ヒモトレ登山とそのあとに…

おはようございます。
4月24日(月)、日陰が寒い。
室内も寒い、のが京都の当たり前かな。
a0124276_08031355.jpg

a0124276_08031509.jpg

a0124276_08031695.jpg

昨日も大文字山を登ってきましたが、頂上でも日陰は寒かった。
陽向は背中が焼けるような感じでした。
地上はそうでもないのかな?というとそうでもなく、日陰は寒く陽向はポカポカ。
服装が難しいですね。

さて、昨日は数ヵ月振りに保育園の登山隊で銀閣寺~山科ルートで大文字山に行ってきました。
私はもちろんヒモトレ&地下足袋です。
a0124276_08031828.jpg

今回も例に漏れず、ダブルへそヒモ&わらじ巻き with Ren
普段運動していない私がそんなに疲れを感じず山を登ったり下りたり、子供をおんぶしたり走ったりできませんよ、たぶん。
出来ると思いますが、すぐにバテるかな。
ま、久し振りにバカと煙はなんちゃらいうやつやって来ましたし。
a0124276_08032000.jpg

a0124276_08032225.jpg

忍者に見えるらしい。
ホームセンターの地下足袋履いてるからなのか、自分では気づいてませんでしたが。
そういわれるとそう見えるな~。
こけて泥だらけになった子もいましたが、怪我なく無事に57名下山しました。

で、下山後、祖母の家に自転車で3週間遅れの東京土産とヒモトレ祭の報告をして来ました。
じいちゃんがあっちの世に行ってからずっと独り暮らしの祖母。
元気やし、ひ孫に私たち孫の時と変わらぬ世話をしてくれるのが嬉しくて。
元気じゃないとできないことですからね。
そんな祖母に報告できたことがひとつの自信にもなります。
感謝。

そのあとは京都国際写真祭の会場のひとつで、吉田亮人さんの展示会場である元・新風館へ。
a0124276_08032359.jpg

写真もそうなんですが展示の仕方が言葉なき物語になっていて、想いが溢れてくる。
しかし、それほど多くはない写真の最後、暗幕の奥の空間に入ると…
時間が止まっているような、動いているような、あの上の空間に気づいたときの身震いは衝撃でした。
たまたまこの時、この【Falling Leaves】の写真集販売に向けて吉田さんがサンプルを作っておられ、少しお話を聞かせていただいた。
そしてそのあともう一度、展示を観に行く。
モノクロの写真の濃淡が変わって観える。
祖母に会ったあとやったからか、ずしんと、でも何か「LOVE」を感じることが出来た気がします。

公式ブックパンフとSOU・SOUコラボ足袋下を購入。
時間が許す限り、他の会場で他の作品も観に行きたいと思います。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-24 07:22

初級登山に行ってきます

おはようございます。
4月23日(日)、晴れて暑くなりそうですよ。
a0124276_07400089.jpg

a0124276_07400212.jpg

a0124276_07400457.jpg

でも朝の空気は冷たいぐらい。
服装に悩むなぁ。

さて、今日は保育園の有志だけの登山隊。
ヒモトレ&地下足袋で行ってきます。
わらじ巻きとダブルへそヒモ。
ダブルへそヒモは、結び目を左右や前後にずらします。
ヒモパンが恥ずかしい人におすすめです。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

昨夜の体重、食後、服なし→55.95kg
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-23 07:33

ヒモジトレ報告

おはようございます。
4月22日(土)、本日は9時~11時までの短縮診療となります。
午後から滋賀県で講習会に参加するためです。
来週から取り入れられる内容なので、皆さんの身体運用の一助になれるよう学んで参ります。
a0124276_08010211.jpg

a0124276_08010419.jpg

a0124276_08010605.jpg

龍みたいな前線。
日本列島は薄曇り。
晴れすぎて暑くなるのも、薄曇りでスッキリしないのも、程々がエエですね。

さて、昨日も短縮診療でしたが、ヒモジトレ講座の第3弾でした。
今回は直前のキャンセルがあり少人数となりましたが、ひもトレ祭のネタをふんだんに取り入れさせていただきまして、これまた大好評。

先ずは藤田五郎先生が子供の状態に合わせて巻いた、タスキとヒモパンの亜種。
藤田先生の視点と発想の広さ、深さを実感したひもトレ祭。
スライドを見させていただきながらこの巻き方を見たときに「あ、ヒモジトレでも使える!」と心の中で叫んでました。
で、昨日実践してもらうと案の定、腕の概念が変わった。
面白いもので、右の肩を中心にこのタスキ亜種を巻くと、足の軸が変わる。
ヒモパン亜種も癖の強い座り姿勢によし。
他にも応用発展できそうなので、色々試していこうと思います。

そして、安田政之先生考案の「四方タスキ」
これに関しては、変化が大きすぎて私が吃驚仰天。
私が語るより見てもらう方がいいですね。
a0124276_08010730.jpg

上がヒモトレなし
下がヒモトレあり(四方タスキ)

明らかに下の方が線質が強いですね。
これを書いたご本人が「同一人物が書いたとは思えない」と云うほど。
また、ヒモトレをして書いたことによって自分で書いていないとも云えるので「自分の力だけで何とかしないと、と思わなくていいのかも知れない」とも仰っている。

自分の中にある可能性は、自分だけですべて気付けるわけではない。
他者を介して、ヒモトレという他者を介して気付くことも【あり】なんですよ。
一人で頑張り過ぎないことですね。


他の方も文字に変化出ました。
a0124276_08010968.jpg

角度が斜めからで分かりにくいかもしれませんが、2画目と3画目が安定した印象がある。
左がヒモなし、右がヒモありの四方タスキ。


で、この方。
a0124276_08011043.jpg

左がヒモなし、右がヒモありの四方タスキ。
1画目から運筆が違いますね。
実はこの方、2か月前の講座で手の震えが強く渦巻きが書けなかったんです。
a0124276_08011259.jpg

ヒモをあちこちに巻いて書けるようになった。
で、日常でヒモを巻き、さらに短めのヒモを鞄に忍ばせ、状態に応じて巻いたりはずしたり。
すると、履歴書1枚書くのに数日かかるほどだったのが数時間で書けたり、水の入った1升炊きのお釜を持ち上げられたりと、出来ないと思っていたことができたり、辛かった身体が解放され出した。
そして二ヶ月たった昨日、3年ぶりに筆文字がしっかり書けた。
双鳳先生は「また(筆)始められますね~」と。
ご本人もニンマリ。

他にも、座り位置が筆を中心にするために左へ寄っていた方が、四方タスキを巻くと中心に座っている。
「私はまだ下手やから、長年練習したらうまくなるんや」と思っていたそうですが、違うと気づかれたそうです。
ヒモトレあるとき、ないときで違いがわかったというのが大きいですね。

とまあ、少人数となりましたが今回が一番盛り上がったんじゃないかいう内容でした。
武田双鳳先生、ヒモジトレを生み出してくださり有難う御座いました。
ご参加いただいた皆さん、いつも新たな気付きをいただき有難う御座いました。
藤田先生、安田先生、ご教授いただき有難う御座いました。
そして小関先生、ヒモトレを発案していただき有難う御座いました。


それでは長くなりましたが、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-22 07:31

ヒモジトレ講座のその裏で…

おはようございます。
4月21日(金)、昨日の夕方ぐらいから曇ってますね。
a0124276_08024101.jpg

a0124276_08024382.jpg

a0124276_08024536.jpg

天気図だけ見ると雨が降りそうな感じなんですけど、予報では午後から晴れ。
なんでしょね、どうなるやら。
気圧の下降はもう始まっているので、朝ちょっとゆっくりするっていうのも今日1日を心地好く過ごす一手だと思います。

さて、今日は武田双鳳先生の書法道場@京都でヒモトレと書法の講座「ヒモジトレ」です。
11時~12時半+αなので、予約の受付は15時以降です。
第3回ひもトレ祭後、初めての講座です。
得たことをたっぷり還元してこようと思います。

で、ヒモジトレ講座のその裏で…私の好きなラジオ番組パラダイス京都に、写真家の吉田亮人さんが出演するとのこと。
a0124276_08024652.jpg

吉田亮人さんの写真のテーマは「働く」こと。
前作の【Tannery】は、バングラディシュの革工場。
何気なく使っている革製品ですが、それがどうやって作られているかを知ってほしいという内容。
ですがその裏で、現場で何が起きているのかも知ってほしいというのがある。
私は初めて写真を見て匂いを感じました。
吉田さんの世界に一気に惹かれた。
あ、私がどうこう語るより、【Tannery】を見ていただく方がいいです。
待合室の本棚に置いてますのでお手にとってみていただければと思います。

ちなみに、ミシマ社刊のこの本。
a0124276_08024899.jpg

【選んだ理由。】石井ゆかり 著

ここに、石井ゆかりさんがインタビュアーとなり、吉田さんに写真家を選んだ理由を訊いています。
おもしろエピソードも載っているのですが、私が石井さんの感じた部分が好きなんです。


【大学で出会った友人や、奥さんの言葉には、ごく簡単に反応しているようにも見える。でも、あくまでもそれらの提案が「ちゃんと気に入った」からであって、けっして流されたわけではなかったのだ。吉田さんは、どんなにお願いされても、「フツウはこうやるものだ」と解っていても、心から「やりたい、やってみよう」と思えなければ、絶対に動かなかった。一方、どんなに無理っぽくても、「やってみようかな」と思えれば、行動していくのである。】(131項)


行動するのにこれ以外に理由がいるのか?と自分の中にも沸き立った。
「やりたい、やってみよう」がなければ動かないが、少しでも「やってみよう」と思えばもう動く以外ない。
改めて文字で見て読むと、自分の中で続いていることはそうやって動き続けてるなと。

子供が行動するのに理由なんてないと思っていましたが、子供の方が「やりたい!」で動いてますね。
大人は見守る勇気が必要ですね。
その気持ちを大切にし続けてもらえるように。

あ、そうそう。
吉田亮人さんも参加している京都国際写真祭2017(http://www.kyotographie.jp/)が開催中です。
お時間のある方は是非、この機会に吉田亮人の世界に触れてみてください。


それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-21 07:21

絵本の外でもやっぱりおもろい

おはようございます。
4月20日(木)、今日は少し気温が下がった朝ですね。
a0124276_07510803.jpg

a0124276_07511029.jpg

a0124276_07511171.jpg

気圧も下がったり上がったり。
明日は雨が降るかも。
どうしたもんか。

さて、小学舘から出版された長谷川義史さんの半生記【それゆけ!長谷川義史くん】
a0124276_07511397.jpg

長谷川さんの友達である寿太郎さんがインタビュアーで、長谷川さんの知ってる話も知らない話も飛び出してくるので、終始笑ってしまう。
「紀伊国屋」という部分があるんですが、これは私ならジュンク堂梅田本店です。
町の本屋さんしかしらなかった私の目の前に壁のように並び聳える本。
あの衝撃ったらなかったですよね。
世の中にはこんなに本があるのかと。

そして最後の「天職」はちょっと真剣なお話。
真剣な、というと最初から真剣にふざけてるんですけどね。
ここはふざけていない。
ネタバレになるので多くは書けませんが、子供の頃に感じたことが今の仕事に繋がっていったということ。
「臆病」「小心者」というのはやっぱり大切なんやな~って、感じた本です。

2時間もかからずに読んでしまいましたが、それはもうある種の漫才を聞いているかのようだったからです。
でもその時間、長谷川義史さんの半生に触れられて感触が身体に残ります。
そしてまた、長谷川さんの絵本を読みたくなるし、買いたくなる。
(実際に買っちゃった)
挿絵も全部書き下ろしですし、読みどころ、見所満載。

長谷川義史、ヨシタケシンスケ、鈴木のりたけ、大人になった私の絵本御三家。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-20 07:18

まとまらなかった…

おはようございます。
4月19日(水)、関東は30度超え、北海道では強風と雪。
今日も所々で暑くなったり風が強くなったりしそうです。
a0124276_08083845.jpg

a0124276_08084089.jpg

a0124276_08084297.jpg

熱中症も心配ですが、転けて打撲にお気をつけください。
寝ぼけるのは頭だけでなく、身体もですからね。

さて、昨日はこの本を読了。
a0124276_08084447.jpg

【身体が語る人間の歴史】(片山一道 著、ちくまプリマー新書)

人類史、骨から語られる内容は、片山氏が好んでいるポリネシアを軸に展開されている。
読みにくさはない。
知らないことが多く、その都度ゆっくり読んでしまうので遅読となった。
が、その中でじわじわと、三木成夫先生に通じていく一節があったので引用させていただきます。

【ないものづくしの特殊な生活条件のなかで、生活や社会の仕組みだけでなく、人々みずからの身体でも、さまざまな適応現象が生じた。その結果、ポリネシア人という人類史上で類をみないほどに特異で卓抜な海洋民族が生まれたのだろう。】(152ー153項)

ポリネシア人を軸に語られているのですが、その前、【人々みずからの身体でも、さまざまな適応現象が生じた】という部分。
生命誕生から続いている適応と進化(と私は思っている)。
ホモサピエンスとなった現代、適応なのか進化なのか、はたまた退化なのか。
という身体の声が聞こえていきます。

【ないものづくしの特殊な生活条件】から「余りすぎるほど【ある】特殊な生活条件」の現代は、適応しなければならないことが多すぎ、適応を進化をやめ、退化しているのではないかと思うほど。
その中で「ない」から「足す」という身体づくりから、「ある」ので「引く」という視点を教えてくれた小関勲バランストレーナー創案の「ヒモトレ」から、浜島貫先生が掘り起こした見元良平医師が提唱した「ゴム紐症候群」という脱ゴム、素肌寝生活。

なるほど、身体というのは「ない」から始まったが故に「足す」ことを求め続けているのか。
実はもう「ある」のに、他者と比較するあまり自己にすでに「ある」のに「ない」という視点に立ってしまう。

痛みというのは大多数の人から観れば「ない」方がいいと思う。
私だってそうです。
ですが、【無痛症】という先天性疾患をご存じだろうか。
久坂部羊氏の原作がドラマ化したのは記憶に新しいが、知らない人の方が多いかな。
生まれながらにして痛みを一切感じない。
これが何をもたらすか。
想像に難しくはないはずです。

ヒモトレやゴム紐症候群の脱ゴムは、等身大の自己を知る入口に立てることです。
痛みがなくなるわけでも治るわけでもありません。
ただ、その症状や現象が本当に「ある」のか「ない」のかを寄り添って教えてくれるツールがヒモトレや脱ゴムです。
試す価値はあるかと。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

ちなみにこの本も読了。
感想はまた。
a0124276_08092821.jpg

[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-19 07:23

オムツからの卒業を目指して…

おはようございます。
4月18日(火)、休診です。
a0124276_07371378.jpg

a0124276_07371571.jpg

a0124276_07371631.jpg

春の嵐でしたね。
昨日だけで済んだのが不思議ですが。
揺り戻しで今日は暑くなるかもしれませんね。
水分補給よりミネラル補給。
汗ばんだ時のために肌着の替えを。
冷たいものは、まだ控えた方がいいかと。

さて、パジャマは着てるけどパンツを脱いで寝るという、オムツなしで寝ることを昨日から始めたRenさん。
まだ2夜ですけど、1夜目は5時ぐらいに起こしてトイレへ。
2夜目は自ら起きてトイレに行ったのが4時。
結果、お漏らしなし。
先は長いですから、お漏らししないように…ではなく、したときにどうするかを色々考えておきます。
なんかおもろい対応策があったら教えてください。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-18 07:18

久し振りの外出とヒモトレ

おはようございます。
4月17日(月)、昨日の夏のような1日とは違い、雲におおわれた朝です。
a0124276_07151022.jpg

a0124276_07151257.jpg

a0124276_07151327.jpg

ガッツリ雨が降りそうな天気図ですね。
気圧下降に伴う症状は昨日暑さで冷たいものや甘いものを食べた人は余計に感じるかも。
今日は一駅歩いて汗をかこう。

さて、昨日はここんところ遊べなかったRenさんと外出。
先ずは師と仰ぐゼロバランス協会会長に、ひもトレ祭の報告をしに行ってきました。
Renさんは初めて会うのですが、馴染んでました。
しかも遊んでもらってたし。
勉強会前の忙しい時間にお邪魔したので、勉強会開始時間で退室。
大阪でお昼ご飯食べて、伊丹のスカイパークへ。
a0124276_07151546.jpg

想像以上に遊べる場所と飛行機の離着陸がソニックブームとともに見れるので、大人もテンション上がる。
暑すぎて体力追い付かなかったですが。
一時間半ぐらいかな?動きまくったRenさん。
スカイパークから伊丹駅までの距離を歩く体力は残っておらず、抱っこしまして、電車に乗る直前で爆睡。
尼崎で乗り換えて高槻過ぎまで寝てました。
a0124276_07151691.jpg

七条→京橋→天王寺→鳳→信太山。
信太山→天王寺→大阪。
大阪→伊丹。
伊丹→尼崎→京都→四条烏丸。
京阪、JR、地下鉄と電車乗りまくり。
それなりに楽しんでくれたかなと思います。
にしても、伊丹駅からスカイパークまで、結構な距離やったな。

そうそう、私は久し振りに陽の下で早々に頭痛が出始めたので、ヒモトレ鉢巻きしようかとおもったんですが恥ずかしさを拭えなかったので、Yバックにしました。
数分後には頭痛がないという、おそるべしヒモトレ。
同時に、中西先生の発表内容を思い出し納得。
身体に寄り添うヒモトレは、自分の輪郭を知る切っ掛けになりますね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-17 06:45

今日こそ晴れ!

おはようございます。
4月16日(日)、休診です。
昨日は突然の外出で戻ってこれず申し訳ありません。
事前に報告できるようにします。
a0124276_07472901.jpg

a0124276_07473025.jpg

a0124276_07473280.jpg

昨日は晴れ!って書いてから雨が降ったりやんだり。
なんかすみません。
今日は夏日ですよ。
薄着で外へ出て、汗かいて、動きましょう。
私は間もなく、Renさんと外出です。
どんな珍道中を繰り広げるか。
風任せで参ります。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-16 07:43

おのまとぺ

おはようございます。
4月15日(土)、晴れ。
a0124276_07494563.jpg

a0124276_07494740.jpg

a0124276_07494933.jpg

明日の予想気温は夏日です。
25度ぐらいとか。
昨日少し外を歩いてきましたが、日中は薄着でないと逆に息苦しいほどの暑さでした。
薄着で羽織るものを持って出掛けることをおすすめします。
汗ばむと思うのでタオルもね。

さて、最近見つけた絵本。
a0124276_07495069.jpg

コデックス装の絵本。
いや~、もっと早く出会っておきたかった本です。
幼児だけでなく大人も読む必要がある。
ひとつの動作で感じる音の違い。
伝える側になり、聴く側になり、この違いを幅として受け取れるように、また伝えられるように、という膝を打つ一冊でした。
絵本にしたらちょっとお高いです。
でも、専門書のことを思えば安い。
(感覚麻痺してるかも)
本には出来るだけ無駄使いをした方が、心眼が賦活されるので。

待合室の本棚に並べていますので、お時間あるときに是非。
ちょっとずつ絵本も増えておりますので。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-04-15 07:34