2017年 07月 01日 ( 1 )

症状と状態と検査と

おはようございます。
7月1日(土)、夜中に振りだした雨。
ひとまず落ち着いているようですが、今日は降ったりやんだりかもしれませんね。
a0124276_07242171.jpg

a0124276_07242305.jpg

a0124276_07242572.jpg

ほんとに蒸し暑い日になってきましたね。
でも例年に比べ、乾燥していた時間が長いので、朝晩と日陰で感じる風の心地よさで涼しい京都。
本番はこの7月から。
そう、祇園祭が今日から一ヶ月間始まるんですが、この期間からが蒸し暑さのピークです。
冷房やらつけてもいいけど、どっちかっていうと除湿を中心に室内環境を整えて、身体の調子も整えていきましょう。

さて、明日は保育園の祭なんで、今日は少し午前中に準備で出入りするので、電話に出るタイミングが遅くなったり出れなかったりするかもしれません。
着信を残していただければかけ直しますのでご容赦ください。

そうそう、足に痺れがあるとき、それが本当に腰が原因にあるのかそうでないのかわかりますか?
現代ならレントゲンやMRI、CTという検査器機があります。
精度も金額も高いですね。
私たちは徒手検査法を用います。
そこから総合して、本当に腰が原因かどうかを探ります。
しかしこれもすべてではありません。
なので、徒手検査法で感じた違和と症状と患者さんの感覚がずれていれば、医療機関で検査器機にて詳細な状態を確認してもらいます。
ですが、此方も、特にヘルニアに関しては検査器機と状態が合いません。
何故でしょうね。
ヘルニアと言われた方、坐骨神経痛と言われた方が、つじ鍼灸院に来られていますが、手術回避された方が9割です。
1割は、本当に手術が必要な方でした。
手術をするにしても回避するにしても、症状と状態の違い、そして医療機関の検査器機で総合的に判断する必要があります。
ここ一年半はヒモトレ・へそヒモを併用することで、ヘルニアの有無を簡易的に知ることができるようになってきたきました。
足の痺れでお困りの方が周りにおられましたら、この記事をご紹介いただければと思います。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ヒモトレ講座開催と申込のお知らせ

日時
【7月30日(日)13時〜14時半】

場所
【八咲舞遊館】 https://t.co/WPWN88mtqD
京都の四条油小路を下がった(南下)ところ

定員
【12名】

参加費
【5000円】

申込
【at-sushi.tsuji-shinkyuin@docomo.ne.jp】(iPad)

〈件名〉7/30講座受講申込
〈氏名〉
〈電話番号〉当日連絡が取れる番号
〈参加人数〉※小学生以下の方は無料
〈領収証の有無〉※有の方は宛名を銘記してください


※電話での申込みは受付ておりません
※定員に達したあとの申込みは、キャンセル待ちとなります
a0124276_07242764.jpg

____________________

[PR]

by treatment-suzaku | 2017-07-01 07:01