気づいたからにはやるっきゃない

おはようございます。
5月17日(木)、ぬるい朝ですね。
a0124276_08131906.jpg

a0124276_08132198.jpg

a0124276_08132320.jpg

体調を考えると私は葛根湯でスタートです。
透明の鼻水がね、結構出るんで。

さて、体と向き合うというのは過去のヤなことが思い出されてしまう。
それは過去のことなんでこれからには当てはまらないんですが、今ここからというときにはどうしても向き合わざるをえない。
施術とはただ心地好くなるだけではないんです。

昨日はヒモトレを通じて出逢った方が仕事終わりに予約して来院してくれました。
どこが…というのはありませんでしたが、丁寧に体を観ていくとあちこちに動きの悪さだったり力の入りにくさ、弾力が弛みになっているなどなど。
すると、本人の体から記憶が甦ってくる。
「そうそう、こんなことがあって…」という具合に。

決してマイナスではないんですが、無自覚の意識から自覚の意識になったということは習慣や癖と否が応でも向き合わざるを得なくなってくるわけです。
ここから、ゆっくり慌てず、一動作とまでは言いませんが、姿勢を修正していってもらえればなと思います。

施術前と施術後で何が違うかを主観と客観で捉えておくことも大切です。
無自覚から自覚へ。
でないと、今、何をしていくことがベストなのかベターなのかわからないままですし、これから先が過去のままになってしまう。
少しずつでいいです。
今、ここから、始めましょう。

あくまでも昨日の結果ですが、来院時にはヒモトレしておられましたが、帰宅の時は外していただきました。
でも、スムーズに歩けたとのことです。
ってことはベースアップしていたんですよね、すでに。
体は知ってたってことです、楽な状態を。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-05-17 07:35