2017年 06月 03日 ( 1 )

時計のない日を

おはようございます。
6月3日(土)、東京に行くので9時半~13時までの短縮診療となります。
境界なきアスリートサポートという集まりが今夜あるのと、明日はその共同代表のひとりが所属する大学に行き、一緒にとある部のサポートをしてきます。
久々の外部の現場なのでどうなるか楽しみです。
ただ、天気がね…
a0124276_07393476.jpg

a0124276_07393474.jpg

a0124276_07393763.jpg

ちょっと肌寒いでしょ?今朝。
関東がどうなっているのかわからないというのもあるんですが、持ち物が増えるのが嫌なんですよね。
どうしたもんか…上着持って行こうか迷い中。

さて、と考えてたら寝ちゃってました。
期せずして二度寝。
小学校の頃から二度寝で睡眠が帳尻あっていた感じです。
ただ二度寝が長すぎると、もう1日身体がダルくなって動けずまた寝る三度寝。
すると夕方というか晩御飯前になってようやく動ける状態に。
というのに気づいてから、二度寝をするのは平日だけ。
そうすれば寝すぎないし、程好く寝れて起きれる。
休日は起きたときに動き始めれば、1日身体がダルくなることもなく過ごせる。
といっても、気づかない寝不足があると予約の合間にふと寝てしまっていることがありますが、それはそれで早く寝るとか朝ちょっとゆっくり寝るとかね。
色々試せるので。

睡眠は長さでも深さでもないです。
睡眠の周期に合わせて起きるからスッキリするとかでもないです。
時間に追われる社会なので難しいかもしれませんが、休日に時計なしで起きてみません?
で起きたときの気分を日記かスケジュールに書く。
それが1年ぐらい経てば、何となく、自分にあう睡眠が見えてくると思います。
時計はほんまに、色んなことを縛りつけます。
でも時間があるから動けるし寝れるしと言うのもありますよね。

ただ、なんでしょうね。
子供の日常hが間近にあると、時計から離れることで身体を取り戻していく気がします。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-06-03 05:37