休息って?

おはようございます。
3月7日(土)、雨降ってます?
パラパラいうてますね。
明日名古屋でマラソンがあるそうなので、雨が長引かないように願うばかりです。

さて、「休息」ってなんでしょう。
というのも、胃腸の休息方法ってなんやと思いますか?
昨日シェアさせていただいた【オフィス宝塚】の三木先生の記事(http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112733)にもありましたように、砂糖というのは既に「糖」なのでさっさと吸収される。
疲れたときに糖分摂るとスッキリするでしょ?
速効性がある。
けど、実はその効果は長続きしない。
しかも、その残りカスを最後まで燃焼させ消化し排出しようと思うと、相当なエネルギーがかかる。
その中心が胃腸?らしいのです。
東洋医学的に、ですよ。
なので、胃腸に血や体内の水分が集まる…というより集まりすぎる。
結果、手足が冷たい感じになる。
手足の冷たいとき、運動するしないに関わらず、脳脊髄の生命維持に危険がある場合や、先に述べたように内臓が働かされ過ぎているときらしいです。

で、本題。
ということは、胃腸を休ませてあげる方法。
「休息」を与えるにはどうするか。
はい、鋭い人はもうお気づきですかな?
そうです。

「空腹時間を作る」ことと「砂糖や人工甘味料を減らす」コトです。

もっと簡単にいいましょか。

「空腹を感じてから食事をする」コトです。

時間が来たから食べるのではなく、お腹が空いたから食べるんです。
時間通りに食べるということは、前の食事を消化しきる前に次の食事が入ってくる、?
ということは、胃腸がずっと消化吸収のために働き続けている状態になる。
あなただって、「休息」なしで働き続けることが出来ないのと同じで、胃腸もダメなんです。
しかし、あなたの都合(ここでは脳)で行動するとこういうことになるんです。
確かに、社会環境は昼休みが12時~13時という流れにあります。
だからといって、12時に食べる必要はないです。
時間が決まっているんなら、時間をかけてゆっくりしっかり噛んで食べれば良いんです。
それだけでも、負担を減らせます。
それから、勘違いしてはいけないのが、食事を抜くという行為。
それはまた違う。
断食行為は、専門知識と経験に富んだ方の指導を受けてやりましょう。
私が朝食を食べないのは、朝お腹が空いていないからであって、抜いているのではありません。

あと、お腹が空いているのではなく、口寂しいから、小腹が空いたからと、お菓子を食べたら…本末転倒。

それでは、本日は空腹を感じてからの食事を試しながら、始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2015-03-07 09:24

本屋さんと私。

おはようございます。
3月6日(金)、気温の下がりにご注意ください。
油断大敵です。

さて、本屋さんに行くといろんなジャンルに分けられて本が置かれています。
しかし、必ずしも作者順に置かれている…というのは、実は漫画ぐらいで、小説は出版社毎に作者順だったり、そこの書店員さんが思う並べ方があり、実は同じ系列の本屋さんでも置き方や並べ方が違うんですよ。
だからそれぞれの本屋さんで探し方が違う。
稀に、その本屋さん自体の置き方がガラッと変わることもある。
よく本を読む方に聞いたところ、「店長クラスが代わった」というのがあるそうです。
なるほど。

私はこの世界に入り、2年目、20歳になる頃まで本屋さんに行く理由は漫画だけでした。
ところが、ある方にススメられた小説をきっかけに、漫画と小説売り場の2ヶ所に増えました。
そして、気付けば本屋さんの中をウロウロするようになった。
何か目的の本があるわけでもないのに、ただウロウロする。
長ければ1時間以上。
ある日気づいた紙とインクの臭いの心地好さ。
小学生の時、先生が大慌てで印刷して配ってくれた時の紙の温かさとインクの臭い。
懐かしさというか、忘れていた感覚。
いつのまにか、失敗やチョンボをしたときの帰り道、本屋さんに必ず寄るようになった。
2~3分の時もあれば1時間以上の時も。
そして、新書というジャンルを知り、そこから新書を読むようになった。
他に単行本も。
勿論、小説文庫と漫画は必ず。

昨日ふと思ったのは、意味もなくウロウロする理由って…

私はできるだけ検索コーナーを素通りして自分の目で探します。
余程買うものが決まっていて時間がないときのみ使用。

あれ?もしかして…

大きい小さいはあれど、それぞれにそれぞれの置き方がある本屋さん。
これ、ヒトの身体のようやな。
一人一人習慣が違うけど、身体は一緒。
そして、店長クラスが代わるというのは、食事や習慣が代わったみたい。
私が本を探すのではなく眺めているのは、その症状を作っている原因を探しているかのよう。

なんて、考えてみました。
自分でも不思議と落ち着く空間。
Treatmentをしているときも落ち着く空間。
共通した部分は多い。
って、何でも意味付けするとしんどくなるんですけどね。
ふと思った自分を養うコト。
趣味がない私の、もしかしたら趣味になり得るかもしれない「本屋さんウロウロ」

私の知らないことは本に全部書いてあるんだそうです。
本を読むのがいまだに苦手ですけど、知らないモノを知れるコトは楽しいですよ。

それでは、本日も合間に本を読みながら始動!

まとまりなくて、すいません。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2015-03-06 08:19 | 日常

癖になると厄介

おはようございます。
3月5日(木)、少し肌寒さを感じますが穏やかな朝です。
三寒四温。
季節の移り変わりですね。

さて、昨日は少し歩いてみました。
無駄な意識がありすぎて、ぎこちない歩き方に…
というのも、自転車に乗るとき、Renさんの乗る椅子を避けて自転車をこぐようになると、ペダルに乗せている足よりも外側に膝が位置する。
はい、これがガリマタ?ガニマタ?の原因のひとつ。
最近歩いているときに「ガニマタなってるで」とKちゃんに云われたんです。
改めて何も持たずにしっかり歩いてみると…膝が痛い。
そりゃそうですよ、膝が外を向いたガニマタということは、股関節、膝、足首があっち向いてホイ!したように捻れるように軸ブレを起こしている。
ということは、筋バランスが崩れるのはもちろん、骨の捻れがあるので本来ぶつからない関節の骨どうしに過度な圧力がかかる。
この圧力差が痛みとして出ている、と考えてみました。
なので、私の歩き方を意識してしばらく歩いてみましたら、痛みが減っていった。
ですが、最初のぎこちなさがまだ残っている。
そう、左膝の内側と右膝の前が痛かったんですね。
ぎこちなさが残るものの左膝の内側は消えましたが、右膝の前がまだ少し残る。
この痛みが消えるまでは少しばかり意識した、ちょっとぎこちない歩き方をするでしょう。
街で見かけたら笑てください。
「ほんまにぎこちないな」って。

気づいたことがもうひとつ。
ガニマタ状態を私の思う歩き方をすると、内腿が辛い。
ガニマタの負担が如何に足の外側にかかり、内側がサボってるんだと実感した瞬間でした。

それでは、本日も少し歩きながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2015-03-05 07:56 | 日常

忘れるほど後進への進言に集中していました

おはようございます。
3月4日(水)、昨日は風の強い雨でしたが今朝は然程、寒さが堪えない。
いよいよ寒さの質が冬ではなくなった感じです。
それでもまだ最低気温と最高気温の差がありますのでお気をつけください。

さて、申し訳ないです。
昨日は肩の圧し方の写真を撮ろう…と思ってたんですけどね。
すっかり忘れてしまいました。
空き時間に、鍼灸師の先生の鍼の練習台になったんです。
昨日は中国鍼。
腰の関節の炎症や坐骨神経の症状にもってこいの技術。
ですが、これがまた教科書通りに鍼が入らないのがヒトの身体というものです。
経験に勝る教科書はない。
ということで、私の腰で鍼の練習。
症状があろうがなかろうが関係ないのがこの練習の良いところ。
私の場合、症状がない。
ですが、今まだ鍼をした感触、いわゆる「ひびき」が残っていますが、これが取れると鍼をする前より軽くなる。
自覚とは時に自分を欺いている場合があるんですね。
あなたは自信がありますか?
「悪いところはない」と。
その自信、自分の感覚ですか?他の感覚ですか?
自分の感覚が一番ですが、自惚れていると痛い目に遭います。
調子が良いときこそその調子の良さが勘違いとならぬよう、メンテナンスをしてあげてください。
そのメンテナンス場として【つじ鍼灸院】をご利用いただければ幸いです。

それでは、本日はまだ鍼の「ひびき」が残りますが、いつも通り始動!

あ、肩の圧し方はまた今度。
お待たせしますがご容赦ください。
[PR]

# by treatment-suzaku | 2015-03-04 07:57 | 日常

遠回りとは手間暇をかけると捉えることも出来る。

おはようございます。
3月3日、火曜日なので休診です。
今日は雛祭り。
a0124276_8272073.jpg

ということで、Renさんが保育園で作った御内裏様と御雛様を。
顔が右下に寄るという表情が、困ったときの顔にそっくり。
与えられた素材で作ったモノが様になるという、保育士さんの準備に感嘆です。

さて、昨日も運動についてTreatment中に話をしていました。

【何をもって運動をしている、していない、しすぎている、サボっている】

かということ。
仕事、家庭など生活リズムが確立されている中で、どうやって運動を取り入れるかというのもあるんですが、それ以前に、運動って何よ?というコト。
実際、仕事でも勉強でも運動と言えば運動なんです。
姿勢を長時間なり短時間なり維持するというのは、身体を支えるという運動となる。
ん、運動と捉えることが出来る。
肉体労働は重いものを持ち運びするので、ウエイトトレーニングばりの運動となり得る。
しかし、そういった「運動」と捉えることが出来るにも関わらず、痛みやダルさ痺れなど症状が出る。
ということは、どういうコトか。

【症状の有無によってその習慣が運動にも障害にもなっている】

と捉えてみてはいかがでしょうか。
自分がどれだけ運動をしていると思っていても、症状があるということは「運動のしすぎ」や「運動しているつもり」や「運動じゃない」など。
運動量を減らしたり、方法を変えてみる。
誰かと一緒にやって意見を聴く。

というのも、運動ってそれなりの服装とそれなりの靴を履いて行うものではなく、実は寝ているときにも運動が行われているほど、身体は動き続けているんです。
その中で、いかにそれを生かしてやるか。
まさに生かすも殺すもあなた自身の匙加減です。

姿勢が悪いとわかっていながら仕事をしているのなら、椅子に座るときは背もたれにお尻がくっつくように深く座るとか、立って話をするときに片方に体重をかけるのではなく両足に体重をかけるとか、重い荷物を中腰で持つんじゃなくて下までしゃがんでから持つだとか、一寸した、実際はちょっと面倒臭い遠回り的なことをやってみませんか?
なんでもかんでも効率的にすると、不完全燃焼になります。
この不完全燃焼感が、痛みやダルさ痺れなどの症状だと思います。

少し意識を変えるのが難しいのは、遠回りだからなんです。
時間がかかるとか、煩わしいとか、面倒臭いとか、手間がかかるとか…
昨日も書きましたが、料理で手を抜く、効率的にすることが本当に美味しい料理になり得るのか。
どうして手間暇をかけるのか。
効率よくした方がいいこともあれば、手間暇をかけることでいいこともある。
この両側面をうまく調和させながら、受け入れながら生活してみましょう。

それでは、本日はちょっと遠回りやけど手間暇かけていきましょう!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2015-03-03 08:26

圧し方の違い知ってます?

おはようございます。
3月2日(月)、昨日の長雨でもっと気温が下がるかと思いましたが、然程でもないですね。
やはり3月、春なんですね。
そろそろ炬燵を片付ける…のは無理かな?
我が家は電気カーペットをいつ終うでしょうか。

そうそう、新玉ねぎがもう間もなく出回ります。
玉ねぎ好きの私には嬉しい季節の到来です。

さて、昨日は久し振りに元パティシエに教えていただいたパンケーキを作りました。
今までで一番ふっくら焼けたことに喜び。
小麦粉の配合をちょっと変えましたが、肝となる混ぜ方は教えの通り。
ここをきっちり守らないと、ペタンコのホットケーキになってしまう。
分厚過ぎるクレープみたいに。
失敗をね、以前したんです。

何が肝になるか。

これは、身体の症状を解消する上でも必要になってくるコトです。
肩凝りについては以前書きました。
肩を直接ほぐす方法は、書いてませんでした。
実は稀に直接圧すことがあります。
しかし、ただ圧すだけではダメなんです。

肩の動きが悪くなる圧し方と、動きが良くなる圧し方があります。
これは、身体の構造機能の問題なので、個人差はありません。
効果を実感しているかどうか、感じるか感じないかぐらいです。
そして、あなたがアナタ自身の肩を圧す姿は、ほぼ動きが悪くなる圧し方です。
圧した、圧された刺激だけに満足をしていては、あなたの身体は今後もっと大きな不調を訴えるコトになるでしょう。
圧し方の違いはまた後日、写真で載せますのでお待ちください。

本当の刺激、圧し方の違いを実感しながら身体の調子を整えていきましょう。

それでは、本日も始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2015-03-02 08:07 | 日常

感謝

おはようございます。
2月28日(土)、寒の戻りです。
暖かくして出掛けましょう。
室内では上着を脱ぎましょう。
汗ばんだらシャツを着替えましょう。
手洗い嗽をしましょう。
マスクをしましょう。
以上、体調をできるだけ崩さない方法でした。

さて、昨日は「つじ鍼灸院」のアンケート葉書を書いてくださった方が来られたのですが…
なんと、葉書には書ききれないと封書でお渡しいただきました。
便箋に4枚。
各項目毎にご夫婦のお気持ちを筆にのせ綴っていただきました。
ありがたい。
一言二言で構わないんですが、こんなに丁寧に返していただけたことに驚きと嬉しさが。
内容はまた、改めて後日載せさせていただきます。

しかし、こうやって改めて来てくださっている方のお声を聞くと身が引き締まります。
ウエストも引き締まってくれたら嬉しいんですけど…って、それはない。
冗談はさておき、ここから見えてくる意見を今後に活かす。
自分一人では気づかないコトばかり。
ヒトが一人では生きていけないことを今回のアンケート葉書でより深く知ることができます。

今ね、元阪神タイガースの桧山氏が話していました。
チームが弱いとき、自分のコトしか考えてないですね。
チームが強いとき、周りのコトも考えられる。
というようなことを仰っていました。

身体に不調があるとき、些細なことにも苛立ちを覚えるというのは当然なのかもしれませんね。
でも、そんな自分に余計に苛立ちますよね。
負の連鎖…です。
その連鎖を「つじ鍼灸院」で一緒にほどいていきませんか?
切るのではなく解きほぐす。

それでは、本日も感謝とともに始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2015-02-28 08:26 | 日常