ペダルと踏む位置と漕ぎ方と

おはようございます。
8月16日(水)、雨の予報が曇りに変わってますね。
五山の送り火がきれいに見えるかも。
去年は大雨でしたからね。
a0124276_08245187.jpg

a0124276_08245351.jpg

a0124276_08245437.jpg

それにしても不気味なほどに涼しい朝晩です。
亜熱帯になったようやわ、と患者さんと話していましたが、これが本来の日本の夏?という感覚もあるんですけどね。
小学生の頃はこんな感じやったかなと。
四半世紀前ですけど。
暑さ寒さの寒暖差が気温以上に体感としてあるので、服装や室温をこまめに調整しましょう。

さて、自転車に乗って改めて気づいた「ペダルの踏む位置」は面白かったですよ。
爪先に中心を持っていくと太腿の前(大腿四頭筋)が使えるし、踵を中心に持っていくと太腿の後ろ(ハムストリング)が使えるし。

で、それでね、ペダルを押すように漕ぐのか、引くように漕ぐのかで踏む位置を変えるのはもちろんなんですが、これをすると太腿の前後どちらかに中心を固定してしまうので、疲労が早いし、無駄に太くなるんですよね、太腿が。

そこでヒモトレの草鞋巻きがあるとですよ、踏む位置で確かに中心は変わるんですが、【押しながら引く、引きながら押す】というどっちにも作用するというか、中心が太腿の前後のどちらかに居着かない。
なので、疲労が溜まりにくいというか抜けていっている感じ。
さらに下腹の力を抜いてやると太腿というか股関節というかは軽いと感じるほどに漕げるんですよね。

驚きでしたよ、下腹の抜きと草鞋巻の連動。
平坦な道、登坂、下り坂、それぞれでも違うし、上半身の姿勢によってペダルの踏む位置を5mm単位で変えるとすんごい楽だった。
ママチャリのときは足裏のど真ん中で踏むと楽なんですが、先日のようなロードバイクのときはほんの少し爪先側にあると、ペダルの動きと足首の動きが連動し、下腹の力を抜いてやるとさらに股関節の動きまで連動することが感じられました。

私のような思い付きで2日連続40km以上走っても太腿の筋肉痛に襲われなかったのではないかと。
へそ巻き、Yバック、前後たすき、のお陰もあると思いますけどね。
ペダルの踏む位置は、本当に細かく前後させられるといい感じだったんですが、ペダルによっては専用の靴でカチッと固定できるセッティングがあるそうですが、身体の調子に合わせて位置を変えられるともっといいかもしれませんね。
まあ一回(といわず何度でも)、物は試しでペダルの踏む位置を爪先側、踵側、ど真ん中、と変えたり、押すように、引くように、とそれぞれでお試しください。
草鞋巻きと一緒に。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-08-16 07:56

終戦の日

おはようございます。
8月15日(火)、平和について問う日です。
いつも通りに過ごすことも、ひとつの供養だと思います。
雨で高校野球が明日に延期で、私の記憶では15日に雨が降ることが珍しい感覚です。
だからこそ、いつも通りに過ごしたいなと。
あのサイレンと黙祷は、小学生の時からの習慣ですから。
a0124276_08440772.jpg

a0124276_08440952.jpg

a0124276_08441155.jpg

どうやら、明日も天候は優れないようです。
2年連続で五山の送り火が雨に見舞われるというのも、記憶にないんですよね。
いつも通りが実は特別であり普通となった今、平和について少しだけ問いを立ててみませんか。

さて、昨夜はお誘いがあり呑みに行ってきました。
ヒモトレを導入してから出会う人、繋がる縁は愉快痛快。
アンテナの張り方や受信の仕方が同じではないかと思うほどに、話が繋がるし目から鱗やし、人生苦しさ8割やけど残りの2割の出会いと楽しさが8割を凌駕する。
そんな場面にこの1年ちょいで遭遇し実感している。

あのね、今後の何かに繋がるからという期待や対価を求めてやるんじゃなく、自分が楽しいと、気持ちいいと思えることを今、この時続けること。
明日どうなるか何てほんとにわからない。
でも、明日ではないもっと先を見据えている。
もっと先は、自分のことではなく次代です。
自我を手放すことは難しいが、次代にバトンを渡す為には自我を手放す方がいい。
綿々と受け渡されたバトンを繋ぐことを考える。
自分が楽しいと次代が勝手にバトン受け取ってくれたりするんですよね。
バトンは置いてもいいし落としてもいい。
その場から離れてもいい。
ですが、バトンを消してはならない。
バトンさえあれば、どこかで誰かが拾って渡してくれる。
そう思うと、頑張りすぎなくていいと思えるし、一人で全部やろうとせんでもいい、誰かに任せることも苦じゃなくなる。

何が繋がるかはわからない。
けど、目の前にあるものをどういう角度で捉えるかで景色は違ってみえる。
身体を通して、私はそれを伝えていく。


それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

15日(火)9時~19時まで受付
16日(水)9時~16時まで受付
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-08-15 07:52

ヒモトレチャレンジ@自転車、完走

おはようございます。
8月14日(月)、ようわからん天気ですね。
ただ、涼しい時間が増えたのと、日暮れが早くなってきたのを感じます。
a0124276_08154224.jpg

a0124276_08154311.jpg

a0124276_08154548.jpg

16日の五山の送り火は去年のような雨…ではないと思うのですが、雨予報が続いてますね。
お盆が雨となると、家に還ってこれない魂があるんかな~って思ってしまう。
時間は確実に進んでる。

さて、土曜日に往路、日曜日に復路として、木津川市まで自転車で行ってきました。
a0124276_08154698.jpg

上が往路、下が復路。
距離が長く、でも時間と平均速度が速いのは通った道に信号があるかないかです。
a0124276_08154835.jpg

左が往路、右が復路。
往路は基本国道の整備された道を、車と並走するように走りました。
危険も感じつつ、でも信号ごとに小休憩を挟んだような感じで疲労はさほど感じずでした。
最後の最後に山道に入ってしまい、アップダウンに苦しめられましたが、無事完走。

復路は70号線?で奈良線に並走する感じで、車も信号も少なくスイスイ。
木津川の土手沿いの自転車や歩行者用の道路で、さらにスイスイ。
しかしこれが裏目に。
小休憩がなく、走りっぱなし。
ケツが擦れて痛い痛い。
ヒモトレしてたから身体の位置を調整しやすい分、サドルと悪戦苦闘しながら走り続けてしまうという、距離が延びても時間が早かった理由です。
ケツは悲鳴をあげていましたけどね。
ただ、前半の70号線のアップダウンで使った体力は最後の最後、鴨川沿いに入ってからギア間違ってる?と勘違いするぐらい重かった。
a0124276_08155096.jpg

アップダウンというのを大きく見ると、往路も復路も最後に上っていくっていう、なんの仕打ちや!という状況なので、仕方がないですね。
なんの準備もせんと、素人が装備だけ完璧で走ったんですから当然の結果かな。
a0124276_08155150.jpg

平均速度が安定しないのは道の選択が大きいですが、それでもここまでばらついていたら疲労は余計に襲ってくる。
この速度のグラフを見たときに、明確に「技術」を感じました。
なんにでも言えることですが、自転車の「技術」に興味津々。
今後の施術に生かせること間違いなし!
というのも、ここ数ヵ月、仰向けに寝ると腰が反って浮いていんたんですが、自転車乗ったあとに腰が床に着いてました。
確かに、骨盤の後傾と立てるを繰り返した。
しかも、体操ではお馴染みの「ふくむ」という身体運用で。
あくまでも一例、私の中の身体との対話なので絶対ではないですが、身体の動かし方という面では、非常におもしろい気付きとなりました。

筋肉痛は今のところ、下腹とふくらはぎぐらいですね。
他はお尻がランブータン…ぐらいかな。

ちなみに、装備はこんな感じ。
a0124276_08155299.jpg

ヒモトレは往路が、Yバック、へそ巻き、草鞋巻き。
復路は、前後たすき、へそ巻き、草鞋巻き。
今後の検証が楽しみです。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-08-14 07:30

今日はチャレンジ

おはようございます。
8月12日(土)、朝から少し雨が降りました。
a0124276_08205683.jpg

a0124276_08205856.jpg

a0124276_08210087.jpg

台風12号が発生したようなんですが、どうですか?
体調崩しそうですかね。
無理せず、今日明日は休むってのもいいですよ。
帰省などの移動疲れで身体ボロボロって人もいると思いますし。
休めるときに休むのも必要ですよ。
私の場合、日常は頭、休みは身体、が中心なので何だかんだうまいこと心身が廻っている感じです。
昨日は祝日なので16時で終了し、四条で少し買い物とミシマ社の本屋さんへ。
初めてかもしれません、あんなにお喋りしながら長居させていただいたのは。
ワタナベさん、トリイさん、ハセガワさん、有難う御座いました。
念願の?本も入荷していただき有難う御座います。
いつ読めるかわかんないですが、1冊入魂のミシマ社の本と、本屋さんの本を大切に読ませていただきます。

で、昨日はもう一件、実家へ。
父の自転車を借りに行ってきました。
というのも、ヒモトレチャレンジ@自転車の為です。
念のため、スマホを装着できるようにホルダーも購入。
a0124276_08210130.jpg

自転車に関してはママチャリ専門だったのでどうなるかはわかりませんが、怪我なく遂行してきます。
初心者は初心者なりに、風と匂いと危険を全身に感じながら走ってきます。
ケツだけが心配。


さてさて、お盆の帰省も真っ只中。
以下の予定で開けてますので、身体に違和があったらお電話ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
8月の御盆予定

12日(土) 9時~16時まで受付

13日(日) 休診

14日(月) 9時半~18時まで受付

15日(火) 9時~18時まで受付

16日(水) 9時~15時まで受付
_______________________

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-08-12 08:00

腰の痛みとアイシングと温熱と

おはようございます。
8月11日(金)、山の日で祝日なので10時~16時まで受付です。
山の日って今日が初めてでしたっけ?
a0124276_09050079.jpg

a0124276_09050244.jpg

a0124276_09050367.jpg

どなたか、歩いたり走ったりしたら地図にその走行場所が記されて、なんなら移動距離が表示されるアプリご存知ですか?
ちょっと試したいことがあるので教えていただけたら幸いです。
明日の夕方に使うので。

さて、昨日書きましたギックリ腰と呼ばれる筋筋膜性腰痛という急性の腰の痛み。
これに関しては、アイシングでも温熱でもどちらでもいいというのが経験上です。
というのも、基本はアイシングなのですが、人によっては温熱の方が楽になる方が結構いるからなんです。
なので、私が提案というか説明するときは、こうです。

【先ず氷水で10分冷やしてください。それで楽になったら2時間おきぐらいにアイシングを繰り返してください。出来なければ出来るタイミングで構いません。もし、アイシングをしている最中に痛みが強くなったり疼いてきたら直ぐに温熱に替えてください。50度ぐらいです。それを10分。楽になればアイシングをして温熱を繰り返してください。もし、温熱している最中に痛みが強くなったり疼いてきたら直ぐにアイシングに替えてください。この場合は温熱してアイシングを繰り返してください。】

ここで重要なのは、湿布をいきなり使わないことです。
状況によっては湿布しかない場合もあると思いますが、出来るだけ湿布をしない方がいい。
というのは、湿布の上からアイシングや温熱をしちゃう人がいて、低温火傷のリスクが上がります。
腰が痛いのか、火傷で痛いのかがわからなくなるというのもありますし、二重で痛いなんて避けておかないとね。

ちなみに、この筋筋膜性腰痛の場合、特徴としたら腰を反るよりも前に屈む方が痛みが強いです。
ズボンや靴下が履けない、履きにくい痛みが出る場合ですね。

腰を反った方が痛いときは【絶対に温めないこと】です。
お風呂に浸かってはいけません。
シャワーはいいですが、出たら必ずアイシングをしてください。
これは、痛みがマシになったからといってお風呂に浸かると高確率で痛みが激痛の時に戻ります。
マシになってから【3日間】は最低でも我慢してください。
腰を反った方が痛いときは、筋筋膜性腰痛ではなく、どちらかというと腰椎の椎間関節炎と呼びます。
背骨と言われる脊椎は、1椎で関節面が6ヶ所あります。
肘や手首の関節炎はだいたい関節面が1つです。
リスクが6倍…ではないですが、思っているより繊細ということですね。
関節面が多いということはその分、靭帯や関わる筋肉が多くなりますからね。
単純に6倍とはなりませんが、痛みが波及する場所は多くなります。

とまぁ、痛みが強いときにこんな話をされても覚えませんし、痛みがなければ入ってこない話です。
ですが、1度でも知っているのと全く知らないというのとでは、違いが出るでしょうね。
いざ、というときに。
わからんし、覚えるのが面倒くさいと思うので、痛くなったら電話くださいね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-08-11 08:52

ぎっくり腰ですね、これ。

おはようございます。
8月10日(木)、熱帯夜で寝苦しかったですね。
a0124276_07593309.jpg

4時台に29度。
今日の昼間が思いやられます。
けどまぁ、束の間の涼しさで気分は少し爽やかです。
a0124276_07593525.jpg

たった3度で体感はずいぶん違うから、有り難いことですね。
身体に感謝です。
a0124276_07593646.jpg

a0124276_07593846.jpg

今日、明日は夕方から雨予報。
夕立で気温が下がればいいのですが、アスファルトの熱はなかなか手強いですからね。
中途半端やったら今夜も熱帯夜ですわ。
寝るときは枕元に、枕と水分を置いて寝ましょう。

さて、定期的にジムで運動され、デスクワークと時々書類整理で力仕事をする女性が、昨日の仕事中に荷物を持とうとしたら左腰に痛みが走り、徐々に痛みが強くなり壁伝いでないと歩けないし、座ると激痛走り、脂汗。
電話をいただき、空いている時間に急遽ねじ込むも、歩くのもままならない状態。
壁と手摺が頼りで階段で左足を上げるのがこれまた辛い。
治療室ではなんとか動かさなければ座ってられるので、座ってのアプローチ。
ちなみに、腰の前屈は激痛、後屈は比較的楽でした。
鍼もしましたが、めちゃくちゃ響いて少し貧血。
仰向けに寝てもらい休憩。
そして整形外科検査で現在の状況を確認。
左の内腿に違和があったので、ゆっくりアプローチ。
徐々に痛みが減ったようなので、再び座ってもらう。
すると、出来なかった前屈みがずいぶん出来るように。
これ以上の刺激は過剰になりかねないので、キネシオテーピング。
立ち上がり、座る、歩く、が痛みをほぼ感じずに出来るまでに回復。
なんせ、階段が手摺なしで降りられましたからね。
ただ、快復ではないので、今日は様子を見てもらって、明日の祝日に施術することに。
キネシオテーピングを貼っているので剥がすタイミングについて、またアイシングか温めるかのセルフケアについて丁寧に説明。
意外と思われますが、このキネシオテーピングとアイシングと温熱は、タイミングを間違えると痛みがぶり返すどころかもっとひどいことになる可能性を秘めています。
身体は繊細ですからね。
明日どうなっているか、またご報告させていただきます。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-08-10 07:32

偶然の発見

おはようございます。
8月9日(水)、台風5号がようやく消え、朝から気温がぐんぐん上がっている地域があります。
a0124276_08151571.jpg

a0124276_08151660.jpg

a0124276_08151822.jpg

京都は然程でもないですが、全国的に気温が高い時間が長いとのこと。
熱中症にお気をつけください。
あと、雨の降った地域は砂が舞い上がるので、マスク着用をお願いします。
口の周りが暑くなりますが、呼吸器を守ることも自己管理のひとつですよ。


さて、御盆の受付時間を少し変更しましたのでご確認ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
8月の御盆予定

11日(金・山の日) 10時~16時まで受付

12日(土) 9時~16時まで受付

13日(日) 休診

14日(月) 9時半~18時まで受付

15日(火) 9時~18時まで受付

16日(水) 9時~15時まで受付
_______________________

12日(土)がさらに短縮です。
ちょっとね、やってみたいことがあるので時間を割かせていただきました。
またご報告させていただきます。


さてさて、先日Renさんが海に行ったときの写真を見ていたら驚きの発見と、やっぱり砂浜は芝生、山道と同じく理想な地面であると確認。
a0124276_08152031.jpg

古武術の甲野善紀先生の手の形のひとつ「虎拉ぎ」になっている!?
本人無意識でしょうけど、目玉飛び出る勢いでした。
小関バランストレーナーからは「ナチュラル」とコメントいただきましたが、ほんとそれ。
方向転換して逃げるという一連の動作でこの手の形は自然なことなのかもしれません。
それを甲野先生は古武術の中から見いだされたのだから、改めて凄いことなんだと。

で、他にも手の形がないか見てみましたが、私にはわからず。
a0124276_08152105.jpg

a0124276_08152395.jpg

親指を畳んでいるという共通点しか見出だせませんでした。
走るときにバトンを持った方が速く走れる…というのを見たことがありますが、親指を制限することで繋がる身体があるのかもしれませんね。
なんせ人が人足る由縁のひとつに親指の独立性がありますから、畳むことは他の部分を繋げ全身性を上げ、走力に変換するというのも納得です。

そして此方。
a0124276_08152566.jpg

a0124276_08152674.jpg

足の指が、足の裏が、抜群にいい形でしょ?
こういう形にというか使い方ができるのは裸足ということと、砂浜や芝生、山道のように安定しない地面でこそ発揮できる。
こういう使い方ができるだけで、身体は喜ぶので、デスクワークや日常生活で作る負担の代表、肩凝り感や腰の違和ぐらいは消えちゃいます。
何より、足首の捻挫をしにくくなりますし、繰り返す人にとってはめちゃくちゃ都合のいいリハビリにもなります。
砂浜を裸足であるいたり走ったりするだけ。
簡単に言うと遊ぶ。
京都市内に砂浜がないことが残念。
保育園や学校のグラウンドなら裸足でいいんですよ。
靴なんかいらん。
それだけで儀式的ウォーミングアップしなくてもいい身体運用が身に付きますから。

と、熱く語ってしまいましたが、治療所内では道具などを駆使して砂浜のような地面を再現しています。
手作りもできるものもあるので、施術と合わせて、また子供と身体を使って遊ぶという一石二鳥も三鳥にもなる。
つじ鍼灸院のおもろいところは、2歳児の「自分で」を主にしているところかも。

といっても、師匠、ゼロバランス協会会長、小関バランストレーナーのヒモトレやバランスボード、バランスからだ塾の安田塾長、ヒモトレから繋がっていく人たちの経験と知識をお借りしているだけなんですけどね。
他にあるけどちょっと違う、同じに見えるのに違うとことかもしれませんね。
(自分で自分の宣伝するのってやっぱりエゴに感じるから苦手やわ)

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-08-09 07:42