2018年 04月 04日 ( 1 )

絵本から考える

おはようございます。
4月4日(水)、温い朝ですね。
ほんと暑いです。
a0124276_08041292.jpg

a0124276_08041308.jpg

a0124276_08041510.jpg

雨乞いしてます。
気温下げてくれ~って。

そうそう、パティシエ鍼灸師のカフェ【ことのはじまり】にも小さな桜があります。
無事に咲いてくれたようで一安心。
a0124276_08041680.jpg

お店で買いましたからね!
一部世間で騒がせている桜の無断伐採ではないですから。
盆栽の桜です。
一服がてら観てやってください。

隠れ家Cafe ことのはじまり

〒597ー0002
大阪府貝塚市新町13ー7
電話 090ー9862ー0510

OPEN
11時~23時 (L.O.22時)

CLOSE
水曜日、第1火曜日 (+不定休)

さて、先日おもしろい絵本を見つけました。
a0124276_08041744.jpg

桃太郎が語る桃太郎
絵・岡村優太
文・クゲユウジ
高陵社書店

そうです、桃太郎目線の桃太郎。
他にもシンデレラ、浦島太郎があるんだそうです。
a0124276_08041850.jpg

これ、待ってました!って感じで即購入。
小学校、中学校の授業でこういう目線の授業をしてほしかったんですよね。
誰もが主人公になる物語。
ゼロから作るのもいいけど、あるものから妄想、想像して創造する物語。
桃太郎なら犬、猿、雉が主人公やってもいいと思うし、浦島太郎なら亀や亀をいじめていた子供。
家が主人公でもいいし、海でもいい。
ページ毎に主人公が替わってもいい。
なんでもいいんです。
想像したことを創造して他者に話せるって、辛い面もあるかもしれないけどおもしろいこともあるんですよね。
他者に話すことでさらに面白さや深みが出たりもするし。

絵本の内容ではなく、この視点を移したってのがドはまりしてしまいました。

おとなは都合よく「社会ではこうなってる」と、自分の意見を正当化します。
社会というのが隠れ蓑にもなるってわかるまで、どれだけかかるか。
隠れることが悪いのではなく、「あ、隠れてるんかな?じゃあ…」っていう都合よく言えば思いやり、想像ができると気が楽になるかなと。
想像してしんどくなることもあるんですけどね。
そこはほら、他者ってことで。
都合よく理解することと、よくしようとしてズレるところを大切にしていければいいかなと。
これも私の都合よき理解ですけどね。
家族で披露し合うってのもありですよ。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

昨日に空きが出たと書かせていただいた、4月8日(日)のヒモトレ・ワークショップですが、ありがたいことにすぐに申込みがあり再度満員御礼となりました。
5月も第2日曜日に開催予定です。
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-04-04 07:30