書いてはみたものの、ようわからんかも

おはようございます。
10月6日(金)、雨が降るようです。
明日の明け方にはやんでいただきたい。
先生たちがあれやこれやと考え準備してくれた運動会。
子供たちも楽しみにしてるしてないは別にして、色んな人が見ているなかで一緒になって身体を動かせる運動会。
できることなら箱の中の体育館ではなく、天井が一番高いグランドでやらせたい。
a0124276_08334121.jpg

a0124276_08334201.jpg

a0124276_08334460.jpg

a0124276_08334528.jpg

お天道様、なんとかなりませんか?

さて、昨日の続きのような違うような、でも私の中では繋がっている話。
『構造と診断 ゼロからの診断学』著・岩田健太郎(医学書院)の中にこんなことが書かれている。

【知識が増えると迷いが増える。迷いが焦りを生む。ミスが増える。今度は羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹くようになり、何でもアッペに見えてくる。そうして今度は尿路結石を見逃してしまい、憩室炎を見逃してしまい、卵管炎を見逃してしまう。ある程度経験を積むとアッペが逆にわかりにくくなる。経験を積むことが逆にこの疾患を難しくする。で、このトライ・アンド・エラーを繰り返していくうちに、だんだん再びブレがなくなっていき、ある程度妥当なマネジメントができるようになる。】(100項より引用)

センスがあるなし、馬力があるなし、でもこの道は避けて通れない。
誰にでも起こるこの経験と知識の増加による迷い。
その度に自分に問う。
落ち込みますよ、エラーは。
でも周囲が慰めたところで、それは自分で向き合い受け入れるしかない。
逃げるという策もあるけど、そこは選択肢として可能な限り出さない。

医療は教科書通りには起こりません。
しかし、その疾患についてちゃんと学んでおけば露骨に間違うことは[あまりない]と、岩田先生は書いておられます。
私もそう思います。
鍼灸や柔整にはどこか疾患に対して、そんなん来ない、という心理があり不勉強のままな事が多いです。
まだ腫れ物に触ろうとする方が学びがあると思うのですが、触りもしないし見向きもしない。
現実としてそれはあります。
それを見越しているんでしょうね。
岩田先生はこの章?項目?の最後にこう記しています。

【診断が難しい診断がある。たとえば結核、たちえば血管炎。難しい診断を簡単にする方法はない。しかし、難しい診断に自覚的であること、難しいことは難しいと了解することが、いろいろ助けになることはある。能力のエンハンスメントは容易ではないが、能力がないことに自覚的であることは割りと簡単で、しかも役に立つ。現場ではとにかく、役に立つことが大事なのだ。】(104項より引用)

どう役に立つかはわかりません。
そこにセンスがあるとかないとか問答している時間もない。
なら、何を知り、何を知らないか、そこに自覚的であることが次の行動を生み、連繋が出来るんじゃないかと。
医療はチーム。
それは、医療業界全体という大きなチームという意味です。
社会でも、それは家族でも言えることですね。

センスはもしかすると、無知の知のあるなしなのかもしれませんね。
そんな解釈もありかな。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-10-06 07:39

センスってなんや?

おはようございます。
10月5日(木)、さむなりましたね。
上着羽織ってちょうどええ感じ。
14度前後というのは、夏なら涼しく、冬なら暖かい。
しかし秋には寒い。
感覚って一定してないんですね。
そう、感覚は一定していない。
a0124276_08231434.jpg

a0124276_08231625.jpg

a0124276_08231723.jpg


さて、過去に読んだ本に「小さくて強い農業をつくる」著・久松達央(晶文社)というのがあります。
ミシマ社の本屋さんにあったというのが手に取った最大の理由ですが、そうさせたのはこの帯文です。

『好きなことをつらぬき、自分の頭と手で考え、時代を切り開く!センスもガッツもない人間が、自立し、楽しく生きていく「起農論」。』

その中でも「センス」という言葉に反応しました。
で、80~81項にこう記してあります。

【センスとは、物事の本質を見抜き、他に応用する力のこと。ガッツとは、スマートでなくても最後までやり抜く馬力のことです。】

著者はこのどちらもないと語り、こう記します。

【あこがれを追うのは大切です。何事もそこからしか始められません。しかし、努力の方向性が間違っていると、そんなに努力しても結果は出ません。センスを磨こうとしても、ないものは磨けません。それより、センスがなくてもできるやり方を探した方が近道でした。まずは自分にセンスがないということを認め、受け入れないことには、何も始まらないのです。強調しておきたいのは、それが悔し紛れだということです。】

同じ条件で戦うと負ける、不利な戦いになる。
それでも戦う術が他にあるとしています。

【弱さを受け入れ、自分に合った戦い方を見つける事ができれば、向いていない人でも「たまには」勝てる。そう思っています。】

これを『弱者の兵法』としている。
「この部分ではこの人にかなわない」と負けを認める。
そうすることで初めて何で勝負していいかに気づくと。

自己を受け入れるということ。
弱さを受け入れられないというのは、自己を否定しているということでもあるんか…とも思いましてね、私自身に問い直していた。
しかしその反面、「センスがないと認めることもセンスなのではないか」という師とのやり取りを思い出す。

師はいつも「センスや!」と云っています。
でもそれでは下の世代は育たない、と。
伝え方を変えましょうよって、何度も話したこと。
その中で私がたどり着いた答えが「できる、できないは『観てる』かどうか」です。
表面的なことだけ、この業界なら手先口先しか観ていない状態では、何も身にならないと。
できなくても当然やと。

すると師が「それも何を『観る』かというセンスや!」と一蹴され、「浅かった」と思ったんですよね。
ただ感覚を伝えるのよりは、観方を伝える方がいいかなと思ったのもあり、自分の勉強会や師の勉強会で頭に?マーク出ている方にその『視点と視野』を伝えるようにしてます。
感覚、ここでいうとセンスになるんでしょうが、これを言葉で伝えるというのはなかなか困難です。
しかし、困難やからといって言葉にしないのもどうかと思う。
言葉にできない部分を伝える手段のひとつとして、観方を変えるというのを意識してます。

私が受講者として参加するときはいつもそうです。
どこから観たら、その本質に近づき見抜けるか。
その一点のみ。
あとは単語をメモするぐらい。

センスという言葉ひとつを狭角で捉えるか、広角で捉えるかで違った景色が観えます。
狭角で捉えているときは、久松氏が言うように「受け入れていない」のかもしれませんね。
できないできないばかり言う人は、多分こんな感じかなと。
自分も含めて感じてます。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-10-05 07:40

記録の終わりと新たな始まり

おはようございます。
10月4日(水)、空気の冷たさを感じる朝ですね。
a0124276_07351026.jpg

a0124276_07351239.jpg

a0124276_07351351.jpg

これは服装次第で対応可能ですからね。
薄いものを重ねて着れば、暑くなったら脱ぐだけでいいですからね。
靴下は重ねるよりもハイソックスを。
できるだけ締め付けないものを。

さて、昨日はあっちこっち行ってきました。
会場探しやら、お誘いいただいた展示を観に行ったりやら。
バス移動を覚悟していたんですが、雨もやんで自転車でスイスイと移動できまして、気持ちも楽々でした。
来月の第1火曜日はどうするか。
もうちょい練りますね。
施術ではない、身体を使う何かを考え中です。

さてさて、世界体操で個人総合7連覇を目指していた内村航平選手が怪我で途中棄権。
先程映像を観ましたが、過去の捻挫と着地の詰まりが痛みの出るポイントだったという感じですが、試合前の前日練習などで痛めた可能性もありますね。
あのテーピングもそろそろ他の巻き方に変えたいところやねんけど…いまいちなんですよね。
ま、そんな分析よりも、これで誰が優勝するかという新たな楽しみができました。
そうなるやろ。
ワクワクです。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-10-04 07:15

新たな発見を知る

おはようございます。
10月3日(火)、第1火曜日なので休診です。
お待たせしておりました来週から第1火曜日以外は平常通り開けます。

昨日は1日雨でした。
今朝もまだ雨が降ってます。
a0124276_07143373.jpg

a0124276_07143550.jpg

a0124276_07143799.jpg

転けないようにお気をつけください。
転けたらご連絡ください。
打撲は放っておくと後々尾を引くので。
転けて打った場所、覚えておいてくださいね。

さて、ノーベル賞の医学部門で私が一番興味のある体内時計についての新たな遺伝子とタンパク質が発見された方々が受賞したというニュースが舞い込んできました。
a0124276_07143960.jpg

時差ぼけ、睡眠、覚醒、これらがなぜこんなに個人差が大きいのにそう大きくずれないのかと思ってまして、そのヒントが体内時計、時計遺伝子と呼ばれるなかにあると知ってから、何冊も本は読んでいます。
が、その正体は未だ掴めていません。
道の部分が多いというのもあるんですが、少しずつ、確実に解き明かされている部分なので、いつのまにか好きになってました。
遅読な為、なかなか読めていませんが、またこの新たな発見が書籍になったら読もうと思います。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-10-03 07:02

勉強会は自己を知る機会

おはようございます。
10月2日(月)、明け方から雨が降りだしましたね。
a0124276_07515827.jpg

a0124276_07520034.jpg

a0124276_07520206.jpg

明日までの長雨予報です。
体調を大きく崩すことはないと思いますが、低空飛行でゆっくり目で過ごしましょ。

さて、昨日は3人の先生と1人のパティシエ鍼灸師の4人で勉強会をしました。
a0124276_07520311.jpg

ちっこいのが混じってますが、好きあらば遊んでもらおうと闊歩してるだけなのでお気になさらず。

昨日は視界・視野・視点から始まり、呼吸、上腕、股関節、足首。
写真は眼球運動で脊柱の調整。
ヒモトレ、ココロのバランスボード、スラッキング、手技、そして強烈な鍼。
おもろかったのは私だけかも。
やられてる方は地獄の断末魔。

ちなみにこの内容は、受講してくれた先生からの疑問質問から始まっています。
私はなんの準備もしておりません。
どんどんライブ即興的に対応できるようになって来ました。
キーワードを掘り広げる。
ヒモトレ講座でも鍛えられた気がします。

昨日も「接点・角度・方向・速度」を術者役、患者役、ともに伝えました。
これが中々うまくいきません。
施術においてもこの4つが技術の基礎基本になっています。
自分を知りつつ他者からも知る。
これを同時に出来るのが勉強会のキモ。
4人という少人数なので、講師も合わせて5人の自分を1度に知ることができる。
どんな内容かは然程重要ではない。
こっちの自分を1度に知ることができる方が重要です。

あ、私の勉強会では、ですよ。

なので、多くても6名が私の限度ですね。
それ以上は手が回らずに目が回る。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

あ、昨日は勉強会のあとに地元の「ずいき祭」に行ってきました。
a0124276_07520623.jpg

RenさんはKちゃんと一緒に先に。
定番のスマートボール。
a0124276_07520868.jpg

a0124276_07521062.jpg

そして金魚すくいは今年も自分で掬ったようです。
a0124276_07521135.jpg

[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-10-02 07:21

まるきのコッペパンは安定の美味しさ

おはようございます。
10月1日(日)、休診ですが勉強会なので看板出してます。
a0124276_09070078.jpg

a0124276_09070296.jpg

a0124276_09070408.jpg

寒いと思ったけど、まさかの13度台やったとは。
ちょっとビックリ。
気温の差についていけるように、服装にお気をつけください。

さて、朝からまるき製パン所へ歩いていってきました。
約4キロの往復なんで、ちょうどええ感じです。
a0124276_09070503.jpg

8時~8時半は並ぶんか…ということがわかりました。
行ったときは20人ぐらいかな。
といっても家族などが一緒に並んでるので回転早いです。
京都へお越しの際は、まるき製パン所へ。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-10-01 08:57

何が言いたかったんかわからん

おはようございます。
9月30日(土)、運動会まで一週間。
a0124276_08144010.jpg

a0124276_08144173.jpg

a0124276_08144372.jpg

子供の成長を客観的に感じることができる日。
行事が減るのは避けたいところですね、子供のことに関しては。
ただ、社会としては休みがとりにくいという状況。
子供に優しい社会ってね、行事にすんなり休ませてくれる会社環境も必要です。
親が参加してくれるって、やっぱり子供には嬉しいことですからね。
準備や後片付けも、先生任せにするんやなくて、親も一緒に手伝う。
普段みえない角度から子供を観れて面白いですよ。
せっかくの休みやのに…って思う人もおるんでしょうけど、そこはほら、ちょっと頑張って一歩外へ。
思いがけないおもろいことに出会えるかもしれませんし。

さて、朝から朝ドラ最終回でウルっときてます。
ですが、さらっと流してしまう「ひよっこ」の脚本、演出には毎回楽しませてもらいました。
なんだかんだ、Renさんも一緒にほぼ全部観てます。
なので毎回のことですが、主題歌の雰囲気を保育園の行き帰りに口ずさんでます。
あと出演者を他の番組で見つけると役名で言うので、気づくまでに誤差が出ます。
旦那様って、どの旦那様やねん…って。

身体に関してもそれぞれの経験や感覚で言葉は一緒でもその意味合いは違ってきます。
なのでうちの場合は必ず触って確認。
言葉だけやと勘違いが起こります。

頭痛ひとつとっても、それぞれに領域があるので、こめかみ、おでこ、てっぺん、耳の上、後ろ、中には頭痛といいながら首やったり。
場所によっては少し、時には全く異なる場所にアプローチすることがあります。
なので、最初は全体を観ていき、次に細かいことを聞いたり視たりします。
そして再び全体を観ていきます。
まあ、約1時間の施術はこの繰り返しです。
全体の感受と部分の感受を繰り返す。
タスキ、ヘソヒモ、草鞋巻き、などは全体の感受。
手の甲や草鞋巻きの指掛けバージョンやYバックは部分の感受。
ってな感じで、私の中にはちょっとした基準ではないですけど、観方があります。
それを勉強会や講習会で参加される方に合わせた言葉に置き換えて話させてもらってます。
伝わってなかったらごめんなさい。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-09-30 07:35