治療院のあれこれご案内

【名称】
Total Treatment Center  つじ鍼灸院

【所在地】
〒600-8120
京都市下京区若宮町477-1
a0124276_12361240.jpg


【でんわ】
075-205-2618


【開いてる曜日】
月・水・木・金・土・祝日 (日曜日を除く)


【閉まってる曜日】
日・火(祝日の火曜日は開けます)


【診療及び受付の時間】
(平日)9:30~19:00
(祝日)10:00~16:00


※時間外の予約は応相談

【料金】
<初診料>5000円

<全身Treatment>6000円

<岩盤浴ドーム> 2000円

<顔の浮腫の鍼> 5000円 (全身Treatment併用の場合はプラス4000円で受けれます)
<顔の鍼+岩盤浴ドーム> 6000円

<ヒモトレ・セルフメンテナンス>4000円


【日々のご挨拶、診療時間の変更などは此方】
Total Treatment Center の Facebookページです。
https://www.facebook.com/ttcsuzaku
『いいね!』をポチッと押して頂けると幸いです。


【身体についての講習会依頼、随時受付中】

【演劇舞台、ダンス公演の楽屋Treatment、随時受付中】
[PR]

# by treatment-suzaku | 2020-12-31 23:59 | お知らせ

スーパードーム&岩盤浴ベッド

スーパードーム&岩盤浴ベッド!!
a0124276_1337267.jpg

a0124276_1337207.jpg

a0124276_13373720.jpg


冷え症をはじめ、慢性化した症状疾患、女性特有の症状疾患(生理痛、内膜症、筋腫など)、疲労回復、寝不足、アレルギーなどなど、でお悩みの方にお勧めです。

あ、Treatmentの前後どちらかに入っていただいて、効果の持続をはかってもよし!

3~5回ぐらいで、汗をかいたことのない人でも、汗をかきだす実力の持ち主。

「私は汗をかくから大丈夫」と思っているそこのあなた!

本当の汗でない可能性があります。

実は身体が冷えていて出る汗かも知れません(←氷水の入ったコップの表面についている水滴のような汗)。

汗をかきやすい方にも是非体験していただきたいこのベッド。

みんなで、身体の冷えとバイバイしましょう!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2020-12-30 00:00 | 温熱

ヒモトレの趾版スラロームと靴下とゴム紐症候群

おはようございます。
11月20日(月)、本日はショヒモトレ講座がありますので9時半~11時半、17時半~19時までの受付になります。
昨日は風も強く冷たく、雨も降ったりやんだりでしたね。
人の入りは少ない方やったかと。
a0124276_08170839.jpg

a0124276_08171067.jpg

a0124276_08171286.jpg

今日も寒いですからね。
防寒しっかりで出掛けましょ。

さて、昨日は弟の作業所バザーの手伝いに行ってきましたが戦力にならず…といったところです。
段取りがよくても肝心の私のモノ作りが上手くないというのは致命傷。
a0124276_08171466.jpg

普段の料理で練習ですわ。
これを何年も続けてきた人たちがいると思うとこれからって感じですが、即戦力になれないのが情けない。
お天道さんはこんな感じでしたけどね。
a0124276_08171588.jpg

終わり間近で現れた二重の虹。

そうそう、久し振りに立ち仕事、しかも畳一畳もないスペースで立ってたら気づかされました。
膝を伸ばして立ちすぎていること、そしてちょこまかと動いても運動ではないので帰宅後の足のダルさ。
ヒモトレはTwitterで冷えがマシになるという趾版のスラロームでした。
a0124276_08171713.jpg

あのね、やっぱり風にさらされると冷たくなりますよ。
でもね、リカバーというか少し動くと趾の冷たさが気にならなくなりました。
いかんせん、昨日の場合はほとんど動かなかったのですがいつも以上に足裏ベタベタになってそれが冷たかった。
手のスラロームもそうですが、指趾の間にヒモを通すと温まりやすいというのがわかりましたね。
そう考えると5本趾ソックスは温まりやすいというのがわかりますが、ゴム紐で圧迫しちゃうから人によってはゴムの圧迫に負けて逆に冷えてしまう方もおられるかと。

そういえば、先週師匠の勉強会で弟弟子の一人がテーピング理論を取り入れた山岳用のソックスを履いていたんですが、足首の内反が出来ない。
靴下脱いでもやりにくい。
で、股関節やらなんやら触ったあとにもう一度足首の内反をするといつも通りに出きる。
もしかしてと思い、その靴下を履いて内反させたら余裕で出来た。
ということはですよ、いくら性能のいい着衣でも身体がいい塩梅じゃないと逆効果かもしれないということです。
そして可能性としたら、気づかないうちに着衣によって身体の調子を落としているかもしれない。
これが、ゴム紐症候群。

ゴム紐症候群は、ゴム紐の着衣を脱ぐと症状が治まります。
治まらないときは他にも原因があるということです。

ヒモトレは紐を巻くだけ。
ゴム紐症候群はゴム紐を除去するだけ。

単純すぎて案外出来ないこの2つ。
運動始めたり、病院行ったり、サプリメントを飲む前に、お金のほぼかからないこの2つを実践されてみてはいかがでしょうか。
それでも改善緩和しない症状は、お越しいただければと思います。

ゴム紐がすべてにおいてダメ…とは言い切れない私。
人と一緒で着衣や道具も付き合い方次第かなと。
ただね、ゴム紐外したときの身体の解放感は病み付きになる人続出です。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-20 07:22

考えうる原因はこんな感じ

おはようございます。
11月19日(日)、ええ天気になりましたね。
a0124276_08582342.jpg

a0124276_08582534.jpg

a0124276_08582741.jpg

でも気温が上がってくれる感じがしないほど、風が強そう。
どうなるでしょうね。
今日は1日、屋外ですんで。
風を通しにくい上着を着て、インナー類をどうするか。
日陰の人間ですから、いざ外で過ごすとなると何着ていいかわからんようになるんですよね。

さて、と書き始めても特に浮かんでくることがない。
腰の痛みについて少し。

腰といっても訴える範囲が結構広いんですよね。
腰、骨盤、脇腹、股関節。
あと背中も腰の症状として訴える方もおられます。
解剖学を学ぶことで陥る身体の部分化。
最近思うんですけどね、この入り口が症状に集中しすぎて視野狭窄を起こす施術者に向かっているんじゃないかと。

まぁそれはさておき、腰の症状として多いのが痛み。
私が腰と云われて可能性として浮かべる原因が…脳、脊髄、内臓、手の小指、二の腕、肩甲骨、胸郭、横隔膜、股関節、背面と骨盤、足首、趾、最後に腰そのもの。
これだけの身体の原因を考えると必然として、座り方、立ち方、歩き方、寝方、食事、着衣、靴まで考えていきます。
その中で、基本となる立ち座りを中心に観させていただいてます。

といってもそれは患者さんの生活を聞いた上でですけどね。
でないと、出来ることと出来ないこと、出来そうなことを押し付けてしまうことになる。
もちろん、身体に合った体重というのもあります。
提案として伝えることはありなすが、原因かもしれないというのはご本人が一番感じていることです。
しかしこの逆、痩せすぎて身体に症状を抱えている人もいるんです。
太ってください、なんて難しいですよ。

なので私が出来ることと患者さんができることを別けます。
私にしか出来ないことはないです。
誰でもできることですが、それは決して本人が自分でできることではなく他者があなたにできることです。
それでもその中で、自分でもできることがあるのでそれをやってもらえるように提案していきます。

で、腰の症状、痛みについて原因として考えられる先程列記したものを順に消去法で絞っていきます。
中にはグレーなときもあるので、脳脊髄や内臓と思われるときは医療検査機関できっちり検査していただくこともあります。
あとはね、徒手でできる整形外科検査法で症状の再現をしていき、部分としての身体と全身としての身体とを観ていきながら施術を進めていきます。

つじ鍼灸院で多いのは、足首と股関節。
そして横隔膜を含む胸郭ですね。
足首や股関節は自分でもできることがあるんですが、横隔膜と胸郭に関しては自分の手が届かない場所があるので、ヒモトレやストレッチポールなどを利用してもらいます。
もちろん、施術で改善や緩和が感じられたらですよ。

その場だけですぐに結果として改善や緩和が出るとは限らないです。
ですが、出ないからこそ観えてくる情報も多いです。
ですから数回、続けて通院していただくことを提案しています。
1回で判断されることもあるんで伝え方と格闘する日々は未だに続いてますが。

思い付く原因の数々は学べば学ぶほど増えます。
迷うやん…と思われますが、実はそうでもないんです。
可能性が広がったと、その患者さんが笑ける道筋が増えたと思います。
で、師匠の教えである最悪な原因から消去していくことを整形外科検査法で確認していく。
これは本人も気づいていない身体にも出会えるので重要です。
(師匠と兄弟子に相当鍛えられましたからね、これは少し自信があります)

とまぁ、腰の痛みについてといいながら、こんなに原因が考えられますよ、という話になってしまいましたね。
通われている先生がどこまで原因と改善の可能性を視野に入れているか。
一度訊いてみるのもいいですよ。
原因イコール改善ではないということもわかると思いますし。
原因はわかる方がいいときと、ボヤけた方がいいときとありますしね。
原因に囚われるとミイラ取りがミイラになりますので。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-19 07:52

美味しく食べるには…

おはようございます。
11月18日(土)、雨。
a0124276_09153309.jpg

a0124276_09153586.jpg

a0124276_09153617.jpg

明日は弟の通うみやこ共同作業所のバザーが西院中学校のグランドであるんですが…
足元悪いし気温低いし…足裏からの冷え対策をしっかりやっていこ。
ヒモトレの草鞋巻きではなく、趾掛けバージョンを試します。

さて、昨日は少し私用で出掛ける前に、つじ鍼灸院の近所にある老舗酒屋・タキモト名酒館に立ち寄りました。
するとですよ、あの六軒のデザートメニューでバニラと抹茶のアイスに掛ける日本酒があるじゃないですか!
a0124276_09153836.jpg

木下酒造という久美浜の酒蔵が江戸時代の酒造方法を再現したお酒。
【玉川 Time Machine】
a0124276_09154034.jpg

現代では超甘口。
↓読んでいただいたらわかると思うんですけど、杜氏さんがフィリップ・ハーパー氏という海外の方。
a0124276_09154185.jpg

そして説明の最後には「笑ってしまうほど美味しい」という自信。
たぶん、洋酒をアイスに掛けて食べる方はおられると思うんですが、日本酒を掛けるというのは中々おられないんじゃないでしょうか。
スーパーカップががこれで美味しさ倍増したら…アイスと日本酒好きにはたまらんでしょ?
実際、六軒で私が勝手にこれを最後におすすめしてるんですが、上々です。
これからの時季は余程体調がよくないと、アイスを食べれないので、来春か夏あたりにアイスに掛けて食べようかと。
あ、勉強会のおやつで出すってのもアリですね。
飲酒で勉強…ある意味盛り上がるかも。
身体の体積、体重も増えるけど。

美味しいものを美味しく食すのは当たり前。
でもそれは値段に関係なく美味しく食べられるだけで身体は喜びます。
ですが同時に逆も言えるわけです。
体調が優れないと、どれだけ美味しいものでも美味しくない。
これは外弟子のパティシエ鍼灸師に云われて初めて気づいたことです。
美味しいものをベストコンディションで食べるために出来ること。

一手間かける、旬を待つ。

外弟子の教えてくれたカレーの作り方、パンケーキの作り方は一手間かけるからこそ普段味わえない味に出会えました。
これね、身体にも云えることなんですよね。
一手間かけるは、一駅歩くとか、階段使うとか、時計を着けずに行動するとかね。
旬を待つというのは、食材もそうですが、季節によって違う身体を味わうことです。
台風の前後の睡魔に身を委ねるのもそうですし、暖かくなってきたときや涼しくなってきたときの登山ですね。
桜や紅葉も、海や湖に行くのも、身体にとっての旬ですよね。
スポーツ観戦にしてもそうですよ。
日本は海外に比べてそうでもないですが、野球、サッカー、ラグビー、アメフト、アイスホッケー、バスケ、フィギュア、などなど。

そういえば、マラソン始めてからビールがもっと美味しくなった!という方がいましたね。
煙草をやめたら米の甘味を感じるようになったとか。
体調と味覚。
身体は全身でひとつですね。

美味しく食べる工夫は食材だけではなく、体調も。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-18 08:39

意味不明ですな、これは

おはようございます。
11月17日(金)、寒いより冷たい。
a0124276_09461566.jpg

a0124276_09461799.jpg

a0124276_09461938.jpg

布団から出ている手が冷たくて冷たくて…
これ温まるんか?と思うほど。
それでも気温は5度。
冬はこれが当たり前。
季節の変わり目から本格的な季節へ。
身体を徐々にシフトしている最中ですが、文明の発達で寒さを感じない室内。
いつまで経っても身体が寒さに慣れないのは自分で蒔いた種…かな。

さて、昨日ヒモトレ・しっぽ巻きを考案したYOSHIFITの高橋さんの投稿コメントで思い出したこの1冊。

「赤ちゃんと脳科学」小西行郎 著 (集英社新書)

115~117項に神経生物学者のJ・P・シャンジュー、生化学者のG・M・エーデルマンが提唱した「神経ダーウィニズム」という仮説が出てきます。
一部引用させていただきます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
たとえば、ある筋肉が二つのシナプスを通じて神経と結びついているとします。そのうち一方のシナプスを通じてのみ電気刺激を与え続けると、そのシナプスは強化されますが、使われなかったもう一方のシナプスは消失してしまうという現象が起こります。このように神経をめぐる優勝劣敗の自然淘汰を「神経ダーウィニズム」と呼びます。
筋肉が一つのシナプスだけを通して神経に結びつくようになると、複数のシナプスを介しているよりも伝達に混乱がなく運動はスムーズになります。シナプスそのものが数を減らすことで、逆に神経回路としては「無駄のない効率的なもの」になっていくからです。そのためには、実験で使われた電気刺激のような、何らかの刺激が必要なのです。
また、神経回路網が作られるとき、一度にではなく段階を踏んで完成した形になる場合があります。
_______________

このあと段階を踏んでの完成形となる場合の2つのプロセスが紹介されています。
胎児期に起こる「神経活動非依存型」、生後にみられる「神経活動依存型」の2つ。
生後にみられるのが「環境に対する適応過程」と考えられているとのこと。

運動のし始めは、神経活動に依存するに至っていないので様々な神経シナプスを使う。
家から目的地まで幾通りも道順があるように。
運動回数が増えてくると神経的選択がされ、特定のシナプスのみでその運動を実践していく。
家から目的地まで同じ道で通うようになる。

シナプスの単純化が起こるまでその行為を続けると定着しますね。
ですが、その定着が癖として生かされるのか殺されるのか、そこには大きな差が生じます。
弟子になって2年ぐらいから云われまくった「臨機応変にせぇ」が出来ない。
これはこう、それはこう、あれはこう、という拘りのような居着いた状態。
これでは何かがあったときの対応は出来ない。

合気道は一つの型に4つの動きがあるとお聞きしたことがあります。
たとえば、相手が右手で私の右手を持ったとき・左手を持ったとき、相手が左手で私の右手を持ったとき・左手を持ったとき。
これを何度も繰り返すことであれこれ考えながら動く段階から、どっちの手であろうとも触られた瞬間に動いていた、という段階である「神経ダーウィニズム」化することで、あたかも演技してるんじゃない?と見受けられるような合気道の演舞となる。
受け手も同じようになっていないと怪我をするそうですよ、しかも大怪我。

合気道など武道の鍛錬は日常動作の延長にあるので、臨機応変となるわけですよ。
私の弟子時代のように中途半端な拘りは臨機応変にならない、ただ順を追っての対応しているだけ。
(これはこれで大切ですが、マニュアルになると違いますよね)

しかしこの神経ダーウィニズム化は過去に獲得したものであればあるほど、運動時において厄介なものはない。
特に筋力だより、若さだよりだった運動においては特に。
子供の運動会で親が転ける、というのは神経ダーウィニズム化の弊害でもあると私は感じています。
その獲得されたときと今の身体は色んな部分で違うわけです。
時々、電気刺激を入れて稼働しておけば違うと思うんですが、神経ダーウィニズム化は日々の環境でも起こるわけです。
会社の椅子や机に合わせた姿勢、靴に合わせた足、服に合わせた体型、などなど。

当たり前を疑う。
これをね、自分ではできないから他者に委ねる。
つじ鍼灸院もその一つ。
皆さんが通われている先生もそうです。
他者と関わるというのは、神経ダーウィニズムによる単純化しすぎないためでもあり、単純化するためでもあるのかもしれませんね。
矛盾の同居。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-17 07:39

整理できていない話

おはようございます。
11月16日(木)、冷えましたな。
a0124276_08183197.jpg

a0124276_08183334.jpg

a0124276_08183557.jpg

明日はさらに。
そして明後日、明明後日はさらに冷えるっていうてますね。
19日は屋外なので服装しっかりして出掛けんとあきません。

さて、このパワーポジションという、前後左右から押されてもぶれない立ち方というか運動する上で色んな動きの起点になる姿勢。
a0124276_08183608.jpg

写真ではさらに爪先立ちになってますが、踵を着けてやると結構観えてくることが出てきました。
オシリを後ろにつき出すのではなく、背中を反らすのではなく、肩に力を入れるのではなく、大腿の前に力を入れるのでもない。
骨盤の前傾後傾を中心に如何に身体の力が抜けているか、また同時に入っているかなんです。

実際、ここんところ施術の入り口としてヒモトレ、ココロのバランスボード、スラッキングをしているんですが、ただ立つ→膝を抜いて立つ→パワーポジション、に替えました。
そこで観えてきた背中の使い方。
ヒモトレでも先人でもそうなんですが、なんでタスキが有効と感じる人が多いのか。
キネシオテーピングを学んだときにある結論に教えてもらって辿り着いていたので、そこまで深く考えなかった。
でも再びヒモトレを知ってTwitterやFacebookで感想や実践を読んでいると、そして小関バランストレーナーを始め基本としてタスキとへそヒモが基本なのか考え始めていました。

でね、そこから色々再考することになったんですが、クロスのタスキ、前後のタスキ、四方巻き、Bタスキ、Yバック、袈裟巻き、鎖タスキ?などオリジナルの巻き方が多いなと。
これなんで?ってなるわけですよ。
キネシオテーピングを学んでたら観えやすいんですけど、そこまで観えてなかったようです。
観えてなかった理由は、全体として捉えてられてなかった。
そこに尽きると思います。
全体を観ていたと思ってたんですが、部分の集まりとしての全体、全身だったんですよね。
全体としての全身じゃなかった。

これは落ち込みましたね。
毎日落ち込むことあるんですけどね。
師たちが観せてくれてたにも関わらず、表面的な部分しか観えていなかったということですから、私一人が落ち込めばいいわけではなく、師たちに申し訳ないなと。
隠すことなく伝えてくれていたのに、ですよ。
情けない弟子ですわ。

本題のパワーポジションは、タスキの種類と身体の全身性を違った視点から身体を観せてくれています。
これに関してはまだまだ積み重ねていかないと観えてこないことばかりですが、カイロプラクターの凄さを改めて実感しているのと、私ののびしろはまだまだあるようです。

なんかいつも以上に書いてて纏まりのない読みにくい内容なのは、まだ私の中でとっ散らかってるってことです。
いつかちゃんと言葉にできればと思いますが、12月2日(土)の関西ヒモトレ特別講座でその一部でも紹介できたらなと思ってます。
期待せずお待ちください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2017-11-16 07:34