2017年 06月 29日 ( 1 )

こういうこともあるよね

おはようございます。
6月29日(木)、昨日は予報より早く雨やんで晴れて、今日も湿気ムンムンになりそうです。
a0124276_07173994.jpg

a0124276_07174143.jpg

a0124276_07174320.jpg

雨に降っといていただかないと、日曜日に保育園の祭があって、その中でのイベントがスムーズにいかないからね。
当日は晴れ。
それまでは雨。
お天道様、そこんところ宜しくお願い致します。

さて、このヒモトレ。
a0124276_07174406.jpg

a0124276_07174586.jpg

指の間をスラロームをするように巻いていくヒモトレです。
これ、現代の…というか、ヒトにとっては重要な動きを担保というか、保証というか、なんというか。
握る力を安定させるためには、実は握るより指を開く、つまり「パー」することがたいせつです。
日曜日の講習会で何度も巻いたあと、昨日再び患者さんの要望で巻き方を伝えておりました。
すると、その次の予約の方の触診をしようと思った瞬間、左手の中指が開きにくい。
「ん?」となったんですがすぐには原因がわからず、「おお、ついに私も麻痺というか筋力低下が始まったか…」と感じてしまう。
しかし、施術はできる。
なんやこの違和は…と考えて、動かして、と繰り返しているうちに「あ!」となる。

ヒモトレ・スラロームを巻くと指が開く。
ということは、中指が反りやすい。
ということは、使えていなかった筋の収縮ができている。
ということは、はい筋肉痛。

指の筋肉痛はいつ以来でしょうか。
指が反れない、開かない時、握力が一時的に抜けてしまうのでほんまに焦る。
中途半端に知識があるから「麻痺でた!?」ってなる。
冷静に考えればすぐわかるんですけどね、患者心理になると焦って思考が回らない。
まぁ、今朝起きたときには違和が消えていたので問題はないかと。

とまぁ、開きやすかったはずの左手でしたが、やはり意識して開くという動きを何度も繰り返すだけでも筋肉痛になるんですよね。
それだけ幅が狭い範囲で収縮と弛緩を繰り返している。
手というか指を握ると痛みや浮腫を感じるという方、パーができているかチェックしてください。
で、このヒモトレ・スラロームを巻いて比べてみましょう。
さすれば症状が緩和軽減する道筋が観えてくるかと。
お試しあれ。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-06-29 06:49