原因と結果は必ずしも一致しない?

おはようございます。
3月30日(水)、天気はいいけど気圧と気温は荒れ模様。
a0124276_08045267.jpg

症状を感じたらすぐ電話してください。
放っておくと次の機会にもっと酷くなってきます。
こういうときこそ他力本願の使いどころですよ。
予約の空き時間があるので、先ずは電話してください。

さて、先日遅くに排水口を清掃していただいたのに、またしても洗濯機の排水がおかしいようで溢れました。
どうも排水口のフィルター問題があるご様子。
メーカーに電話しようとしたら9時以降…
はてさて、この問題はすっきり解決! となることができるのでしょうか。

さてさて、昨日も宇治三室戸鍼灸整骨院さんで徒手検査の重要度と症状のすり合わせが、その人の回復への1歩目になると実感。
最初が大事、でもそこに囚われると木を見て森を見ず、森を見て木を見ず、になるので、森を見て木を見ることをし続けなければなりません。
症状が増悪、移動することは刺激場所の選択ミス、見落としがあるということが直ぐに気づけます。

【何故痛くなったのか、ではなく、痛くなってからどうしたか】が重要です。

原因は必ずしも重要ではないということ。
徒手検査が重要なのは、今現れている症状の再現です。
再現された痛みがどこからやって来ているのかに、経験と知識をフル活用し、その人とリンクすることで回復を目指す。
これからどうするか、一緒に考えていきましょう。
人は洗濯機のような機械ではありませんからね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

今朝の体重、排便前、服着用→55.15kg
[PR]

by treatment-suzaku | 2016-03-30 07:44