ぎっくり腰手前…かな?

おはようございます。
4月12日、火曜日なんで休診です。

さて、昨日も気温が上がらず、そして昨夜の冷え、さらに今朝の冷え込み。
体調崩した人多いんじゃないんですか?
a0124276_07474443.jpg

今日はさらにさらに、気圧も下がると。
気温が下がったところに気圧まで下がる…体調不良も極まりそうですね。
体調がいいときを見上げるのではなく、今日の、朝起きたときの体調が頂点とすると過ごしやすくなります。
これ、気持ち次第なんですけど、身体の動かし方まで変わるので、見えていなかった発見が増えます。
面白いですよ。

さて、私の腰はどうやらプチぎっくり腰です。
前に屈む動作で痛みが出るけど、腰を反る動作は何も痛くない。
前に屈む動作やしゃがむ動作を和服、着物を着たときの所作を動作にする。
するとね、普段の何気ない動作がいかに身体に負担をかけているということがわかる。
って、着物を着たことはありません。
ですが、時々テレビで能や歌舞伎や時代劇で見かけるあの所作を真似する。
痛みを自覚したあとからその所作動作に切り替えたら、寝返りもズボンの脱ぎ履きも痛みを感じずに出来るところでおさまる。
そして、以前から載せようと思っているだけでまだ載せていないトレーニングを実践。
たった5回ずつしただけなんですけど、筋肉痛です。
すると腰の痛みが和らいだ。
前に屈むのが楽。
あ、あとね、氷嚢で腰だけじゃなくて脚の内くるぶし周囲をアイシングしたら、いわゆる腿上げのような動作が楽というより軽い。
これは発見でしたね。
ただ、内くるぶし周囲は冷たさを感じやすい。
めっちゃ冷たいです。
でも10分後には、脚が軽く上がる。
これは腰の痛みに関係なく、アスファルトという弊害を考えると、疲労軽減になるかも。
お試しください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

今朝の体重、排便前、服着用→55.05kg
[PR]

by treatment-suzaku | 2016-04-12 07:19