2018年 01月 29日 ( 1 )

貴重な1日となりました

おはようございます。
1月29日(月)、昨日は「いままで」と「これから」を繋ぐ「いま」が詰まった1日でした。
a0124276_08293082.jpg

a0124276_08293267.jpg

a0124276_08293378.jpg

天候は油断せず。
でも少し寒さがゆるんだこのときに少し散歩がおすすめです。
昨日Renさんと野球したら右手筋肉痛、左の股関節周りに痛み。
右手はバッティングの衝撃で。
左の股関節は投球動作で。
普段の動きにない動きを約一時間続けましたからね。
しゃーない。
運動不足というよりは、動き足らず…といったところでしょうかね。

さて、昨日のヒモトレ・ワークショップは女性に圧倒された90分となりました。
a0124276_08293406.jpg

あ、会場はこんな感じ。
前回に引き続き古民家を改装された地域コミュニティーの場をお借りしました。
柱がいい感じ。
手伝いに来たはずのRenさんは丸見えの忍び足。
何を仮想していたんでしょ。
a0124276_08293644.jpg

参加者の方が撮ってくださいました同じ顔のといわれるツーショット。
似てるんかな?

今回は4名と少数ながら、ヒモトレで腰の症状が落ち着いたので講座を受けに来ました!という方や、小関先生のカルチャーセンターでの講座に参加された方が私の講座にも来てくださったりと、終わってみれば濃いメンバーでした。

私の講座はいつも通り、感覚のフィードバックを基に進めていくので上半身の巻き方、動き方に大半を費やし、気づけば時間という感じ。
時計を見たときは焦りましたね。
下半身…というか骨盤周りも全然伝えてない!ってなりましたからね。
なので、へそヒモの次にヒモパン巻きをしました。
参加いただいた皆さんの立ちしゃがみの動作で気になっていたというのもあるんで、結果的にはいい流れだったんじゃないかと思います。

疑問や質問も沢山いただき(これが男性より女性の方が積極的なのです)、私のなかでも引き出しが増えたので感謝です。
ほんとに濃い時間でした。

で、ワークショップ終了後は阪急に乗って御影へ。
理学療法士でヒモトレ仲間の中西先生が、キネシオテーピングの初級講座をされているとのことだったので見学させていただくことに。
久し振りにキネシオテーピングの講座を見ましたが、変わっていませんでした。
そして何より、中西先生の丁寧な解説と実技は魅力たっぷり。

ヒモトレもそうですが、キネシオテーピングは反復のみ。
講座では時間がないため1つの貼り方でせいぜい2回ぐらいが限界。
なので、各自がそれぞれの現場で反復しまくるのみ。
中西先生の貼り方の巧さの向こう側に膨大な時間と経験が観えました。
私も一つずつ積み重ねていかなくては。

実は今回、中西先生と当事者の方、そしてご家族のご厚意で、現場での取り組みを参加者の方々に見ていただきたいということで、中西先生のデモンストレーションがありました。
中西先生がどう評価し、どう視て、どうアプローチするか、そしてどういう意図を持っているかというのを解説しながら、今回はキネシオテーピングのみで施術。
当事者の表情が明るくなっていく姿は、私に焼き付きました。

最後に、私も1ヶ所だけ貼らせていただいたのですが、当事者の何かに触れたんだという笑顔をいただいけました。
a0124276_08293701.jpg

中西先生の診立てを生かす場所に貼る。
コラボとしてできたこと以上に、彼の笑顔が過去の辛かったことも昇華してくれました。

この場をいただいた中西先生、参加者の皆さん、そしてSさん、心より御礼申し上げます。
また皆さんにお会いできる日を楽しみに、今日からまた積み重ねて参ります。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-01-29 07:35