姿勢の良し悪しと症状

おはようございます。
6月10日(土)、今日も天気はもちそうですね。
a0124276_08043335.jpg

a0124276_08043541.jpg

a0124276_08043778.jpg

明日はどうなるか。
外で遊べるかな?
Renさんのリクエストがあるので、晴れてくれると助かるんですけどね。
ま、雨でも何とかします。

さて、昨日はつらつらと、こんなことをTwitterで書いてました。

姿勢が悪いから症状が出るのではない。
症状が出た結果、姿勢という誰からみてもわかる違いに目がいくから。
そしてそこに居着いてしまう。
姿勢が悪いから症状が出るのなら、私はかなり辛い身体でなければならない。
なのに然程、症状もなく過ごしているのか。
それはね、長時間同じことをしないだけ。
細かいレベルで動き続けている。
見方を変えると落ち着きがないように見えてしまう。
他者に気付かれず動き続けていく。
それは内臓も含めて。
呼吸なんかは最近のメディアを見ていると顕著ですね。
これもひとつの動き続けること。
まぁでも、意識して呼吸すると逆に窮屈になるのもまた事実。
なので、北村昌陽さんの「スゴイカラダ」にもあるが、胃が最も働く瞬間は空腹時。
これも動き続けることのひとつであり、食事のタイミングを操作すれば簡単にできる運動である。
身体は全て反射で動くが、その反射を生かせば、見える範囲だけが動きではないと気付ける。
ただ立つだけ、瞑想や坐禅もそう。
実は動き続けているということで、心身のバランスが穏やかにも激しくもなり、見た目にも静かでじっとしているように見える。
ヒトの身体は未だによくわからない。
が、わからないから放っておくのではなく、わからないなりに動いてみる。
じっとしててわかることと、動いてわかること、どちらも動いているからこそわかることだと思う。
思考を止めず、でも考えすぎず、身体が感じることに向き合う。
とりあえず、身体はひとつしかないのでね。

私も姿勢と歪みは散々眼を奪われてきましたし、今もなお奪われています。
ですが、そこに注目することを一旦やめることができるようになりました。
元々、姿勢と歪みを中心に据えてTreatmentすると見栄えはよくなるけど、症状の有無は変わらない、寧ろ悪化するということが度々あったんです。
姿勢や歪みを意識して正すというのは、やはり無理がある「動作」「行為」なんでしょうね。
だから疲れが出やすく長持ちしない。
自分の中の不自然が自然となったいわゆる悪い姿勢と、自然ないい姿勢が不自然になってしまった現在。

師匠が「腰の曲がったおばあさん(直角婆さんって名付けてたなぁ)が坂登ると、顔が地面に着きそうや」と。
実はこの話が私の中でずっと残っているのが「このおばあさん、どっか痛いとこあるんかな」です。
この疑問が私の中にずっとあり、思い出しては考える。

症状の有無がなければ、【歪むことで生活しやすいのであればそれは今にとって「いい姿勢」】ではないかと。
田植えや畑をされている方に多い直角ばあさんじいさん。
それはその姿勢が仕事する、生活する上で最も長い時間なんでしょうね。
身体がそれに適応した状態。
ただしその適応した身体では、その他の生活動作や行為をするのに不便になってしまう。
となると、西洋の暮らしに比べて日本の生活様式がすべてにおいて低い理由は、身長ではなくそういう歪みに適応していくという先人の知恵だったのかもしれないなと、私は思うわけです。

ちょっと飛躍している気もするんですが、日々のなかで一番長い動作、行為に身体が適応していくと考えれば、その人にとっての姿勢というのは千差万別。
症状と必ずしもイコールではない。
だって、その行為を生かした工夫で症状が消え、それ以外の行為ができるようになれば姿勢は勝手によくなっていくと思うんですよね。
ま、そろそろまとまりがなくなってきたので、今日はここまで。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-06-10 07:25

雨のあとのこの涼しさが心地好い

おはようございます。
6月9日(金)、昨日は然程暑くもなかったですが、今日は気温がぐんと上がりそうです。
a0124276_06481268.jpg

a0124276_06481455.jpg

a0124276_06481663.jpg

気圧より、気温の差で体調が「やばい…」となる方がおられるかも。
無理なさりませんように、冷たい飲み物は飲み込まずウガイやユスグ程度で。
なんで?という方は、またTreatmentの際にお訊きください。

さて、今京都市内の中心部では、夜に祇園囃が聞こえてきます。
来月の祇園祭に向けて、練習されています。

ヒモトレは音を出す、演奏者にも可能性を感じさせてくれるんです。
巻き方によって音質がかわるのですが、それが演奏者だけでなく、聴衆も感じる。
管楽器、打楽器、弦楽器、等々、それぞれでまた巻き方が違うようなのですが、私も試したくてウズウズ。
といっても、音楽センスがないので、試したいという方がおられたらご連絡いただければと。

さてさて、ただいま単独のヒモトレ講座を計画中です。
7月の日曜日で考えているのですが、場所や時間がね、どうしたもんかと。
だいたい10名前後でと思っているんですが、何一つとして決まっていない。
なので、また決まったら此方でも告知させていただきますね。
如何せん、私の都合で限られた日曜日しか空いてないので。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-06-09 06:27

感想…みたいなもの。

おはようございます。
6月8日(木)、雨がやんだかな?という感じです。
a0124276_07541326.jpg

a0124276_07541685.jpg

a0124276_07541898.jpg

ついに梅雨入りですね。
湿度、気温、気圧の変動で症状が出やすい方は、敏感過ぎるからだそうです。
なので、センサーが鈍感になるように薬や漢方、運動や睡眠を調整していくようです。
つじ鍼灸院は…どちらかというと、誰でもやってる当たり前なことを無意識に自覚させていく、をやってます。
変化を感じにくいですけどね。
あまり意識して、自覚してってするとそこに囚われすぎて新たにちゃうもんが出てきたりするので、難しいところです。

さて、先日読了した私の大好きな水曜どうでしょうのディレクター嬉野雅道さんの二作目の著書。
a0124276_07541953.jpg

【ぬかよろこび】(KADOKAWA)

率直な感想は、「うれしー、落語の脚本書けるんじゃない?てか、水曜亭みすた(鈴井貴之)、水曜亭どうで洋(大泉洋)、水曜亭寿(藤村忠寿)で講座してほしいな~」です。

十四話あるなかで、そう感じる話が多く、馬鹿話から人情ホロリ話まで。
もうそれを考えただけで笑けてくる。
嬉野さんの前作もそうだったんですが、一見するとちょっとこじつけるような妄想想像話が、読み終えるとなんだかスッと入ってくる。
なぜか気持ちいい。

水曜どうでしょうが長く続く一端が、うれしーのカメラワークだったんですが、その原点のようなものが今回披露されている。
人生を振り替えって…というのではなく、明らかにそれと出会ったときから変わっていき、定着した何か。
それがうれしーの中に、積み重ねられている。
構えるわけでもなく、脱力しているわけでもなく、見ていないようで見ている、見ていないようで見ていない(どう馬鹿、藩士には伝わるかな)。
これがうれしーの当たり前。
目指してできるもんではないけど、嫌いなこと嫌なことが本当にそうなのかは飛び込むまでわからないということは、凄くわかる。
ほんまに、それができたら…っていう前に、やってしまう。
一度やってみたらいいですよ、思いっきり飛び込んでしまう。
案外、居心地がいいかもしれませんよ。

何をいうてるかわからんようになってしまった。
反省。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-06-08 07:23

ヒモトレ「ヒモパン」の巻き方

おはようございます。
6月7日(水)、九州山口で梅雨入り。
何か音がすると目覚めてみたら、雨。
近畿も今日かな?梅雨入りするかな?
a0124276_07020122.jpg

a0124276_07020332.jpg

a0124276_07020567.jpg

昨日は一昨日から調子がね…という方が多い。
どうやら気圧や気温や湿度の影響を敏感に察知しているようです。
敏感過ぎるので、そこの部分は鈍感になれるようにお手伝いさせていただきます。

さて、昨日はヒモトレ創案者である小関勲バランストレーナーにTwitterで話を振られていることに気づいて大慌て。
何事かと、小関先生と浜島先生とヒモトレユーザーさんの会話を遡り、話を理解。
これまた大慌てでiPadを取りに荷物置きに。
で、過去の写真から引っ張り出してきて貼付で回答。

回答投稿後、なにやらTwitterのお知らせがチカチカしてるな~と思ってましたが、帰宅後タブレットの表示見てビックリ。
a0124276_07020637.jpg

102件!?
よく炎上ということを聞きますが、想像したらめまいしました。

話を戻しまして、そういえばこの写真はFacebookのコメント返信には載せましたが、Twitterやブログには載せていないことに気づく。
ということで、今日はバランスからだ塾・安田塾長考案の「ヒモパン」をご紹介。
a0124276_07020958.jpg

a0124276_07021046.jpg

で、此方が巻き終えたときのビジュアルです。
a0124276_07021159.jpg

ちょっと読みにくいかもしれませんが、そこはヒモトレ講座に参加していただけるとと思います。

使用するヒモは、ひもトレ公式スピンドル(2.3m)を使用してます。
モデルは、身長160cm、体重57kg、です。

見た目はちょっと…と思う、ヒモトレ「ヒモパン」
登山をされる方はハーネスのような感じに見えると仰ってました。
それでもさすがにズボンの上に巻くのは抵抗があるので、ズボンの下に巻く方がおられますね。
ただし、ビジュアルでお分かりと思いますが、トイレがね、大変。
焦っているときはこんがらがるかも。

使いどころは個個人にお任せします。
しゃがむ→立つ、よく歩く、よく走る、という方は特におすすめですね。
外弟子がマラソンやトレイルランをするのですが、疲れ方が違うのでタイムが速くなったと申しておりました。
効果というと語弊があるのですが、マラソンでいう30km付近からが違うと、そこでようやく「ヒモパン効果あるかも」と思うそうです。
お試しあれ。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-06-07 06:30

身体と枕と

おはようございます。
6月6日(火)、休診です。
朝晩が涼しさ通り越して肌寒いですね。
タオルケットではなく掛け布団や毛布を使っているかたも多いようです。
a0124276_06395170.jpg

a0124276_06395237.jpg

a0124276_06395333.jpg

気象予報士さんによると、今週梅雨入りではないかと。
長雨ではなく、2日か3日おきに降ってくれたら十分なんですけどね。
なかなか御天道様の気分は読めません。

さて、つじ鍼灸院の施術ベッドで仰向けに寝転ぶとき、必ず枕を置いています。
当然なんですが、実は枕のトップが頭ではなく頚に来るようにしています。
これは、ゼロバランス協会会長が教えてくれたことで、個個人によって微調整はしますが、枕のトップが頭にあると腰の負担が増すんです。
これ意外と気づかない方が多くて、仰向けに寝転んでもらうと腰が痛いと訴える。
で、まずは枕の位置を変えるんです。
すると、腰の痛みや負担がスッと収まる。
中には頭の位置に枕のトップが来た方が腰が楽な方もおられますが、ごく僅か。
たったこれだけでも、施術の感覚が全身に波及するのでユルみかたや締まり方が変わってきます。

ちょっと話が逸れますが、腰が反ってしまっている方は、仰向けのときに、膝の下にも枕を、しかもちょっと大きいものを入れます。
でないと、仰向けになることで腰に緊張を強いることになり痛めてしまうからです。

で、枕の位置もそうなんですが、高さですね。
高めじゃないと…という方は、日常で身体の前後の幅、つまり胸と背中の厚みの幅ですね。
ここの中に、幅に頭が位置していると枕は高くなくても、寧ろなくても眠れる方です。
が、高くなくないととか、枕なしでは…という方は、その幅より頭が前に、胸側に位置しています。
例えるなら、ニワトリかな。
身体より頭が前にある。
頭を垂れる稲穂状態で、私はよく「頭が前に落ちている」と表現します。
座って眠ると頭が前に船をこぎますよね。
あんな感じです。

この状態が日常的に続くと、仰向けに寝転んだときに頭が宙に浮いたようになり、枕が必要になる。
前に落ちれば落ちるほど、枕の高さが高くなる。
仰向けで頚を触るんですが、力が入っていないにも関わらず頭が背中の位置に下りてこない、まさに頭が浮いた状態の方が結構おられます。
ヒモトレならYバックやハチマキを日常的に巻いていただいてほしいところなんですよね。
この二種類の巻き方は、頭の位置が自然な位置に補正されるので。
ハチマキが恥ずかしい方は、Yバック。
デスクワークの方なら、Yバックにさらにハチマキ足していただく方が、実際問題としては肩凝り感も緩和していくのでお願いしたいところですね。

とまぁ、枕の高さや位置でもその方の日常が垣間見れるので、オリジナルの枕が流行るのもよくわかりますが、オリジナルの枕が必ずしも眠りを助けるとは限らないです。
人生の1/3が睡眠。
ですが、その1/3以外の2/3という起きている時の姿勢も考えて枕選びをしないと…と私は思います。
どこかだけを切り取って快適になるのは、ほんの一瞬で、桜の花より短いかな。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-06-06 06:06

無事帰京しました

おはようございます。
6月5日(月)、今日も晴れ。
a0124276_08111568.jpg

a0124276_08111561.jpg

a0124276_08111825.jpg

東京は風が程好く気持ちよかったんですが、此方京都は少し涼しかった、人によっては寒かったとのこと。
どんな夏になるんでしょうね。

さて、昨日は此方で更新していませんが、Facebookページで更新しました。
土曜日の夜は、境界なきアスリートサポートの交流会で新たな出会いと旧知の仲を広げ深まりしました。

で、日曜日は朝から夕方まで大学のチアのサポートに行ってきました。
2日間、限られた時間でしたが発見があり、反省があり、可能性がありました。
どうやらまだ伸びしろというか、知らないことが多く、それを出会いの中で知っている人に巡り合わせてもらっています。
なんとも学び多き人生だこと。
同時に、私が知ってて出会った方が知らないこともあるので、それもまた魅力と学び。

ということで、2日間でまた少しヒモトレを伝えることができました。
a0124276_08112078.jpg

新宿の夜にお店の方に傘を借りてヒモトレと野球の可能性を感じてもらいました。
もちろん、周囲に人がいないことを確認してヒモトレのあるときとないときのバット(この場合は傘ですが)の出方が違ったようです。
この方は豊橋の先生なんですが、境界なきアスリートサポート共同代表のヤスさんの大学の先輩で、今も公私に渡って野球に関わっておられるとのこと。
で、この方のバッティング思考を教えていただき、そこがヒモトレしてるとできちゃうと。
おお、ヒモトレと道具を一緒に巻く一体感、付帯伸長化。
噂以上の反応に、私もテンション上がってました。

この夜は、整形外科の先生にもヒモトレ。
腰が痛かったそうですが、ヒモトレしてると楽とのこと。
基本の「へそヒモ」だけですが、動きが変わったのも実感していただけました。
だからといって、整形外科の先生も認め…とは云えませんよね。
可能性は広がりましたけどね。

そして昨日の大学のチアでは、主に怪我や故障から復帰を目指す選手たちのサポートでした。
ヒモトレしてどこが使いすぎたり使えてないかと視たり、リハビリやトレーニングの無意識の癖をフラットにしたりと、なかなか評判を得ました。
(この中ではヒモトレしている人を「ヒモ族」と読んでいましたが、学生は名付けるのがうまいですね)
1日も早い復帰の切っ掛けになってくれたらと思います。

あ、他のトレーナーさんやチアのタンブリング指導をしている先生にもヒモトレを体感していただき、これまた好評。
タンブリング指導の先生は補助でぎっくり腰になり3日間寝ていたと。
その後、それをかばっているせいか、手や肩や背中に痛みが出ると。
Yバック&へそヒモで身体が一気に軽くなっていったとのこと。
おお、すごい。

そうそう、膝を痛めた選手がリハビリメニューで細長い板の上を四つん這いで歩くというのをやっていたのですが、広島のバランスからだ塾・安田塾長考案の「四方巻き」したら苦なくバランスを崩すことなく歩けていました。
おお、これぞバランスからだ塾!
運動以前の身体の使い方。
生活即運動、運動即生活。
いやはや、四方巻きの安定感といったらなかったですね。

とまぁ、ヒモトレ的東京遠征でした。
今日からまた情報など還元していきますので、お付き合いください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-06-05 07:28

時計のない日を

おはようございます。
6月3日(土)、東京に行くので9時半~13時までの短縮診療となります。
境界なきアスリートサポートという集まりが今夜あるのと、明日はその共同代表のひとりが所属する大学に行き、一緒にとある部のサポートをしてきます。
久々の外部の現場なのでどうなるか楽しみです。
ただ、天気がね…
a0124276_07393476.jpg

a0124276_07393474.jpg

a0124276_07393763.jpg

ちょっと肌寒いでしょ?今朝。
関東がどうなっているのかわからないというのもあるんですが、持ち物が増えるのが嫌なんですよね。
どうしたもんか…上着持って行こうか迷い中。

さて、と考えてたら寝ちゃってました。
期せずして二度寝。
小学校の頃から二度寝で睡眠が帳尻あっていた感じです。
ただ二度寝が長すぎると、もう1日身体がダルくなって動けずまた寝る三度寝。
すると夕方というか晩御飯前になってようやく動ける状態に。
というのに気づいてから、二度寝をするのは平日だけ。
そうすれば寝すぎないし、程好く寝れて起きれる。
休日は起きたときに動き始めれば、1日身体がダルくなることもなく過ごせる。
といっても、気づかない寝不足があると予約の合間にふと寝てしまっていることがありますが、それはそれで早く寝るとか朝ちょっとゆっくり寝るとかね。
色々試せるので。

睡眠は長さでも深さでもないです。
睡眠の周期に合わせて起きるからスッキリするとかでもないです。
時間に追われる社会なので難しいかもしれませんが、休日に時計なしで起きてみません?
で起きたときの気分を日記かスケジュールに書く。
それが1年ぐらい経てば、何となく、自分にあう睡眠が見えてくると思います。
時計はほんまに、色んなことを縛りつけます。
でも時間があるから動けるし寝れるしと言うのもありますよね。

ただ、なんでしょうね。
子供の日常hが間近にあると、時計から離れることで身体を取り戻していく気がします。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-06-03 05:37