る、聴く、というのもかけがえのない経験だと、こどもから教わってます。
昨日はペンキの匂いも、そしていうもいく銭湯の湯船にお湯がないというのも初めてなんじゃないかな。
いつでもどこでも経験できることと、ちょっと珍しい、いつもとは違う経験、楽しんでくれてたらいいな。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-27 07:28

良性発作性頭位眩暈症

おはようございます。
7月26日(木)、昨夜は気温が下がらず一昨日のようにはいかず…蒸し暑かった。
a0124276_07571864.jpg

a0124276_07572029.jpg

a0124276_07572228.jpg

曇りで気温が下がる予報になってますが、より蒸し暑くならなければいいのですが。

さて、昨日は良性発作性頭位眩暈症で急遽来院されました。
顔が右に向く、頭部が右に回旋したときにもっとも目眩が増強される状態。
仰臥位でも、少しでも右に顔を向けると一気に症状が出る。
左に向けても右ほどではないにしろ増強される。

腸内圧、胸鎖乳突筋、後頭下、この3ヶ所が師匠やゼロバランス協会会長から学んだ施術ポイント。
高橋透先生からも、筋力検査から少し踏み込んだ検査の仕方として、目眩の時は胸鎖乳突筋を診てみて、と。
検査を一通り、目眩が増強しない範囲で実施。
両側の内転筋、中殿筋→反射低下
右の胸鎖乳突筋→反射低下

(広背筋は確認し忘れています)
ということを基に、刺激による負荷がでないように施術。
ゆっくりであれば、仰臥位で右に顔を向けても少し揺れる程度に。
左は微かに揺れるかどうか。

施術前後で一番違うのは、心臓、血管の拍動が大きいということと汗。
施術後には落ち着いていたのですが万が一の可能性として、循環器科の受診をおすすめしました。
目眩以上に身体所見として気になったことを伝える。
血圧は一時期に比べたらここ最近は落ち着いている…というのは目安の数字上であって、体がそれでも負荷に感じている場合がありますから伝えておく。

次回の予約まで時間があるので、症状に合わせて電話していただくことになりましたが、緩和してくれたらいいんですけどね。
目眩があるなかでも生活はするわけで、他の部分に負荷が出だしているので、そっちで痛みがでないかも心配。
心配すればキリがないんですが、体の機能を信じつつ、いつでも対応できるようにしておきます。
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-26 07:27

風と月とボールと失敗?

おはようございます。
7月25日(水)、昨夕から屋外の心地好さを風と共にようやく夏らしさがやって来た。
a0124276_08110312.jpg

a0124276_08110591.jpg

a0124276_08110799.jpg

やっぱり陽が沈みだし夕闇から闇夜になるにつれ、風の心地好さを感じるのが夏。
あとはアスファルトが冷えるほどの夕立があれば夏本番。
もう少しですね、本格的な夏まで。

さて、昨夕はお迎えのあとにそのまま梅小路公園へ。
最近は日曜の朝に遊べてなかったんで。
a0124276_08110862.jpg

ちょっと休憩…と思ったら、自分でボールを上に投げて取る練習。
20回以上やって3回ほどキャッチしたんですが、小声で「ょしっ!」と聞こえてくる。
もっとはしゃいでいいのにと思いながら、あんまり見られたくないんやろうな個人練習はとも思うのは私もそうでしたから。
今でこそ失敗を見せるというのがどれほどおもろいかとなってますけど、こどもの頃はそんな気持ちがあっても当然でしょう。
勝ち負けではなく自慢したいことって、みんなひとつは持ってたし。
上には上がいるってのも徐々に知っていくことになるんですけど、それはそれで。

a0124276_08111077.jpg

ただもうこの写真が身体表現者のようにも見えておもろい。
よーく見たらボールキャッチし損ねてるんですけどね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-25 07:49

方法を生かしているか殺しているか見極める術をもつ

おはようございます。
7月24日(火)、雨が降らない日が続いてます。
豪雨による農作物の被害と雨不足による被害が同じ年に起こりそうな気配。
地球に間借りさせてもらっている身ですが、酷なことしはりますわ。
a0124276_08200954.jpg

a0124276_08201084.jpg

a0124276_08201270.jpg

さて、昨日は急遽電話で腰が痛くなったと駆け込みがありました。
私のなかでは「あるある」なんですが、勉強会や講習会で「腰の痛み」をテーマにした翌週は必ずと言っていいほど急性腰痛で来院されます。

で、昨日の方はこどもを抱っこしてても落ち着かず…というところで捻ったようになったとのこと。
動作、可動域、筋反射を検査したところ…
歩行時痛
左の鎖骨や上腕&坐位時の右回旋に制限
左の腹直筋・中殿筋の反射弱
ってことでしたんで、いつも通り順を追って整う方向にスイッチしていく。
その中でヒモトレもしましたが、お腹だけ。
というのも、痛めるときはだいたい回旋方向のズレというかベクトルがずれているので、どこまで塩梅よく調整がとれるかというのを双方で実感するために。

結果はスタスタ階段を降りて帰られました。
が、昔馴染みというのもありここ数日の要因を色々話してくれた中で、過去にもあった事象が…スーパー銭湯でジェットバスに入り、腰に長い時間当ててました。

過去にも書いたことがありますが、習慣性打撲っちゅうやつです。
なので、可動域も筋反射も整ってスタスタ歩いて帰られましたが、ジェットバスによる衝撃が抜けきるまでは油断できません。
が、そこそこ塩梅よく整っていたのでカラダの可能性を信じます。

とまあ、いろんな施術方法がありますが、それも評価という検査ができていなければカラダの可能性を高めているのか落としているのか知ることができません。
医師ではありませんから、画像診断や血液検査はできませんが、徒手検査にも画像診断では見つけられないことがありますので、そこそこ有用です。
私の場合、もっと精度を上げなくてはなりませんが、それができずに方法論を学んでも精査できなければ患者や選手にとって過剰な負荷となってしまう。
医療の端くれとして、これからも研鑽を続けて参りますので、宜しくお願い致します。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-24 07:37

思考がまとまりません…

おはようございます。
7月23日(月)、東京も変わらず暑かったですが、夕方の体感が少し柔らかく感じました。
といってもそれは立川で、東京駅は暑かったですよ。
a0124276_08103534.jpg

a0124276_08103714.jpg

a0124276_08103957.jpg

アスファルトが冷えるぐらい、日没後に雨が降ってくれたらいいんですけどね。

さて、この土日は出逢いと再会に恵まれた2日間でした。
憧れの場へ足を踏み入れ、行ったことがないのに毎日Twitterで拝見していた場と人に逢い、いつもの場所で再会したり新たな出逢いがあったり…続けるということがこれほど縁として紡がれていくんやな、と実感しております。

境界なきアスリートサポートは、人の振り見て我が振り直せ、ではないですが、現場で起こるミスは一体どうして起こってしまうのかということを、スピーカー5人が中心となってお話しさせてもらい、未経験に入力しておくという試みでした。

コミュニケーション不足というのはありますが、圧倒的に術者側の思い込み、慣れ、確認不足です。
為すべきことを為していない、というのを振り返ったら、私もそうでした。
コミュニケーション、距離感は双方の状態というのがありますから微妙な差異があり、でもそれを双方ともに無自覚でわかっているので差異を埋めようとしている。

しかし施術においては術者の思い込み、慣れ、確認不足(徒手検査の実施と正確性)がほとんど。
経験不足という言葉は言い訳にもならないということを再確認できました。
カンファレンスを通じて同業他者と共有することでそれを埋める、可能性を考える。

症状の部分に触れるということが必ずしも良くなるとは限らない。
触れることで悪くなることがある。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-07-23 07:32