検査と触り方が施術にもなる

おはようございます。
5月28日(月)、曇り空。
思っていたより前線が南にあって雨が降らなさそう。
a0124276_07221989.jpg

a0124276_07222195.jpg

a0124276_07222416.jpg

九州南部が梅雨入りし、京都も蛍が飛び出しました。
京都の梅雨入りはいつでしょね。

さて、昨日は1日勉強会をしておりました。
初めての方もおられたので復習要素が濃かったです。
勉強会といえば何か新しいことを…特に方法論を…学びに行くものとばかり思っていなしたが、師匠の勉強会もそうですが、基礎基本である検査と触り方を復習する機会を大切にしていこうと、今後の開催内容のはじめの1歩になったように思います。
a0124276_07222530.jpg

昨日の勉強会はこの3点のうち、検査と触り方で気づけば9割の時間を割いておりました。。
筋力検査をちゃんとすること、そして触り方ひとつでどれだけ影響しているのかを実践と確認を繰り返し、それが実はアプローチと繋がりを理解することにもなるという内容。
日々の施術で感じていた疑問が検査と触り方を通じて実感していただけたのですが、同時に襲ってくる過不足。
特に過剰な刺激は術者の「よかれ…」という意識が招いています。
今一度、昨日の内容を各自持ち帰って、今日からに生かしていただければと思います(私もですが)。
次回は7月末予定。
参加してくださる方が多いと2回開催も考えます。
a0124276_07222732.jpg

a0124276_07222933.jpg

参加者の方が写真を撮ってくださいました。
久し振りに様子がお伝えできましたね、ありがたい。
動きの悪いところを細かく視させてもらっているところです。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!
次回までに私も復習とブラッシュアップをし続けますよ。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-05-28 06:57