腰痛も様々ですぜ。

おはようございます。
11月25日、火曜日なので休診です。
朝から右の顎が怠い。
触っていると耳の下、顎の後ろ辺りのリンパ節が若干の腫れ。
ここ数日、鼻水と痰、そして鼻声…
私の身体が闘っております。
ありがたいですな。
もうちょい頑張ってもらうために、リンパさんに差し入れしときますか、ビタミンを。

さて、話は変わりまして先週来られた腰痛の女性。
ぎっくり腰のような痛みでしたが、その実は違う「腰椎の関節の炎症」です。
特徴としては、後ろに腰が反れない。
代償として膝を曲げて誤魔化す。
ぎっくり腰は、反れるけど前屈できない。
一番の苦痛は、ズボンや靴下を履けない。
坐骨神経の症状でもこんな感じですけどね。
話を戻しまして、この腰椎関節の炎症ですから、温めると痛みが増します。
というのは絶対ではありませんが、温めて悪化するケースが大半です。
この女性にTreatment後、「お風呂に入るなら浸からずにシャワーだけにしてください」とお伝えしました。
翌日はなに事もなかったように痛みがなく過ごせたそうなのですが…
その晩にお風呂に浸かったそうな。
すると…なんということでしょう。
痛みが再び襲ってきたではありませんか。
慌てて氷水でアイシングするも痛みが治まるだけで、周りの背中が緊張してしまうという、最悪の場合「ぎっくり腰を併発」しかねない状況に。
昨日もう一度来ていただき、残った負担をしっかりTreatment。
結果は上々。
この方は金属アレルギーがあるそうなので鍼はできませんから、手技と超音波とヒットマッサーでスラッキング、最後にキネシオテーピング。

そうです。
今回の犯人は私です。
「お風呂の入り方をしっかり伝えきれていなかった」
これに尽きます。
もちろん、昨日来られたときに謝りました。
「すいません。お風呂浸かるのは3日以上控えてください。シャワーだけなら大丈夫ですが、お風呂上がりに氷水で10分間アイシングしてください」
はい、ここまで初回に伝えていればぶり返してはいなかったんです。
もう申し訳なくて…といっても、より確実に症状状態を改善するためには最低3回は必要です。
人によっては5回、10回、となりますが。

教訓。
「同じ腰痛でも処置が真逆のコトあり」
「アドバイスをするなら最後まで」

以上、皆さんも疑問に思ったり聞き忘れたことがあったら、すぐにお電話を。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2014-11-25 08:28 | 日常

形から入る部類?

おはようございます。
11月24日(月)、振替休日ですので、10時~16時まで開けてます。

先日から長野を中心に地震が続いております。
被害に遭われた方、ご家族ご親戚の皆さん、お見舞い申し上げますと共に、1日も早い日常生活が送れますようにお祈り致します。

さて、昨日はアンダーアーマーのシークレットセールに行ってきました。
海外のブランドだけあって、アウターのデザインには首を傾げるものがあるのですが、そのテクノロジー、機能は素晴らしいです。
寒いとき用のインナーは着用して少し動くだけで汗ばむほど。
長時間外にいるときにはもってこいです。
夏用なんて風が吹くだけで涼しいですからね。
生暖かい風でも涼しく感じてしまうほど。
でもまぁ、基本スポーツ時に着用するメーカーですので、しかも海外ブランドですからサイズが大きい。
日本向けに販売していますが、いわゆるSサイズ、Mサイズは開始すぐに品薄に…
だから朝から並ぶんですけどね。
並ぶといっても許容範囲の30分以内。
3人で行ったので気にならず。
その代わり、並んでいる間ずっとRenさん抱っこでしたけどね。
そんなもんです。
え?そんなスポーツメーカーの服買ってどうするんって?
いやね、ちょいと思うところがあってとある運動をしようかと画策中。
私はどうやら物事に形から入る部類らしいので、もう少し考えて行動します。

それでは、3連休最終の今日も皆さんにとって素敵な瞬間が訪れますように…
[PR]

# by treatment-suzaku | 2014-11-24 08:12 | 日常

明日、開けてます。

おはようございます。
明日、11月24日(月)、振替休日です。
10時~16時まで開けてます。
師も走る12月に備えましょう。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2014-11-23 06:39 | 日常

共作「かいじゅうさん」

口があると説明中
a0124276_9463164.jpg

[PR]

# by treatment-suzaku | 2014-11-22 09:45 | ren日ren夜

呼吸は呼気が大事。

おはようございます。
11月22日(土)、Renさんの「あ、つ、し、起、き、て~」に起こされた朝です。
3連休は陽射しが戻り暖かいそうですね。
紅葉、紅葉狩り、外出日和は何よりです。

さて、FacebookやTwitterを見ていると様々な情報が流れていきますね。
昨日気になったのは「肋骨と肩甲骨」の関係です。
確か、肋骨が可動性、肩甲骨が安定性、という捉え方。
確かにそうですね。
肋骨はヒトが進化の過程で肺呼吸を獲得し、それを守りながら動かすという「わざわざ負荷のかかること」を選んだんですから。
だからこそ、肋骨含め「胸郭」というのは十分な可動性が必要です。

ヒトが進化の過程で獲得したはずなのに、ともすれば退化しているコトがある。
それが「呼気」つまり「息を吐く」ということです。
なぜか。
呼吸のメカニズムは横隔膜という筋肉なのに内臓に分類されるモノが収縮弛緩することで、呼吸を維持できるようになった。
しかし、この横隔膜が発達しすぎたお陰で、その他の呼吸に関わる筋肉、特に「呼気筋」がどちらかというと胸郭の形を維持(胸腔と呼ばれる空間の維持)にシフトチェンジしているような使い方になっています。
これでは十分な呼気ができません。
ということは同時に吸気もまた、十分ではなくなるのです。
結果、呼吸が浅くなり身体がこわばる、疲れがとれない、眠い、肩が凝る気がする…などなどの症状の原因にも繋がるのです。

先日、樹鍼灸整骨院さんにお邪魔した際も、この呼吸に関する筋肉やメカニズムの影響を受けた症状であろう方がスタッフにおられました。
・肩の後ろに触れるだけで痛い
・腕が上がらない
・スマホすらも持っていられない腕のダルさ
・頭痛
・自覚のない脊柱の側彎

女性で経産婦でしたので乳腺の詰まりからも来るでしょうが、Treatment後の状態からするに鎖骨の下に原因が集中していたと思われましたので、そこをしっかりほぐしました。
腕も上がり、頭痛もほぼとれました。
その場では。
乳腺に関しては後日、要検査ということをお伝えしました。

肋骨がね、動いてないんですよ。
座って深呼吸をしてもらうんですけどね。
呼気で肋骨が動いてない。
それだけで緊張が増します。
だって、疲れたとき、「溜め息」つくでしょ?
あれは「息を吐くことで十分な呼吸を維持し、身体の緊張をほぐす」ための防御システムのひとつなんですよ。

「つじ鍼灸院」は肋骨を含めた「胸郭」を調整します。
師匠直伝ですからね。
あなたの症状、改善しない場合は「胸郭」をしっかり動かしましょう。
最高の結果は、立ち方まで変わるので「腰の症状」にも効果を発揮しますので。

それでは、最後になりましたが…
24日(月)振替祝日なので、10時~16時まで開けてます。
ラストスパートに向けて調整しましょう。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2014-11-22 09:28 | 日常

辞めてこそ気づくこと。

おはようございます。
11月21日(金)、昨日より寒いですね。
あとで岩盤浴ドーム入ろう…と思う朝です。

さて、ここ最近、毎日壁を支えに倒立をするようになったんですけどね。
普通に立っているように倒立しろ。
何て言われて、自分なりにお尻を頭に見立てて…と、現役の時にやってました。
今思えば下手くその原因のひとつでしたね。
お尻が頭で脚は万歳している状態。
これではバランス軸がとりにくい。
私は自ら不安定な倒立をしていたということ。
それは競技として手と手の間を見るということがあったからかもしれませんね。
10数年ぶりの倒立だからこそ気づいたことは…
「踵が頭、頭が股関節」
踵が開く(左右の踵が離れている状態)と怒られていたのはこういうことやったんかも。
肩を入れろと注意され続けていたのは、頭の位置が違ったのか。
その辺り、身体を通してようやくちょっとわかった。
何せ、筋力も持久力も落ちたのに、倒立しても楽なんですよね。

実はね、運動量が激しく減ったからか、胃の位置が下がってきた気がしていたので、師匠の教え「胃下垂は倒立と腹筋」を実践しようかと思い立った次第です。
腹筋はね、逆に腰痛を呼ぶので色々面倒臭いんです、やり方が。
なので倒立一本に絞ってみたら…現役より安定しちゃいました。
だからといって、また体操競技しようか…とはなりません。
もういやだ、あんな痛みを感じる日々は。
身体的にも、精神的にも。

とまぁ、まだ始めて1ヶ月少々ですが、これからも安定した立位を身体で理解するために少しずつ続けていきます。
あ、当初の目的「下がり気味の胃」については意識せんことにします。
結局バランスですからね。
次いでに良くなってくれる程度で十分ですし。

それでは、辞めてこそ気づけたことを身体で反芻し還元できるよう、日々鍛練していきます。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2014-11-21 08:11 | 日常

刺激しあえる仲間の存在は有り難いの一言に尽きます。

おはようございます。
11月20日(木)、寒さが冬並みになりましたね。
体調崩すなら今時ですから、食養生でも風呂養生でも運動養生でもなんでもいいので、体温を高くしていきましょう。
「つじ鍼灸院」には「岩盤浴ドーム」があります。
定期的に入って平均体温をあげて基礎代謝もあげていきましょう。
でもご注意。
筋肉量が多いと体温を高くし代謝も上がりますが、適度な脂肪がないと維持できないどころか「逆に冷えます」よ。
ここだけの話、ボディビルダーの方で冷え性って結構おられるんです。
風邪引きやすいです。
ダイエットしている人も鍛えている人も、何事も程々に。

昨日の午前中、キャンセルが出まして空きが出来たので急遽、鍼灸同期の平井先生が開業している「樹鍼灸整骨院」に行ってきました。
顔を会わせば治療の話が始まるほど刺激しあえる仲間の一人です。
初めて伺いましたが、スタッフの意識が高く、身が引き締まります。
平井先生のお腹は…ご愛嬌で。
一人でやるのもいいですが、同じ意識を持ったスタッフと共に歩を進めるのもやっぱりいいもんですね。
真似はできませんが、形を変えてはできると思うので、何か考えていこうと思います。
それにしても、世の中にはまだまだ自分の痛みや症状で自覚している人が少ないですね。
自覚していても原因と思われる場所がわからない。
私の経験上、1つの症状に対して原因が3ヶ所。
打撲は別ですが、捻挫や骨折ですら3ヶ所ぐらいは原因があり、その上で捻挫や骨折でするんです。
だから、その3ヶ所をどうやって改善していくか。
アプローチはもちろん、治療回数、日常生活など。
「今ここ」だけではなく、「これからも」見据えて日々のTreatmentにあたらせていただきますので、これからも厳しくも温かい激励を宜しくお願いします。

それでは、もう始まってる20日(木)が素敵な瞬間が訪れる1日になりますように。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2014-11-20 08:10 | 日常