打撲は連絡してね

おはようございます。
1月24日(水)、来ましたよ寒波。
a0124276_07591689.jpg

a0124276_07591853.jpg

a0124276_07591925.jpg

a0124276_07592127.jpg

日本海側だけでなく太平洋側も雪が降るとのこと。
路面凍結には十分にお気をつけくださいね。
私が好きな水曜どうでしょうのタイトル文字を書いておられる北海道のBgBeeさんが歩くときの注意喚起をされていましたので転載。
a0124276_07592271.jpg

靴裏に雪がついたまま駅構内やタイル床に行かないように!とのことです。
雨でも滑りやすいところは要注意ですよ。

ほんとに、転けたときはご連絡ください。
出来れば来院お願いします。
痩けてぶつけた、打撲したところというのは触れると痛いというのがあり、わかりやすい。
このわかりやすさが落とし穴で、痛みの記憶として残りやすいです。
ということは、身体はそのときに防御反応で緊張した感じも残っていることが多いです。
それが症状が長引くひとつの理由。
そしてもうひとつは、打撲の衝撃が残っていることによる緊張が解けない。

この打撲の衝撃が抜けるのは打撲箇所とは違い、日にち薬とはいきません。
ここにヒモトレが有効というのもありますね。
埼玉の浜島先生の患者さんで交通事故で恥骨骨折した方にへそヒモ&タスキやったかな。
それだけで歩き方がスムーズになったという症例があります。

「痛い」のと「痛いかも」の違いです。
身体は動けるのに頭ん中が「痛いかも…やっぱり痛い…痛いやん」というのがあると、身体はバランスを失う。
かといって「これは痛くない!」という思い込みは身体の「痛いから動かさんといてくれ」というサインを見て見ぬふりしてあとあと余計に痛い目に遭うことがあります。

ヒモトレをして痛かったところが痛くないというのは、本当の痛みではない可能性が高いですね。
身体の痛みというより、頭ん中の痛み。
感覚中枢の症状。
それは原因と結果が一致しない症状ですね。
なので、その症状が「え?何でそんなことで消えたの?」と、症状のある場所以外を触られて緩和したときですね。

打撲した場所の症状、痛みは末梢感覚。
なので、直接的なアプローチをしますね。
アイシングや温熱刺激、テーピングや湿布。
悲しいかな湿布では内出血は取れません。

この内出血が浅いところにあると、日にち薬と少しの刺激で緩和しやすくなります。
が、深い場所の内出血と打撲時の衝撃が波及した場所は、自覚がしにくい分、日に日に身体が悲鳴を上げだします。
尻餅ついたあとに首を寝違えたりね。

打撲のあとを見つけたり、転けたと聞いたときは、そのときの姿勢を出来るだけ思い出してもらいます。
そうすることでどこに衝撃が波及されたか、残っているかを確認してアプローチできるからです。
二次的、三次的な症状の予防ができますから。

転ける、ぶつける、ぶつけられた、という時に出来るだけ連絡してくださいというのはこういうことがあるからです。
長々と読みにくいですが、記憶の片隅に置いていただければと思います。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-01-24 07:10

スターウォーズも師匠?

おはようございます。
1月23日(火)、雪によって公共交通網が混乱してはいないようですね。
ただ、車やバイクの方、転倒や追突にご注意ください。
京都市下京区は積雪なし。
路面凍結もなさそうですが、外出の際はお気をつけください。
特にタイルの道。
a0124276_07322325.jpg

a0124276_07322594.jpg

a0124276_07322686.jpg



さて、先日ようやく「スターウォーズ 最後のジェダイ」観てきましたが、楽しませていただきました。
a0124276_07322812.jpg

スターウォーズはテンポがいい。
シーン転換にリズムがあって観やすい。
なので今作は、あのクライマックスであろうあの対決シーンだけリズムが違うので前のめりで観ていましたから、あの事実に気づいたときはお手上げ。
感心、感嘆しかなかった。
ラストとなるエピソード9への布石もあったので、早く観たいです。

あ、ルークさんのウィンクがかっこよすぎ。
そしてやっぱりあのマスターの言葉「失敗こそが師匠」は全身の力が抜けました。
師匠は弟子に失敗談を多く語ってくれるし、失敗しても見守ってくれる。
師匠にも師匠がいる。
それは有史以来続いていることなんですよね。

スターウォーズを観ると「生老病死」を思い出します。
生きることも苦しみだと。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-01-23 07:11

昨日を学び多い日となりました

おはようございます。
1月22日(月)、今週は今季らしい1週間となりそうです。
関東は雪の影響で交通網が混乱する可能性があるとのこと。
早め早めの行動ですね。
a0124276_07585802.jpg

a0124276_07590001.jpg

a0124276_07590162.jpg


さて、昨日はヒモトレで出会った布袋裕彦さん主催の布袋卓球アカデミーで高橋佳三さんが古武術身体操法をされるということで滋賀県に行ってきました。
「布袋卓球アカデミー」ホームページ

実は数年前、骨ストレッチの講習会でその場をご一緒させていただいていたんですが、ご挨拶できぬまま、著書やTwitterで一方的にお会いした気分になっておりました。
その後、ヒモトレで布袋さんと出会い、高橋さんと親交があるということでさらに色々なお話を聞かせていただいておりましたから、いつかは…というタイミングに昨日を迎えた次第です。

初めて高橋さんからの古武術身体操法を見せていただきましたが、布袋さんのお話の通り伝わりやすい。
見せ方、話し方、そして質問に対するアクション。
学ぶところがたっぷり。
そして何より、施術の基本、塩ちゃんの言葉を借りると「デッドポイント」が一緒のところがありました。
というより昨日の話は全部そうでした。

丹田、肩甲骨~肘~手、股関節~坐骨、膝を抜く。

武術、武道の端っこに少し触れ影響を受けた私にはもったいないほど濃い内容でした。
施術の中に組み込んでいけるし、どう伝えるか。
その一点。
そのためにはまず私がそれができないと。
何歳になっても学ぶチャンスがある世の中、有り難いです。

昨日は午前でお暇させていただきましたが、ようやく高橋さんにご挨拶できました。
今度は高橋さん主催の京滋身体操法研究会に参加します。
まだいつ行けるかわかんないですけど。

布袋さん、奥様、高橋さん、お世話になり有難う御座いました。
今後とも宜しくお願い致します。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-01-22 07:18

昨日の加筆修正です

おはようございます。
1月21日(日)、少しずつ明けていく空を見ながら銭湯へ。
朝からほっこりしてきました。
a0124276_08181373.jpg

a0124276_08181414.jpg

a0124276_08181655.jpg

銭湯が次々と減っていくなか、梅湯の主人は2軒目を!と考えているようです。
毎日は難しいですが、こうして朝風呂に入ることで応援できたらなと。
息子と一緒に通いますよ~
なくなって困る文化のひとつですからね。

さて、昨日の投稿で「ツルベの動き」ってのを書いたんですが、一部加筆修正させてください。

まずは修正。
===================
何でこんなことをいうか。
伸ばすというのは、その側を緩めると同時に縮めないとできないし、何かをしようとし過ぎると折角の運動が痛めることになりまっせ、ということです。

縮めるためには反対側がちゃんと緩んでくれないと出来ないし、伸ばそうとするためにはちゃんと緩まんとあかんし、縮まんとあかんし、なんですよ。
===================

ちょっとした違いなんですけどね、すごく重要。
同じ動作に内包されている身体の作用は…というより、筋の作用は【収縮】と【弛緩】しかないんです。
【伸展】は作用ではなく動作の名称です。

これをなぜ折に触れ繰り返し書くかというと、筋を「伸ばせ」という命令をすると、筋は「防御反応を起こしやすくなる」からです。
突っ張る感じってあるでしょ?
あれがね、もうそれ以上(無理矢理)伸ばさんといてくれ!という身体のサイン。

で、これを無理矢理伸ばし続けると伸びたパンツのゴムになって、次に収縮しようとするとタイムロスができて動作が遅れてしまう。
もしくは、伸ばしていた側が痙攣の一種でいわゆる「つった」ってなるし、人によっては逆の縮めている側が「つる」こともある。

ふくらはぎがよく「つる」人の脛側がめちゃくちゃ硬い、弾力がない、皮膚に潤いがない、ということが多いです。
なので、両方アプローチします。
これは加瀬建造D.C.の考案した筋・筋膜スラッキングを知っている人は当たり前ですよね。
ってことは、キネシオテーピングを学んだ人はもれなく知ってるはずなんですが…違うんかな、今は。

ってことでね、前後、左右、上下、というのは身体を観る上で重要なチェック項目ですが、その境目をなくしていくことが、身体はひとつということを感じて日常や運動をしてもらえたらとアプローチしてます。
全体の中の部分、部分の集合した全体。
常に同時進行です。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

あ、来週のヒモトレ・ワークショップなんですが、まだまだ募集中です。
是非この機会に、ヒモトレに触れてみませんか?
痒いところにてが届くように、ヒモトレから身体を捉えてみましょう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2018年・ヒモトレワークショップのお知らせ
お申し込み受付中です。

2018年1月28日(日)
11時半〜13時
多目的スペース「ここから」
定員8名→残7名
詳細リンク【1月28日】
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-01-21 08:17

ツルベの動き

おはようございます。
1月20日(土)、昨日より冷たい朝です。
a0124276_08422977.jpg

a0124276_08423183.jpg

a0124276_08423244.jpg

まるき製パン所に自転車で行きましたが、冷たかったです。
靴もビーサンもさほど変わりがないかな?という感じ。
慣れてしまってるんでしょうね。
靴履いてても足先冷えますから、剥き出しでも一緒です。
ってのは、小学生の間に裸足の生活やったからでしょうね。
昨年、その小学校の前を通ったときに足洗い場がなくなってたので、裸足の生活は終わったんか?と残念な気持ちに。
やっててほしいなぁ。
あ、授業中に霜焼けが痒くて集中できなかったのもいい思い出やな。

最近は誤字脱字が酷くて申し訳ありません。
読みにくいでしょ?
単純に確認不足です。

さて、ツルベの動きを最初に知ったのは、確か少年サンデーで連載されていたサッカー漫画「俺たちのフィールド」だったと記憶してます。
右のサイドバックが上がれば左のサイドバックが下がるっていう内容やったんじゃないかな。
それで初めて「ツルベ」ってなんや?って調べたんですよね。

で、そのツルベの動きは身体の動きにも云えることを、この業界に入り気づいたんです。
だからなんでしょうね。
どちらか一方のことしか云わないことに苛立ったり(それは自分に対してもです)、こっちの話はせんのか?と疑問に感じたり。
同時に話してくれる先生は少ない印象でした。
最近は増えましたし、そういう先生のところに足を運ぶようになったかな。
どっちがいいとかではない、どっちもあってのこっち、という語りが思考も視界も広げてくれるなと。
師匠やゼロバランス協会会長は常に両方の説明をしてくれていたので、外部の勉強会や講習会に行かなくてよかったというのもありますけどね。

陰陽、強弱、過不足、大小、収縮と弛緩などなど。
どちらかだけではなく、両者が共存することで成立している身体。
a0124276_08423406.jpg

たとえばこの動作ですね。
上半身を右に傾ける(側屈)。
これは【右側を縮める】と同時に【左側を緩める】ことで成立する。

なのに、「左側をしっかり伸ばして」という指導が多い。
ですが筋肉的には「右側縮めながら左側はリラックス」なんですよね。
でも本来はこの言葉ですら必要ないです。
ただ身体を右側に傾ける、倒す、でいいんです。
あれこれ考えずにする方が、身体は防御反応を起こさず動作を行うし、防御反応を感受してこれ以上は動かさない…となります。

何でこんなことをいうか。
伸ばすというのは同時に縮めないとできないし、何かをしようとし過ぎると折角の運動が痛めることになりまっせ、ということです。

縮めるためには反対側がちゃんと緩んでくれないと出来ないし、伸ばそうとするためにはちゃんと縮まないと出来ない。
ただこの写真の動作で軽く膝を曲げるとですね、右側の縮める作業はそんなに必要なくなる。
そんなことは、まぁヒモトレ講座でやってますんで、ご参加いただければと思います。
言語化出来てないので。

収縮と弛緩というツルベの動きですが、身体は前後、左右、上下、というのはありません。
言葉として分けていますが、身体の動きは常に全身運動です。
なので、右側に傾けるこの動作、お腹側、背中側、腕、足、頭、などなども同時に働いてますしリラックスしてます。

昨日も足を上げるのが怠いという女性が、肩甲骨の動きをヒモトレ&スラッキングで賦活したら「え?この足誰の?」というほど軽くなった。
前後と上下の関係ですね。
ほんとは左右も入ってますが、あえて言葉で分けてみましたが、その症状が本当はどこからやって来ているのか。
膝の症状の9割以上が膝に原因がないという理由、こんな感じです。

これ以上は収拾つかなくなるのでここで終わります。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-01-20 08:18

間隔くて感覚追い付かない?

おはようございます。
1月19日(金)、暖かい?寒い?微妙な感覚。
a0124276_08060071.jpg

a0124276_08060248.jpg

a0124276_08060394.jpg

2017年の平均気温は観測史上2番目の高温を記録したとのこと。
では過去最高は?と思ったら、2016年。
やっぱり。
暑い暑いといってましたが、2016年よりは朝晩の気温が穏やかで過ごしやすいと感じていた私にとっては納得。
日中の気温は変わらず、最低気温が下がったんじゃないかと感じてたので一安心。
さて今年は…すでに気温が高め。
滋賀県にしっかり雪が降ってくれていれば、琵琶湖や疎水、鴨川は安定するんですけどね。
今年も昨年のように継続した寒さが少ない。
私の感覚では、昨年より寒い、暖かいの間隔が短いように感じてます。
昨年が5日~1週間単位なら、今年は3~5日単位。
年々…身体と自然の距離が離れていっているんじゃなかな。
寒いと身体が震えて熱を産もうと動き出すけど、暖房器具が発達したから震えても動かずして身体が温もる。
これはこれでええ世の中です。
そのお陰で救える命が増えた。
しかし同時に、健康以前の身体が失われているような気がする。

昨日は暖かくて裸足でビーサン。
周りからは2度見ですよね。
我が子も裸足で靴。

要は使いどころですね。
寒いときの格好、暑いときの格好、を反対の時にしすぎなければいいんですよね。
寒いときは寒いときの、暖かいときは暖かいときの、暑いときは暑いときの。
着込みすぎず、脱ぎすぎず。
これまたええ塩梅を探していかんとあきませんね。

さて、施術の最初にヒモトレして動かしてもらいながらスラッキングしてますが、上半身と下半身の要は相変わらず面白い変化を魅せてくれますね。
といっても、私の勉強会に参加した方や一緒に呑んだ方の中には、上半身と下半身の捉え方をお伝えしたんですよね。
細かく間でしたかどうかは状況によって違うかもしれませんが。
ごくごくあり触れた考え方ですし、特別とは思ってません。
他の先生の勉強会や講座の時に解りやすくなったな~って感じ。
上半身と下半身をあえて分けるならどこか?という話をすると、教科書通りの答えが多いんですけどね。
先日は塩ちゃんがズバリ!だったのでちょっとした感動と興奮を覚えましたね。

これがすべてとは思ってませんが、ここから考え始めたお陰でヒモトレのへそヒモも「なるほど!」ってなりましたからね。
塩ちゃんの感覚スイッチの話も。

ブログで書くことはないです。
SNSでも書かないです。
勉強会や講座の時、あとは呑んでるときですね。
何せこの話、pは、話し出すといろんな人の捉え方が入ってきて広がりすぎるので。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-01-19 07:23

ごちゃごちゃしてしまった

おはようございます。
1月18日(木)、夜中暑くて目覚めてしまいました。
a0124276_08154380.jpg

a0124276_08154481.jpg

a0124276_08154633.jpg

今朝は湿気たっぷり。
路面凍結はなさそうですが、地面の濡れているところを歩くときはご注意を。

先日の東京遠征の帰りに読み始めたこの本。
a0124276_08154774.jpg

玄光社刊【タラブックス】の特装版を読了。

インドの小さな出版社であるタラブックスがどのように始まり、どのように本を作り、どのように働き、どのように過ごしているか。
タラブックスというひとつの命がどう生きているかというのを深く感じる1冊です。
少し前の日本のようにも感じる。

そうそう、私は特装版なのでこの1冊が出来るまでを矢萩多聞さんが記した珍道中も付いてきますので、これがまた面白い。
多聞さんからこの本が出る前の話、構想があると聞いたときからワクワクしてましたが、一気に読みたくない、じっくり読みたい1冊です。
そしてじっくり、この特装版の手触りをも味わいながら読んでいました。

この本の中にはタラブックスで働く人たちの言葉が溢れています。
そしてタラブックスを愛する人の言葉にも溢れています。
ただ本をどう作るかという本ではない。
働くとは、稼ぐとは、家族とは、生きるとは、ということを問い直す1冊にもなっている。

代表のV.ギータ氏(V)とギータ・ウォルフ氏(G)がこう話している。
(本文171~172項より引用)
(V)トライバル・アーティストでも、ある人たちは実験的なことに対して乗り気ですが、そうでない人たちもいます。そうだとしても、その人のアートワークが好きならば、そこでどうするべきかを考える必要があります。
(G)彼らがどうするかは、それほど重要ではなくて、私たちがまとめあげてコンセプトを考える。彼らに変わったことをしてもらう必要はなくて、ふだんどおりにできるやり方を考えるんです。たとえばただ一緒に時間を過ごして座って話し合うとか。アーティストにせよ書き手にせよ、私たちになにができるかを考える。彼らの才能と私たちのアイディアを添わせるんです。

このあとV・ギータ氏が「そのアートごとにベストな方法はなんだろうと考える」と仰っています。

そうなんです。
これ、保育や療育、障害者施設で働く人たちにも云えること。
というより、子供と大人の社会の原型じゃないかなと。
何より相手の話を、聴く。
現地に足を何度も運び、トライバル・アーティストや神話の話し手、書き手の話を聴く。

聴くことは待つことも含まれてるんじゃないかと最近思う。
少し前なら電話ですらすれ違いになっていたのが、最近は返事が十秒来ない程度で不安になる。
待てなくなっている。
待てないということは話がちゃんと入ってきていない。
これは経験あるでしょ?
時間をなくすことはできないが、明日でもいいことは明日に回し、今を待つ、聴くことができればもっと豊かに過ごせるんじゃないかな?とおもうし、タラブックスを通じてさらにそう思った。

本当のオーダーメイドは、その人が少し冒険できるようにして新しい自分に気づかせるそうですよ。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-01-18 07:23