2017年 04月 28日 ( 1 )

心霊写真?

おはようございます。
4月28日(金)、晴れてますね。
a0124276_08121330.jpg

a0124276_08121443.jpg

a0124276_08121632.jpg

寝る際の服がきつく感じるのはヒモトレのお陰か?
はたまた太ったからなんか?
パンツに続いて上の服も脱いでます。
だからといって夜中に目が覚めないかというとそうではないですが、布団さえかぶってれば寒さは感じないですね。
Renさんは順調にお漏らししてます。
よくて6割。
3夜連続でやっちゃいましたからね。
ま、生涯成績は限りなく10割に近くなるので、今のうちです。

さて、昨日は見慣れぬ新聞が新聞受けに入っていました。
何かの間違いか?と思ったら、宛名は私。
a0124276_08121768.jpg

手に取ると業界新聞のひとつ、日本歯科新聞。
a0124276_08121954.jpg

送り主は日本歯科新聞社。
その瞬間余計に「?」が頭の上にいっぱい出てくる。
ピンクの付箋が付いていたので、とりあえず開いてみることに。

ん!?
a0124276_08122094.jpg

なななんと、第3回ひもトレ祭の記事が載っている!
しかも、私の名前と手が写っている。
そう、手が(笑)
もうね、心霊写真かと思いまして一人で大爆笑。

まさかですよね。
歯科新聞なので嚥下や咀嚼についての記事や写真なのかと思いきや、「参加者全員で、ヒモの巻き方や位置を変えると身体の安定度合いや関節の動きが変化することや、最適な位置に個人差があるのを実感した。」とある。
同じ巻き方でも感じ方や結果が違う、というのを他者を通じて知ることが伝わっていたんだと、自分でもこの記事を通して知ることができました。

実は、あのあと、一人で外を歩いていると安田先生の流れをもっと生かし中西先生に繋げられたのでは?と、喋り直しているんです。
通りすがりの方は迷惑でしょうけど、悔しかったんだと思います。
でも、Twitterでいただいた感想や日本歯科新聞の記事を読み、あれはあれで伝わっていたんだと自信に繋がった。
同時に畏れも。
言葉ひとつの重み、私から放れた言葉がどんな意味をもって私に返ってくるか。

俯瞰して見る、とよく読んだり聞いたりしますがなかなか難しいのが現状ですが、そんなときはこういった他者から見た自分というのを見たり聞いたりしていくといつのまにか俯瞰していた…ってなるのかもね。
ヒモトレすると自己の中の他者に出会ったようなもんなので、これもひとつの俯瞰かと。

小関先生、日本歯科新聞社のM氏、心より御礼申し上げます。


それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-28 07:33