2018年 08月 31日 ( 1 )

タイトルが思い浮かばない…

おはようございます。
8月31日(金)、台風やら大雨やら地球の営みを思い知らされた8月でした。
a0124276_08241421.jpg

a0124276_08241576.jpg

a0124276_08241848.jpg

今日は朝からお腹を下し胸焼け。
消化吸収排泄のバランスが崩れているというか調整してくれているというか、でも痛みや苦しみはない。
思い当たる節は色々ありますから、仕方がないかなと。

昨日は新たな出逢いがありました。
関東から京都に珈琲巡りをするついでに施術とヒモトレを受けたいとお越しくださった。
ご友人からうちのことを聞いたとのことで、なんと有り難い。

施術ではいきなりヒモトレをすることは定期的に来られている方の状態を自身で把握する時にするぐらいで、新患の場合は施術後にセルフケアとして自身の運動を知ってもらうために用いるようになってきました。
で、先ずは徒手検査で状態を共有し、施術をして身体の可能性と今までされてきたことや体がちゃんと「ある」ことを知ってもらいました。

最後の最後、左の上腕挙上の可動性が右に比べると…ということだったので高橋透先生の「立ちやすいようにしゃがむ」を数回と、それに合わせたヒモトレをお伝えして実践。
再度、左の上腕挙上を確認すると右と遜色のない状態に。
ここで重要なのはやはり、【自身の体を自身で動かすことで調えることができるようになっていること】を自覚してもらうことです。
その切っ掛けとして、つじ鍼灸院をいい意味で利用していただければと思います。

体は恒常性で調えようとしてくれていますが、なぜか体ではなく環境に合わせるように動くので差異や距離が生じてくる。
これは決して悪いことではなく、そこから自身を見直していければいいのですが、情報氾濫の時代、体ではなく頭寄りに状態をとらえてしまい、結果、対症療法をあれもこれもそれもどれもになってしまう。
今一度、対症療法からちょっと離れてみて、体を感じてみる。
自身だけで難しいときは私のような治療院に行ってみてください。
徒手検査という目に見える数字による評価ではなく、自身で状態を感じられる術のひとつですから。
ものは試し、お越しください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-08-31 07:50