原因と結果が同じモノと異なるモノ

おはようございます。
6月21日(水)、台風か?という雨の量。
風がないだけましかな?と思わずにはいられない降り方。
なにもそんな今までの分を取り戻そうとせんでも…と思う方もおられるぐらい、降ってますね。
a0124276_07260242.jpg

a0124276_07260373.jpg

a0124276_07260521.jpg

長靴と傘とカッパの三点セットでも濡れるでしょうね。
保育園の予定は園庭で流し素麺やったはずやから、延期やな。
たまには行事が流れることも経験しとかないとね。

さて、昨日はすごかったです。
ゴルフボールが当たって足根骨にヒビが入って2週間?経過の患者さん。
腫れ、痛み、放散痛が出ていたので、立つのも痛い状態。
ヒモトレ【草鞋巻き】指掛けバージョン足裏なし巻いたら痛みなく立てた。
あらま。
ご本人が一番不思議顔。
この方、受傷直後のレントゲンではヒビが認められず打撲と診断。
で、その数日?1週間?後もう一度にレントゲンで確認すると、ヒビの所見を認めたとのこと。
そうなんですよね、ヒビや疲労骨折など明らかな骨折以外って、1週間以上経過しないと像としてみえないそうです。
お気をつけください。

で、もうひとり。
10代女子、座っていると左のお尻〜腿裏が痺れて痛い。
病院でヘルニア診断。
左SLRテスト30度で痛み再現。
ケンプテストや前屈後屈、トレンデレンブルグ徴候、パトリックの結果から右の股関節の問題と感じ、仰向けで右足の二箇所に鍼。
左SLRテスト70度オーバー痛みなし。
うつ伏せでナクラステスト右陽性、左陰性。
で、両方の臀部、左腰、右下腿にそれぞれ鍼。
ナクラステスト右陰性。
立位の前屈後屈、トレンデレンブルグ徴候、ケンプテストを再確認で痛みなし、荷重OK。
あとは座ってどうなるか。
もう2回ほど鍼したかったんですが、響きが嫌だったようで、手技の方で今後は視診ていくということになりました。
部活も引退してるので、焦る必要はないですからね。
それもひとつの選択です。

これが全てではないですが、これもまた事実。
この2症例は両極端ですよね。
原因が主訴にあるモノと、原因と主訴が異なるモノと。
原因と結果が必ずしも同じとは限りませんし、なんなら大半が異なります。

腕を挙げたり動かすと肩に痛みが出ると訴える方が腰の丸みをしゃんとして骨盤を立てて座ると痛みが減少、消失する…なんてのも多いですね。

イマイチ原因と結果が合わないと思う方はご連絡ください。
もう一度、今どうなっているのかを診させていただきますので。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-06-21 06:58