フライヤー届きました

おはようございます。
3月8日(水)、一気に気温が零度近くまで下がった朝です。
めちゃくちゃ冷たい。
a0124276_07380352.jpg

a0124276_07380451.jpg

a0124276_07380419.jpg

昨日は風も強く、昨夕から気温が下がったなとは思っていましたが、まさかここまで気温が下がるとは思いませんでした。
今朝の皆さんの体調が心配。
だって昨日の日中は暖かくて冷たいものを口にしてもおかしくなかったですからね。
温かいお茶や味噌汁でスタート!

さて、昨日は第3回ヒモトレ祭『ヒモトレから観る身体の可能性』のフライヤー(チラシ)が届きました。
身が引き締まる思いです。
お越しの際にお手にとって頂き、お知り合いなどにお知らせいただけると幸いです。

さてさて、昨日読了した本。
a0124276_07380634.jpg

「ワクチンは怖くない」岩田健太郎(光文社新書)

今回も強い言葉が並んでました。
でもそこには否定はなく、かといって肯定もない。
ワクチンがどういうものなのかが説明されている。

【科学的な態度とは、ワクチンにできることと、できないことをきちんと区別する態度のことであり、そして、その「できること」と「できないこと」の境界線がどこにあるかをできるだけ厳密に探り当てようという態度です。そして、ワクチンができることと、できないことの境界線の設定は、科学的な態度のみに可能な営為です。だから、(少なくとも効果と安全性という観点からは)科学以外のやり方でワクチンを評価することはできないのです。】(本文113項から引用)

両端をしっかり考える。
できることと、できないことのメリットとデメリット。
そこをしっかり自分の中で考える、向き合う。
それからでも遅くはないです。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

今朝の体重、量ってません…
[PR]

by treatment-suzaku | 2017-03-08 07:06