生きている?生かされている?

おはようございます。
5月10日(木)、冷えてますね。
地域によっては4℃というところも。
来週は30℃越えが続くそうです。
気温の差についていかない方も出てくるんじゃないかな。
冷暖房をうまく利用するのもいいですし、体を動かしておくのもいいですよ。
a0124276_08014430.jpg

a0124276_08014756.jpg

a0124276_08014939.jpg

さて、先日噴火したキラウエア火山のその後の写真が出てきました。
ハワイ キラウエア火山噴火 17枚衝撃写真

初見は映画?ボルケーノ?って思ってしまいました。
しかし徐々に恐怖心が迫ってくる。
溶岩から溶岩が噴き出す瞬間の写真を見たら、言葉がでない。

過去に…といっても、地球があるかぎり目の当たりにしているはずのことなんでしょうけど、私の記憶では映画やCGでしか見ていない。
この衝撃は大きすぎる。
しかし、この上に我々は生きているんですよね。
可能な限り逃げて、今度はその兆候を調べて、なんならそこに住んで観察し続け、被害を最小限にしようとしている。

時々ですが、海底火山の話を聞いてからなんですけどね、溶岩がヒトや動物でいうところの「便」 や「尿」としたら地球という大きな生物の上に間借りさせてもらってる感覚が沸き上がってくる。
生きるのに必死だった時代、地球のコトまで考えられなかったヒトが改めてこの事に気づき、地球に優しいエコロジーとして考え直している最中です。
相手に言葉がないのだから、言葉を操る?操られている?ヒトが考え続けていかなければならないこと。
それは世代を越えて、私だけではなく、私以前も以後も。

大人がこどもにしてあげられることのひとつ、伝える根っこは生きることは生かされていること、なのかもしれないですね。
それがこの先もヒトが心地好く生き続けられる環境に繋がるのかなと、ぼんやり思う朝でした。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-05-10 07:40