体に委ねると頑張りを求めない方が豊かだと知れる

おはようございます。
9月10日(月)、今年は週単位で雨が降っている気がします。
被害が拡大しないことを祈るしかできません。
a0124276_08134128.jpg

a0124276_08134366.jpg

a0124276_08134538.jpg

昨日、一昨日はそこまで降っている感じはなかったんですよね。
夜だけって感じで、日中はやんでいた。
これだけ連続した雨だと、治まってた症状が出てくる人もおられるでしょうね。
とくに食べ過ぎ飲み過ぎの人は。
雨で体を動かしていないのにいつもと同等の量を食べても体にとっては食べ過ぎとなり、症状が出やすくなる。
これ施術の時に耳タコぐらい言っていることですからご存じだと思いますが、今一度、ここに記しておきます。

さて、昨日のヒモトレWSは幾度も参加していただいたかたばかりの少人数だったので、少し掘り下げてヒモトレを通して体を観て感じていただきました。

筋力トレーニングができない人にどう巻いたらいいですか?という質問から始まり、頑張らなければならない、つまり「やった感」を求めることが日常に、体にどう影響するかということをヒモトレなしで。
ヒモトレなしでもできるけど、ヒモトレがあるとあれやこれやと多くを意識せずに、1つ2つのポイントでおおよそ動けるようになる。
すると、日常動作が楽にできるし、ヒモトレなくても過ごせる。

少し前にRenさんでこんな比較をしてみました。
【同じ重さのものを持ち上げてみる】

昨日のWSの内容がこの動画にギュッと詰まってます。
どこをどう捉えるかはそれぞれであると思いますが、こどもは表情でも語ってくれていますから、どちらが日常で何かを持ったり運んだりするときに体が「ある」か感じ取っていただけると思います。
細かいことはここでは言いません。
施術やWSの時にでも訊いてください。

で、昨日はしゃがんで立つという日常動作で大きい動きを基準にして、こんな動き、あんな動きをヒモトレをガイドにしたり自身をガイドにしたりと少し汗ばむぐらい動いてもらいました。
ひとつずつ、体が本来動きたい方向と動きたくない方向を感受していただけたかな。
参加者の方が筋肉痛になっていないかちょっと心配やけど、筋肉痛で動きにくいのではなく、筋肉痛やけど動きが軽やか、なら多少の痛みはあるかもしれませんが今後どちらを選ぶかは一目瞭然です。

ちなみに、たまたま使い損ねていたところがヒモトレを通して観たら使い損ねなくなった過程での痛みであって結果ではないということ、筋肉痛を感じなければならないという「やった感」は求めません。
むしろ逆で、「やった感」や頑張りを求めない体の方が豊かですやん…というのを、ヒモトレを切っ掛けに感じていただいてます。

次回は10月14日(日)10時~11時半、11月4日(日)を予定しております。
詳細決まり次第、また告知させていただきます。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-09-10 07:25