2017年 04月 24日 ( 1 )

ヒモトレ登山とそのあとに…

おはようございます。
4月24日(月)、日陰が寒い。
室内も寒い、のが京都の当たり前かな。
a0124276_08031355.jpg

a0124276_08031509.jpg

a0124276_08031695.jpg

昨日も大文字山を登ってきましたが、頂上でも日陰は寒かった。
陽向は背中が焼けるような感じでした。
地上はそうでもないのかな?というとそうでもなく、日陰は寒く陽向はポカポカ。
服装が難しいですね。

さて、昨日は数ヵ月振りに保育園の登山隊で銀閣寺~山科ルートで大文字山に行ってきました。
私はもちろんヒモトレ&地下足袋です。
a0124276_08031828.jpg

今回も例に漏れず、ダブルへそヒモ&わらじ巻き with Ren
普段運動していない私がそんなに疲れを感じず山を登ったり下りたり、子供をおんぶしたり走ったりできませんよ、たぶん。
出来ると思いますが、すぐにバテるかな。
ま、久し振りにバカと煙はなんちゃらいうやつやって来ましたし。
a0124276_08032000.jpg

a0124276_08032225.jpg

忍者に見えるらしい。
ホームセンターの地下足袋履いてるからなのか、自分では気づいてませんでしたが。
そういわれるとそう見えるな~。
こけて泥だらけになった子もいましたが、怪我なく無事に57名下山しました。

で、下山後、祖母の家に自転車で3週間遅れの東京土産とヒモトレ祭の報告をして来ました。
じいちゃんがあっちの世に行ってからずっと独り暮らしの祖母。
元気やし、ひ孫に私たち孫の時と変わらぬ世話をしてくれるのが嬉しくて。
元気じゃないとできないことですからね。
そんな祖母に報告できたことがひとつの自信にもなります。
感謝。

そのあとは京都国際写真祭の会場のひとつで、吉田亮人さんの展示会場である元・新風館へ。
a0124276_08032359.jpg

写真もそうなんですが展示の仕方が言葉なき物語になっていて、想いが溢れてくる。
しかし、それほど多くはない写真の最後、暗幕の奥の空間に入ると…
時間が止まっているような、動いているような、あの上の空間に気づいたときの身震いは衝撃でした。
たまたまこの時、この【Falling Leaves】の写真集販売に向けて吉田さんがサンプルを作っておられ、少しお話を聞かせていただいた。
そしてそのあともう一度、展示を観に行く。
モノクロの写真の濃淡が変わって観える。
祖母に会ったあとやったからか、ずしんと、でも何か「LOVE」を感じることが出来た気がします。

公式ブックパンフとSOU・SOUコラボ足袋下を購入。
時間が許す限り、他の会場で他の作品も観に行きたいと思います。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-24 07:22