顔には五感すべてがある

おはようございます。
2月28日(水)、今日は雨?
昨日の夕方から身体の重さを感じてます。
a0124276_08063511.jpg

a0124276_08063732.jpg

a0124276_08063816.jpg

五輪選手がね、特にメダル獲得選手なんですが、帰国したらまず地元に帰らせてあげてほしいし、地元からでも全国中継は繋げられる。
んで、五輪開催中の各放送局のはしご。
各国1ブースでインタビュアーと放送局を替えればいいんじゃない?
中継技術は同じ人で、インタビュアーだけ替える。
マイク付け替えたり移動したりせんでいいし、なんなら全チャンネル同時放送にしたら、おんなじ質問に答えなくても済むしね。
選手ファーストじゃないと運営批判する報道自身が選手にかける負担を増やしてると感じるのは私だけ?と、五輪の度に思う。
パラリンピックのあとはもっと思う。

身体について一度に多くの視点で観られるのはスポーツに限らず日常にも。
公園や町中、特に駅構内。
走ってる人、歩いてる人、待ってる人、人には人のペースがある。
そやけどそれがその人のペースなんかどうかまで考えると、身体がちぐはぐになっているのも感じる。
そやけど最近はみ~んな下向いてる。
待ち合わせの人なんかは顔あげてキョロキョロしてたのに、スマホ見てるから下向いてる。
他人に興味がないのではなく、他人に興味を持たれるのが嫌なんかな?という感じ。
下を向くのは何かを探しているのではなく、一種のバリアを張る行動なのかも知れないなと。
服屋さんで店員さんに声を掛けられたくないときに下を向いてる自分を思い出したからなんですけどね。

顔には五感すべてが集まっていますから、情報が多いんですよね。
発信も受信も。
だから顔を見せないように下を向いたり伏せてしまう。
恥ずかしいと顔を伏せるのもバリアなんかな。
こどもの人見知りはあからさまに顔を隠しますしね。
無理矢理視界の中に入ろうとしたら余計に顔を背けるし。
しつこいと嫌われる。
そんなときは相手が顔を向けるまで待つ。
待つって大事ですね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2018-02-28 07:06