本は知らないことと忘れてたことを教えてくれる

おはようございます。
5月19日(金)、冬並みの乾燥でRenさん咳き込んでます。
嗽をこまめにしてくださいね。
a0124276_08023306.jpg

a0124276_08023564.jpg

a0124276_08023655.jpg

あ、今日はヒモトレの新刊発売日。
a0124276_08023853.jpg

DVDも付いてくる。
内容も盛り沢山とのことなんで、楽しみです。

さて、昨日読了した文庫本。
【たけしの面白科学図鑑 人間が一番神秘だ!】ビートたけし著(新潮文庫)
a0124276_08023986.jpg

やっぱりたけしさんはおもしろいけど、対談はさらに面白い。
11名の最先端研究者との対談はどれももっと聞いていたいものばかり。
その中で以前著書を読んだことがある池谷裕二氏との対談から一部引用させていただきます。


池谷→脳は常に体を注意深くモニターしつつ、外界のことを知ろうとしています。たとえば、顔が笑っているっていう情報が入ってきたら、「ああ、僕はいま楽しいんだ」って解釈するんです。

たけし→じゃ、無理やり笑ったほうがいいわけだ。

池谷→科学の視点からも、まさに、そういうふうに言われていますね。(57項より引用)


これは私も以前書いた気がしますが、知ったときは衝撃でしたね。
楽しい面白いから笑うのと、顔の表情があって脳がそれに感情を当てはめる。
確か、怒るという感情は相手を支配下におくために手っ取り早いから怒るという感情を持ち出すということらしく、なにかに腹立てて怒るのではないとのこと。
身体と脳の関係が面白くて、施術の時もそうですが、日常には面白いことがそこらじゅうに起こってるんやなと感じる。

そういえば、武田双鳳先生が書法指導のときにオノマトペを使うことで体や線質が変わると仰ってた。
声に出すことで外界の状況を知った脳がそのオノマトペに合った身体のスイッチを入れる。
おお、なるほど。
子供がなにかをしながらなにか喋りながらやってますが、これもひとつの内と外との関係性を無意識のうちに認識していっているのかもしれませんね。
となると子供の行動というのは、社会との接し方、形成の始まりなのね。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-05-19 07:37