こうやって観るのもありかと

おはようございます。
8月21日(火)、昨日今日は暑いですね。
a0124276_08305195.jpg

a0124276_08305339.jpg

a0124276_08305541.jpg


数年前に元航海士?の池上六郎氏の提唱する三軸修正法のなかで「垂直」と「鉛直」の違いを知りました。
a0124276_08305814.jpg

そもそも「鉛直」を知らなかった。
この画像をみていただければ、「垂直」と「鉛直」どちらの方が整いやすい環境かはなんとなくでも伝わりますかね。
僧が海よりも山で修行するのか。
師匠には塩のあるなしという話を聞きましたが、それとこの「鉛直」なのかなと。

ちょっと言葉ではまだまとまらないんですけど、山や川、砂浜もなんですが、足場が悪い方が重力に対して真っ直ぐに、池上氏の言葉を借りるなら「垂直」ではなく「鉛直」で立ち続けるから体のバランスが調うのかもしれません。
バランストレーナーでヒモトレ創案者の小関氏のココロのバランスボードに立ったときのあの心地よさはもしかすると「垂直」ではなく「鉛直」で立っている?と感じる。
というのも切っ掛けはつい先日の今では笑い話な初体験のあとにココロのバランスボードに立ってみたからなんですけどね。

視界を制限し、体が立ちたいように立つ。
そのあと用意しておいた鏡越しに自身を観たら鏡の立てラインと平行ではない。
あ、これが鉛直なのかも。
そう感じて再び視界を制限すると違和があった部分が薄まっていく。

垂直に整地された地面ではなく、地球本来の形状に合わせて連続して立ち続けるとおおよそ調うのかもしれません。
山を登ったあとの方が疲れているけど心地よい、階段の多い山より階段のない山の凹凸を利用して登ったときの方がそれをより感じる。
かといって自然のままがいいかというと(もう何が自然かはわかんないですけど…)、体がない人は特に痛めるでしょう。
足の裏や足首、腰や首、に負担がかかりすぎるかな。
必要な痛みとして乗り越えられるかが試されると思います。
後日以降の筋肉痛も含めて。

不安定な方が安定するというのは、この「垂直」と「鉛直」の違いという視点から捉えるのも面白いなと、自身の状態から考えてみました。
なんの参考にもならないと思いますが、戯れ言ととして流してください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-08-21 07:41