整理できていない話

おはようございます。
11月16日(木)、冷えましたな。
a0124276_08183197.jpg

a0124276_08183334.jpg

a0124276_08183557.jpg

明日はさらに。
そして明後日、明明後日はさらに冷えるっていうてますね。
19日は屋外なので服装しっかりして出掛けんとあきません。

さて、このパワーポジションという、前後左右から押されてもぶれない立ち方というか運動する上で色んな動きの起点になる姿勢。
a0124276_08183608.jpg

写真ではさらに爪先立ちになってますが、踵を着けてやると結構観えてくることが出てきました。
オシリを後ろにつき出すのではなく、背中を反らすのではなく、肩に力を入れるのではなく、大腿の前に力を入れるのでもない。
骨盤の前傾後傾を中心に如何に身体の力が抜けているか、また同時に入っているかなんです。

実際、ここんところ施術の入り口としてヒモトレ、ココロのバランスボード、スラッキングをしているんですが、ただ立つ→膝を抜いて立つ→パワーポジション、に替えました。
そこで観えてきた背中の使い方。
ヒモトレでも先人でもそうなんですが、なんでタスキが有効と感じる人が多いのか。
キネシオテーピングを学んだときにある結論に教えてもらって辿り着いていたので、そこまで深く考えなかった。
でも再びヒモトレを知ってTwitterやFacebookで感想や実践を読んでいると、そして小関バランストレーナーを始め基本としてタスキとへそヒモが基本なのか考え始めていました。

でね、そこから色々再考することになったんですが、クロスのタスキ、前後のタスキ、四方巻き、Bタスキ、Yバック、袈裟巻き、鎖タスキ?などオリジナルの巻き方が多いなと。
これなんで?ってなるわけですよ。
キネシオテーピングを学んでたら観えやすいんですけど、そこまで観えてなかったようです。
観えてなかった理由は、全体として捉えてられてなかった。
そこに尽きると思います。
全体を観ていたと思ってたんですが、部分の集まりとしての全体、全身だったんですよね。
全体としての全身じゃなかった。

これは落ち込みましたね。
毎日落ち込むことあるんですけどね。
師たちが観せてくれてたにも関わらず、表面的な部分しか観えていなかったということですから、私一人が落ち込めばいいわけではなく、師たちに申し訳ないなと。
隠すことなく伝えてくれていたのに、ですよ。
情けない弟子ですわ。

本題のパワーポジションは、タスキの種類と身体の全身性を違った視点から身体を観せてくれています。
これに関してはまだまだ積み重ねていかないと観えてこないことばかりですが、カイロプラクターの凄さを改めて実感しているのと、私ののびしろはまだまだあるようです。

なんかいつも以上に書いてて纏まりのない読みにくい内容なのは、まだ私の中でとっ散らかってるってことです。
いつかちゃんと言葉にできればと思いますが、12月2日(土)の関西ヒモトレ特別講座でその一部でも紹介できたらなと思ってます。
期待せずお待ちください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-16 07:34

解釈はそれぞれやけど、その本質は丁寧に

おはようございます。
11月15日(水)、晴れ。
a0124276_08093277.jpg

a0124276_08093497.jpg

a0124276_08093632.jpg

昨日はチバニアンの知識を新聞から得てしめしめと思いきや、角界で横綱日馬富士関の暴行により貴ノ岩関が入院していたと知りました。
元貴乃花親方が被害届を提出し捜査を警察に委ねたとのこと。
国技とされる相撲で最高位の横綱の暴行ニュース、チバニアンという決定前ではありますが地球規模の地学ニュース。
視聴率が取れれば何でもいいというメディアの報道の仕方が今日もわかりますね。

さて一方、広島の民放ではバランスからだ塾の安田塾長がヒモトレを紹介されたとのこと。
テレビ局側が誤解があってはならないと、撮影前にも細かく打ち合わせ、撮影後にも連絡をして漏れがないように編集を進めてくださったと、Facebookで投稿されておられました。

ヒモトレはそれぞれの解釈でどうとでも受け取れてしまう。
だから、ある種の意図をもって切り取ると簡単に誤解を生むし、都合解釈で利用されてしまう。
それは考案された小関勲バランストレーナーの、ヒモトレの原点からは大きくかけ離れてしまう。
私も講座をするときや施術で伝えるときには、かなり気を付けています。
でもね、それってどんなことにも云えることですよね。

施術のメソッドといわれるものでメディア露出しているモノは、都合解釈で利用され、その本意は全然伝わらないモノになってしまっています。
考案された方々はどう思っているんでしょうね。
苦しんでいるひとがよくなればという思いだけやったと思うんですけど。

ってことで、今日はこの写真。
a0124276_08093706.jpg

写真左→施術前
写真右→施術前、ヒモトレ袈裟巻き?のみ

野球でピッチャー(右投右打)やってる中学生。
症状は腰と右肩関節の痛み。
これ巻いただけで、右肩関節の痛みはほぼなくなり、腰のだるさも軽減。

この巻き方をした人はご存知やと思うんですけどね。
左右非対称に巻くということは、運動時に適しているかどうかということ。
最初はいいんやけど時間が経つと…というのが私の印象。
というのも、運動にしろ日常生活にしろ、左右対称な動きというのはほぼないですよ。
日常生活動作の負荷は小さいが常にあります。
運動時の負荷は大きいですが運動時のみ。
どちらに軸を置くかというのはあると思いますが、私は欲張りなんで両者ともに負荷があっても症状のない、少ない身体を目指しています。
なので、日常生活と運動時とで巻き方を変える提案をしています。

写真の彼の場合、日常でこの巻き方、運動時はへそヒモかなと。
実際、施術後にヒモトレ外したら若干写真左に近づいてしまいましたからね。
私の腕がヒモに及んでいないというのもありますので、巻いておいてね、と。

彼の主体性を奪わないように、そして本来の身体で運動してもらえるようにヒモトレを取り入れてもらう。

ヒモトレをして緩和する症状は、正直いって施術する必要はないです。
本当に腰や肩関節に炎症や障害があったら、ヒモ巻いただけで症状取れませんからね。
昨日投稿した頚の痛みと骨盤の位置の彼もそうです。
寝違えとして頚の施術をするのか?という話。
何が正解かはわかんないですけどね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-15 07:23

頚の症状の根源が骨盤の位置?

おはようございます。
11月14日(火)、雨。
77万年前~がチバニアンという地球史に新たな名称が加わるかもしれないと、ネットニュースで盛り上がってましたが、学がない私にはちんぷんかんぷん。
とある地層が千葉から見つかったからだとか。
不勉強のツケはこういうところでわかりますね。
この気持ちも雨と一緒に流れんもんかな…
a0124276_08284346.jpg

a0124276_08284522.jpg

a0124276_08284773.jpg

新聞買ってこよ。

さて…と、これで4度目。
今日は書いては消し、書いては消しの繰り返し。
言葉が出てこない。

昨日久し振りに来た青年のお話。
主訴は頭を左右に向けたときの頚の痛み。
そうですね、車でバックしようと後方確認するのが辛い。

はい、ここでもうどこが施術箇所かわかるんですが、どこかわかります?
車のシートの形状と姿勢ですね。
毎日となるとその瞬間は些細なことでも、毎日となると大きな負担となる。

私が確認したのはまず、骨盤の位置。
それを手で補助して立てた状態で頭を動かしてもらって頚の症状を確認。
ナッシング~
って、これで施術が終わり…なわけないですよね。
常々申しておりますが、骨盤が立てられる姿勢ができれば問題がないのだとしても、それをし続けるのには慣れが必要。
慣れるまでは骨盤が後ろに傾いてしまうから、その状態でも症状がない身体の幅を得てもらう。
それが結果的に骨盤を立てた姿勢だったとしても。
他者の介入なく、自己でできる方法、身体運用、姿勢。

で私がやったのは、草鞋巻きとへそヒモ巻いて、ココロのバランスボードに乗ってパワーポジションを取らせてヒットマッサーでオシリをスラッキング。
この姿勢が全然取れなかったので、追加でうつ伏せになってもらって、背中を賦活するように動いてもらいながら、背中をスラッキング。
再度、ココロのバランスボードでパワーポジションしてスラッキング。

骨盤の位置に関係なく、頚の症状は消えました。
10分ほどのことです。
根源がどこにあるか。
私はネガティブなので消去法でひとつずつ確認していく。
今回の青年は、小学生の時から知っているので日常の姿勢を知っているというのがあっての根源アプローチですからね。
他の人で同じようにはいかないですけどね。
しかしまぁ、頚に症状があって頚をいきなり直接触ることは東洋医学でもしませんしね。

身体全体を観ること。

これをすれば症状の根源がどこにあるかがわかってきますね。
まだまだですが、当たり前、普通を出し続けるコトができれば、ランクアップしているかと。
それは施術者も患者もお互いにね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-14 07:14

「今」振り返る

おはようございます。
11月13日(月)、冷えますなぁ。
雲が少ないので放射冷却で冷え込むけど、朝陽は綺麗なんですよね。
って、見てませんけどね。
知ってる理由は、おはようパーソナリティー道上洋三ですを聴いてたからです。
a0124276_08094149.jpg

a0124276_08094298.jpg

a0124276_08094479.jpg

朝の30~40分ほど寝床で聴くラヂオ。
今はradikoですけどね。

さて、昨日はちょっと遅れて師匠の毎月の勉強会に行ってきました。
先日の境界なきアスリートサポートで講師をさせていただいた報告と、12月の院外活動の日程を決めに。
ということで、12月16日(土)は、9時、10時の2枠の予約受付にさせていただきます。
11時半には閉めて大阪の福島にあるABCホールへ向かいます。
今年も【 N-Trance Fish 20th Exhibition その翼、制御不能 】がありますので、楽屋Treatmentへ行ってきます。
私にとっては、ある意味ここから始まった切っ掛けと意識があるので、ご迷惑をお掛け致しますがご容赦ください。
a0124276_08094513.jpg

a0124276_08094760.jpg

まぁ、ぶっちゃけどこを切り出してもそこから始まっているんですけどね。
すべては地続きであり切っ掛けの連続。
「今」から振り返ったとき、そして「今」を見つめるとね、たった数時間のことなんですけど経験させてもらうことは私の内観にも繋がることなんです。
私の中に何が「ある」のか。
限られた空間、時間、道具…
この限られた中でこそ発揮される自由。
自分でも驚く視点に気づくことが多い。
基本楽屋の隅っこでポツンといるだけなんですけどね。
それだけでもいろんなコトが観えてくるんです。
おもろいですよ。
治療所のなかでも面白いんですけどね、選択肢が多いから逆に迷うことがある。
選択肢が限られると、ある種追い詰められると気づいていなかった選択肢の深化を感じる。
そしてこれが治療所に戻ったときにまた違った視界にも気づける。

って、ギブアンドテイクみたいな報酬ありきみたいですけどね。
これ、気づくのに結構時間が経ってるんですよ。
「今」改めて振り返っての言葉でもありますから。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-13 07:29

読むに値しない一人言

おはようございます。
11月12日(日)、冷えますね。
昨日より冷たい朝です。
a0124276_07070440.jpg

a0124276_07070665.jpg

a0124276_07070814.jpg

外出するときは暖かい格好でというよりは、風を通さないアウターとゆったりと着れるインナーを重ねて着ましょ。

さて、今日は保育園の登山隊でBBQなんですが、私は今年も12月の院外活動の日程を師匠と相談しに梅田へ。
ついでに師匠の勉強会も聴講してきます。
なんだかんだ今年の日曜日は公私ともに外出ばかりです。
あんまり家にいなかったんじゃないかな。
5年前にRenさんが生まれた年が最後かなって思ってましたけど。
どうなるかなんてわかんないもんですね。
将来にたいして明確な目標や夢がなくても、こうして日々楽しく過ごせるわけですよ。

なんとなく生きんな!

って、師匠によく云われましたけどね。
その瞬間瞬間はなんとなくというのはなくなりましたが、大きく捉えると「なんとなく」がしっくりくるようです。

って、こんな風に書くとね、私を知っている方々は総突っ込みですよ。
「なんとなく?あれで?ツジが?嘘や!ないない。ありえへん。」って感じで。
いやいやいや、これでも以前に比べたらボヤけた方ですよ。
目標に囚われて苦しんだんでね、なんとなくにシフトしたんですよ。
だいぶんと力抜けましたよ、お陰様で。
力抜けたらちょっと体重も増えましたけど。

目標設定を明確にして口に出した方がいい、ってのはわかります。
それで達成している人を知っていますから。
それはそれ、これはこれ。
私は目標を設定しすぎるとガチガチになってしんどい。
ほんまの臨機応変にはなってないんでしょうけどね。
それでも師匠のお父さんから云われた「ツジくん、臨機応変にいかなあかんで」の一言から私にも臨機応変が少しずつ体現できるようになったんですよ。
(この一言には前後の話があるので、それはまた施術の時や飲み会で)

まだまだ、足りないところを挙げればキリはありません。
ですが、足りないところを他者に委ねることができれば、それでいいんじゃないですか?
できないことをやり続けるのもいいかもしれませんが、出来ることから、できることをきっちりやりきることを続ける方が苦しくないですよ。
Twitterかな?先日読んだ記事ですが、「自立とはどれだけ依存ができるか」とのこと。
たしかにそうですよ。
結婚も自分にないものがパートナーにあって、パートナーにないものが自分にあって、両者にもないものを身内や近所で補いあう。
みんなができるものばかりやと、拘りがあってぶつかりやすい。
あるものをやりきることと、ないものは他者に依存する。
(また内田樹先生の「困難な結婚」にあった言葉をアレンジしている)
これもひとつの生存戦略かな。
しかも社会としての。
己のためであり、己一人のためだけではない生き方。
それを私は「なんとなく」と名付けてる。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-12 06:26

衣服や靴の触覚鈍麻

おはようございます。
11月11日(土)、ポッキーの日?チンアナゴの日?
a0124276_08334421.jpg

a0124276_08334603.jpg

a0124276_08334898.jpg

毎日何かの日なんですね。
しかも、幾つもある。
記念なのか商業販促のためなのか。
記念という感じが薄らいでいるような感じですね。
私にとったら毎日が誕生日で毎日が命日という感覚です。
日本だけでなく世界で。
でも、手の届く範囲のことしかできないんですけどね。
おはよう、おやすみ、いただきます、ごちそうさま。
この言葉に気持ちをのせて。

さて、昨日の保育参観は昨年のイベントのような感じではなく、普段どんな感じで散歩して公園で遊んでいるかというのに親が混ざった感じ。
こんなんやってたな~、っていう遊び方をしてますね。
氷鬼の要領でバナナ鬼というのをやってるんですけど、タッチされそうになったら「透明の術」とか言うてタッチをされない卑怯技を出すとかね。
タッチの手を動きで掻い潜れよ!って突っ込んでしまいましたが、動ける子、動けない子と考えると工夫のある遊びやなと改めて子供の発想に関心、感心。

そんな中、転がしドッチが流行ってきているようで、巻き込まれてやってきました。
此方では考えさせられることがあったんですよね。
ボールが当たっても当たってないと主張する子がいる。
負けたくない、勝ちたい、長く遊びたい、等など心理的な要素と思う反面、身体の延長線である服や靴に触覚がない。
周りが見ていると明らかなんですよね、ボールの軌道が変わってるから。
でも本人は靴にまで触覚が付帯伸長化してないから当たった感覚がない。
ボールを避けることに必死で感覚が鈍麻していることも考えられます。
一度に多角的な感覚を鋭敏というのは難しいですが、これはなんでなんか。

裸足で遊んでない

これかなと。
同じ遊びを裸足でやることで当たった感覚を経験させる。
それから靴を履くと付帯伸長化しやすいんじゃないかと。
というのも、食事にしても絵を描くにしても、最初は素手なんですよね。
素手で豆腐が掴めるようになると道具を介しても繊細に扱えるようになる。
素手で絵具を触ることで質感(粘度、硬軟、弾力、など)を覚える。
ペンキ塗り立ての物に気づかずに触れそうになるかならないかのときに気づいて回避できる。

鬼ごっこでタッチされたされてない、と揉めるのはだいたい服にタッチした鬼と身体に触られていない逃げる子の違い。
あのね、服は人工的な皮膚なわけですよ。
だからタッチされてないと訴えるのは複雑な気持ち。
たまにね、服にすら触れていないのにタッチしたというのもあります。
こればっかりは気持ちが空気に付帯伸長化したんじゃないかと思う。
それだけ遊びに熱中しているということなんでしょうけどね。
悔しくて泣く子もいれば、困り顔の子もいるし、関係なく笑ってる子もいるし。
喜怒哀楽がそのまま出せる環境はいいですね。

服の触覚がないというのは子供よりも大人の方が酷いですよ。
特にこれからの寒い時季の電車。
上着の裾が隣の人の足に乗っかってたり、隣の人の裾を踏んでたり。
そういうことに気づかない人が多いこと。
そのくせ、自分のを踏まれたらめっちゃ睨んでくる。
踏まれたくなかったら脱ぐか裾をきちんと整えるとかしておけばいいのにね。
特におっさんのコートやジャケット。
前はだけたまま座って裾が隣の人が座るところに広がっている。
ボタン留めて裾しまえ!ボタン留めて苦しいんやったらせめて裾をしまえ!といつも思う。
公共交通機関に自分だけが快適に過ごそうなんて思うなかれ。
みんながちょっとずつ我慢と快適を同居させれば、総じて快適な公共空間が生まれるんやから。
たのんますよ、大人の皆さん。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-11 07:46

好きと嫌いと苦手な気持ち

おはようございます。
11月10日(金)、本日は保育参観のため13時より開けます。
電話は出れますが、メッセージアプリやメールでの連絡は返信が終了後になりますのでご注意ください。
a0124276_08053639.jpg

a0124276_08053890.jpg

a0124276_08053966.jpg

にしても外が冷えますね。
保育参観、外なんですよね。
一緒に公園で遊ぶんだそうです。
去年もやった記憶がありますね。
身体が温まりやすく冷めにくい服装と身体運用。
先ずはヒモトレやな。

さて、読みたい本と読まなければならない本が最近全然読めていない。
気分が乗らないのに読むとほんまに嫌になってしまうから、ちょっと休憩中。

そういえば、どんなに好きなことでも嫌いになることがあるって聞いたことがあります。
でも好きなときの気持ちが強いから、嫌いと受け入れてしまうのが怖い。
離れてはならないとなって苦しんでいる、どうしたらええ?って言う話やったかな。
対人に関しては惚れた冷めたで、その人の知らない部分を知って嫌になることが多いと思いますが、それもおかしいもんですよ。
その人のことを私は知っていると言う思い込みが生むエゴです。
だいたい冷静に考えればわかることですよね。
♪育ってきた環境がち~がう~から~♪
その人のことを一生かけて知っていくことですからね、人付き合いは。
しかも、一生かけてもその人のことを全部知ることと言うのはないんじゃないかな。
呼吸が合う、阿吽の呼吸と言うのはあっても、それがイコールでその人のことを知っていると言うのではないですし。
友達にも片思いがあるってのも考えていた私に、内田樹先生の「困難な結婚」(アルテスパブリッシング)という本にこういうことが書かれていてニヤけたのを思い出しますね。

で、好きなことが嫌いになりたくないんならその場から離れればいいんです。
本当に好きならまた戻ってくるやろうし。
もし戻らんかってもそれは好きの度合いが低いとかたいして好きではなかったんではなく、未知な部分に惹かれる部分があるということですよね。
知っていく過程で未知な部分が減ってくる。
魅力半減というか慣れというか。
そんな感じで興味が削がれていくような感覚が、もしかすると嫌いと言う感覚に置き換わっていくのかもしれませんね。

好きだからこそ離れる…って、恋愛小説を読んでいるようですね。
でもまぁ、それもありなんです。
好きな気持ちを大切にしたいって気持ちも大切ですから。

私が本を読むのが嫌いになりそうなんじゃないですよ。
元々苦手なだけ。
本を読むのが嫌いやったんは、現代国語のテスト用の授業が嫌いやっただけですからね。
そこから離れて小説の面白さを弟子時代に患者さんに勧められた一冊の本から今の本棚に繋がっておりますからね。
苦手やけど好きなんです。
(この感覚ってスポーツファンやサポーターみたい)

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-10 07:28