治療院のあれこれご案内

【名称】
Total Treatment Center  つじ鍼灸院

【所在地】
〒600-8120
京都市下京区若宮町477-1
a0124276_12361240.jpg


【でんわ】
075-205-2618


【開いてる曜日】
月・水・木・金・土・祝日 (日曜日を除く)


【閉まってる曜日】
日・火(祝日の火曜日は開けます)


【診療及び受付の時間】
(平日)9:30~19:00
(祝日)10:00~16:00


※時間外の予約は応相談

【料金】
<初診料>5000円

<全身Treatment>6000円

<岩盤浴ドーム> 2000円

<顔の浮腫の鍼> 5000円 (全身Treatment併用の場合はプラス4000円で受けれます)
<顔の鍼+岩盤浴ドーム> 6000円

<ヒモトレ・セルフメンテナンス>4000円


【日々のご挨拶、診療時間の変更などは此方】
Total Treatment Center の Facebookページです。
https://www.facebook.com/ttcsuzaku
『いいね!』をポチッと押して頂けると幸いです。


【身体についての講習会依頼、随時受付中】

【演劇舞台、ダンス公演の楽屋Treatment、随時受付中】
[PR]

# by treatment-suzaku | 2020-12-31 23:59 | お知らせ

スーパードーム&岩盤浴ベッド

スーパードーム&岩盤浴ベッド!!
a0124276_1337267.jpg

a0124276_1337207.jpg

a0124276_13373720.jpg


冷え症をはじめ、慢性化した症状疾患、女性特有の症状疾患(生理痛、内膜症、筋腫など)、疲労回復、寝不足、アレルギーなどなど、でお悩みの方にお勧めです。

あ、Treatmentの前後どちらかに入っていただいて、効果の持続をはかってもよし!

3~5回ぐらいで、汗をかいたことのない人でも、汗をかきだす実力の持ち主。

「私は汗をかくから大丈夫」と思っているそこのあなた!

本当の汗でない可能性があります。

実は身体が冷えていて出る汗かも知れません(←氷水の入ったコップの表面についている水滴のような汗)。

汗をかきやすい方にも是非体験していただきたいこのベッド。

みんなで、身体の冷えとバイバイしましょう!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2020-12-30 00:00 | 温熱

2018年の短縮診療&休診のお知らせ

2月

25日(日) 休診



3月

4日(日) 休診【ヒモトレ・ワークショップ@ヒモ魔神

6日(火) 休診

11日(日) 休診

18日(日) 休診【施術の勉強会

21日(水・春分の日) 10時~16時まで受付

25日(日) 休診【施術の勉強会



4月

1日(日) 休診

3日(火) 休診

8日(日) 休診

15日(日) 休診

21日(土) 9時半~14時まで受付

22日(日) 休診

29日(日) 休診

30日(月・振替休日) 10時~16時まで受付



5月

1日(火) 10時~19時まで受付

2日(水) 9時半~19時まで受付

3日(木・憲法記念日) 10時~16時まで受付

4日(金・みどりの日) 10時~16時まで受付

5日(土・こどもの日) 10時~16時まで受付

6日(日) 休診

8日(火) 休診

13日(日) 休診

20日(日) 休診

27日(日) 休診



6月

3日(日) 休診

5日(火) 休診

10日(日) 休診

17日(日) 休診

24日(日) 休診



7月

1日(日) 休診

3日(火) 休診

8日(日) 休診

15日(日) 休診

16日(月・海の日) 10時~16時まで受付

22日(日) 休診

29日(日) 休診



8月

5日(日) 休診

7日(火) 休診

11日(土) 10時~16時まで受付

12日(日) 休診

16日(木) 9時半~15時まで受付

19日(日) 休診

26日(日) 休診



9月

2日(日) 休診

4日(火) 休診

9日(日) 休診

16日(日) 休診

17日(月・敬老の日) 10時~16時まで受付

23日(日) 休診

24日(月・振替休日) 10時~16時まで受付

30日(日) 休診



10月

2日(火) 休診

7日(日) 休診

8日(月・体育の日) 10時~16時まで受付

14日(日) 休診

21日(日) 休診

28日(日) 休診



11月

3日(土・文化の日) 10時~16時まで受付

4日(日) 休診

6日(火) 休診

11日(日) 休診

18日(日) 休診

23日(金) 10時~16時まで受付

25日(日) 休診



12月

2日(日) 休診

4日(火) 休診

9日(日) 休診

16日(日) 休診

23日(日) 休診

24日(月・振替休日) 10時~16時まで受付

30日(日) 10時~16時まで受付

31日(月) 休診
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-12-31 07:57

これからどうするか

おはようございます。
2月19日(月)、昨夜京都駅に降りた瞬間の寒さ…
新幹線車内が温かかったからか、東京より寒いってどうよ…って呟いていました。
a0124276_08083256.jpg

いつもそこに「ある」京都タワー。
冷たさのなかにも温かさがある…かな。

a0124276_08083314.jpg

a0124276_08083586.jpg

a0124276_08083746.jpg

天候には恵まれ雨や雪には降られませんでした。
久し振りに富士山とも会えましたしね。
a0124276_08083935.jpg

本読んでて見逃すところでしたけど。

さて、縁が紡がれて今回の東京行きが決まりました。
2つの切っ掛けが紡がれたから。
ところが今回は、東京の地で東京の方に東京の方を紹介するようになるとは…なんとも変な感じでしたが、これでまたもっと楽しいことが起こる。
予感ではなく確信。

そして私にとっては、原点回帰と問い直しをさせてもらえる先生に出逢いました。
指摘してくれる方がいるというのは、ともすれば衝撃がでかく辛いと感じるかもしれませんが、それは自分の中で甘えていたこと、考えようとしなかったことを認める行為が含まれているから。
私の場合ですけど、指摘してもらえるということは伸びしろがあるということなので、今からどうするかだけ。

簡単そうにみえることほど難しく、難しくみえることほど簡単です。

簡単なことをわざわざ難しくするというのではないです。
簡単にみえるに至るまでにどれほど積み重ねてこられたのかと想像できるかどうか。
見えない部分を観る。
これがすごく大切で、医療はもちろん、育児、療育、教育も見えている部分だけに注目するとすれ違う。
見えている全体を捉え、みえないところまで想像できるかどうか、
私はまだまだ主観がなかったです。
いや、主観という名の迎合をしていました。
もっともらしい言い訳を積み重ねていました。

ここからどこまで高みに行けるかはわかりませんが、歩を進め続けます。
先人やスペシャリストの方々にご教授いただきながら。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-02-19 07:27

学んできます

おはようございます。
2月17日(土)、本日は休診です。
すみません、ご迷惑をお掛け致します。
ただ、以前から参加したかった講習会に2つ参加してきます。
また週明けから還元させていただきますので、ご容赦ください。
取り急ぎの更新、失礼致します。
a0124276_05343856.jpg

a0124276_05344171.jpg

a0124276_05344385.jpg

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-02-17 05:31

「ある」と「ない」を深めてみる

おはようございます。
2月16日(金)、雨が降りそうで降らない…湿度が上がってちょいとカラダが重たいと感じてます。
a0124276_08285823.jpg

a0124276_08290011.jpg

a0124276_08290140.jpg

除湿したら乾燥するし、加湿したらまとわりついて鬱陶しいし…三寒四温の季節の変わり目。
春が来るんですね。

さて、身体が「ある」のに「ない」というの、わかりますか?
障害がある人は「ない」というのが「ある」というのをご存知ですか?

【「ある」のに「ない」】のと【「ない」というのが「ある」】は異なります。

すべてを【「ある」のに「ない」】とするから隔たりがどんどん大きくなる。
私が弟を通じて、そして息子を通じて、今ようやくここに通りかっかっている。

こどもは「ない」んです。
だから、大人が経験済みの事象からこどもには危険と判断するコトやモノを取り除くと「ないまま」になってしまう。
同じ経験の機会があるんなら、あまり取り除かない方がいい。
失敗をさせないと失敗することを恐れ一歩を踏み出しにくくなる。
今朝の朝ドラでも「失敗は成功の母」という台詞が出てきましたが、そこから何を学ぶか。
恐れる一歩も大事です。
でも同じように踏み出せる一歩も大事です。
そしてそれを判断できる自己をもっているというのも。

こどものやることが正しいかどうかを図るのは、そばにいる大人によって変わります。
出会いはその違いがあることを知る場でもあります。

ですがネットは特に、同意見を探すように目が向くように選択するようになっています。
そこに「ある」のに「ない」モノとして見ないようにしている。
自覚してるんですが、それを無意識レベルに隠している。

身体にもそうで、痛み以前の違和感を感じなかったことにしてしまう。
【「ある」のに「ない」】ことにしていしまう。
身を守ることでもあるんですが、無視するとセンサーが鈍化してしまい違和を感じないままに痛みやシビレなどの症状として一気に襲ってきます。

本来はこの症状以前の時に対応対処しておく「養生」で問題なく過ごせる。
症状として出てしまうと施術や治療という他者の手が必要になる。

【「ある」を「ない」】にはできないんです。
だからこそ、【「ない」というのが「ある」】コトに対してもっと想像しなくてはなりません。
双方向以上、3以上の視点。
正誤、善悪、良悪だけでは足りなさすぎる。
陰陽には、陰、陽、陰の中の陽、陽の中の陰、と単純にしてもこの4視点あります。
身体を観るとは、2つでは足りなさすぎる。
それは共生する社会にも、家族にも云えること。

施術では「ある」ことを賦活することです。
しかし多くは「ない」として施術していることが多い。
だから【筋力がないので支えられてないからトレーニングしましょう】となる。
実際はそうではなく、バランスの問題で【使い過ぎ】と【使い損ね】があるだけ。

こどもの集中力は腰掛けて座ったときに、足裏全体が地面に接地しているかどうかでも違います。
もちろんそれは【骨盤を立てて座る】ということも内包しています。

「ある」と「ない」という2語をいかに多くの捉え方ができるかで、なぜかいろんなことが繋がっていく。
今、私はそんなところを歩いています。

それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!

ちなみにですが、【「ある」のに「ない」】ということに気づけるツールとしてバランスボードやヒモトレは最適です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヒモトレ・ワークショップ@ヒモ魔神

日時→3月4日(日)10時~11時半

場所→多目的スペース「ここだけ」

定員→8名【残席5】

参加費→5000円

申込詳細→3月4日(日)ヒモトレ・ワークショップ@ヒモ魔神

※申込は詳細より確認後メール、もしくは電話【075ー205ー2618】までお願い致します。

_______________
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-02-16 07:31

切っ掛けはどこにでもある

おはようございます。
2月15日(木)、生暖かい空気に戸惑う朝です。
a0124276_08202783.jpg

a0124276_08202967.jpg

a0124276_08203150.jpg

暖かくなって体調を崩す感じです。
耳に痛みを感じるのは、気圧の影響かな。
久し振りにこの痛み。
舌で口の中から圧すようにぐるぐるしたらマシになるんですけどね。
もしかしたら、寝てるときに歯をくいしばってたんもあるかな。
気圧による症状の誘発原因の一番は便通なので、しっかり出ればスッキリするでしょう。

さて昨日、外弟子がオープンした【隠れ家Cafe ことのはじまり】コトハジ Instagram

どうやらまだ、パンと珈琲と紅茶、そして少しのお菓子だけだそうです。
徐々にメニューを増やしていくそうです。
これからの彼らをどうぞ宜しくお願い致します。
a0124276_08203250.jpg

ちなみに左が外弟子です。

彼の影響で読んだ本たち。
a0124276_08203423.jpg

パンの人 仕事と人生(フィルムアート社)
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」(講談社・渡邉格)
発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ(木楽舎・小倉ヒラク)

他にもあったと思ったんですが、貸したまま返ってきていないかも…
ま、それはそれで本が紡いでいくんだろうな。

パンの人の中でビゴ東京の藤森二郎氏がこんなことを言っています。
(187~189項)
バゲットにしても、もちろん百点満点のパンが焼ければ一番いいですけど、焼けなかった時、それを補うのは、食べ方や食べるタイミングです。それに、日本ではフランスと違って、夕方パンを買って翌日に食べる習慣なので、百点のパンも、食卓に上がる時に八十点や七十点になる場合もあります。それをどうやって美味しく食べさせるか。その食べ方を教えることができるかできないかは、パン屋にとって大きな違いだと思います。(中略)今の日本のパン屋のレベルは技術的には世界トップクラスですけど、一つだけ、食べ手の認識が少し弱いかなと思います。食べるほうの人間がもっともっと育っていけば、さらに良いほうに進むと信じています。やっぱり自分たちの店で文化を創るというのは必要だと思うんですよ。「自分の店はこういう店だ、こういう商品だ」と言うことで、スタッフと一緒にパンにも協力してもらって、あとはお客さんも協力してくれないとお店はできあがらないです。

この部分は、Yamamoto氏に出会ってすぐに食について聞いたときの話と一緒でした。
店が客に押し付ける、客が評判で食べる、スタッフは疲弊している、と。
藤森氏の食べ方を伝えるのも1つでよね。
「うちのパンはこういうパンです。こういう食べ方でまた違った味わいも出てきますのでお試しください」という手紙というか取説のようなものを商品と一緒に渡す。
もちろん口伝えが一番です。
メモやイラストも一緒に渡せればいいかなと。

これ、私にも云えること。
施術だけがすべてではない。
それ以前の養生の話や、施術後のアドバイス。
時代を活かしてLINEアプリを使うのもありですね。
フォローの仕方を考える。
もう少し、考えますのでお待ちください。

先生だけが答えを持っているわけではない。答えは生徒の中にもある。

この言葉に出会ったのも切っ掛けです。


それでは、本日も反省と学びを反芻しながら始動!
[PR]

# by treatment-suzaku | 2018-02-15 07:28