小さい書房さん発刊の【二番目の悪者】を読んでほしい…

おはようございます。
5月14日(土)、晴れ。
a0124276_06523538.jpg

昨日もそうですが、風が涼しくて気持ちのいい午前中と夕方以降が一年中で一番過ごしやすいですね。
ただ、ここんところの晴れにより、気温上昇と湿度で軽い熱中症になっている方がおられます。
私の大好きな漫画【バーテンダー】を描いている著者も机仕事ですが、前兆のようなものに襲われたと先日Twitterで書いておられました。
室内にいるからといって、まだ5月だからといって油断されませんように。
麦茶に塩入れるのが、日本の昔ながらの予防策ですが、結構不味いです。
塩分もそうですが、摂りすぎては調子狂いますが、摂らなさすぎも調子狂いますから、程々に摂取してくださいね。

さて、昨日は少し時間が空きましたので、久し振りに自転車ダッシュでミシマ社の本屋さんへ行ってきました。
未読の山があるんですが、今どうしても読んでおきたい1冊が特別付録つきということもあって、行ってきました。
しかし、久し振りに訪れたミシマ社の本屋さんで一目惚れした絵本がありました。
それが此方です。
a0124276_06523722.jpg

小さい書房から出版されている、【二番目の悪者】(作・林大林、絵・庄野ナホコ)です。
帯に書かれた文句「考えない、行動しない、という罪」も目を引いたのですが、何よりも表紙の朱とライオンの目線。
追い討ちをかけたのが表紙をめくって最初に飛び込んでくる一文。

「これが全て作り話だと言い切れるだろうか」

私は衝撃でした。
読み終えて身体が震えました。
そして、急いでTwitterとFacebookに投稿しました。
「いま、この絵本を、世界の人に贈りたい。いや、今だからこそ読まなければならない」と。
私は【小さい書房】の検索をしました。
すると、POPがダウンロードできるようになっていました。
開けてみると…
a0124276_06523826.jpg

はい、あの一文でした。
これは、インターネットで検索したり見たり読んだりしている小学生以上の方が一度は読まなくてはならない1冊です。
表紙を飾る金のライオン。
そして、数多の動物が出てくる中で、あなたはいったい誰が悪者だと感じるのか。
その感じたことが、読み終えたあとにもう一度タイトルを、表紙を見てどう感じるか。
何も感じないかもしれないが、人としてすごく大事なものが描かれていると私は思ってます。
是非、待ち合い室の棚に置いておきましたので、読んでいってください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

今朝の体重、排便前、服着用→ 55.55kg
[PR]

by treatment-suzaku | 2016-05-14 06:27